2016年7月14日木曜日

夏休み 25日目:立ち読み警報 ~ 今週の最高に笑える二冊(≧▽≦)

ジャックが野球のキャンプに行っている間に、読書に通った Amazon Books(^^) 今日は帰りの渋滞を避ける目的もあり、ジャックを連れて小一時間ほど本屋さんで過ごしましたが、Amazon Books、もっとあちこちに店舗を増やして欲しいお店です(^^)
ジャックは夏の間の読書の習慣を続けていて、家でも本を読んでいますが、たまには本屋さんでの読書もよいかな(^^) と。店内の奥には子供用の本のコーナーがあるので、まずは子供コーナーへ。
読みたい本を探した後は備え付けの椅子に腰を下ろして本を読み耽るジャック。時々見回りに来てみると、とんでもなくだらしのない座り方をして本を読んでいるので、ちゃんと腰かけるようにその都度注意しつつ、自分も面白そうな本を見つけてはページをパラパラとめくって斜め読み(^^)
今週ずっとハマっている本が、共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏を面白おかしく綴った、TRUMP'S AMERICA  THE COMPLETE LOSER'S GUIDE ですが、これはもう夏の必読書と言ってもよいほど面白いです。11 月の大統領選の前に一度は読んでおいて損はない本でした(^^) 立ち読みしながら(実際には座り読みですが^^;)可笑しさに何度となく肩が小刻みに揺れてしまいました(笑)レビューでもかなり高い評判を得ている一冊です。
THE VOLTRUMP INITIATIVE (=ボルトランプ イニシアチブ)は、80 年代にアメリカで人気を博したロボットものアニメのボルトロン(所謂合体ロボ系アニメ)のパロディで、トランプ氏が所有するビルを適当に組み合わせてロボットにしているあたり、この本の作者の茶目っ気というか、センスの良さにベタ惚れしてしまいました(^^)  (イメージは TRUMP'S AMERICA  THE COMPLETE LOSER'S GUIDE より)ジャックにもこのページを見せながら、トランプ氏がもし大統領になったら、是非これを実現して欲しいわ~と笑いながら話していました(^^)
こちらも夏の必読書に指定したい一冊で、書店で見かけたら是非、パラパラと斜め読みでもよいので読んでみて欲しい一冊です。著者のお母さんが、カフェなどで隣り合わせた高学歴でカッコいい男性を見ると、誰かれ構わず独身の娘の電話番号を渡してしまい、「お母さん、お願いだから知らない人に私の電話番号を渡すのはやめて!」という著者の悲痛な願いにもかかわらず、色々とおかしなメッセージを携帯に送りつけてくるお母さんの事を綴った Mother, Can You NOT?。おススメです(^^)


こちらは 6 歳 ~ 12 歳の子供対象の棚にあった本ですが、子供よりも女の子を持つお母さん(お父さんも? かな)こそ一読しておいた方がよいかもしれないシリーズでした。女の子達が成長の過程で経験する、体や心の変化やら、友達関係のトラブルなどに対するアドバイスの本なのですが、女の子用の本がズラリと並んでいるのに対し、男の子用にはそういった本がなく、"野郎共は自力でなんとか乗り切れ..." という事なのかな(^^? と 女の子の方が守られているというか、大事にされている感じがしました... が、書かれている内容が自分的には結構「うわーーっ!」という感じで、女の子の本だと、こんな子供向けの本の中で、スネ毛の剃り方とか、タンポンの使い方とか、図解で説明してるんだ~!? と思いました。ジャックは特に幼いと思うのですが、小学校の高学年にもなると、女の子達との精神年齢の差があまりにも開きすぎないよう、カドルスの力を借りて、女の子とはどーゆー生き物なのかを多少教え込んでおかねば(^^;; と真剣に思いました。