2016年7月30日土曜日

夏休み 41日目: Bellevue Art Festival & 虹色ユニコーンの刑(^^)

プチ家出中に行った Mt. Rainier でのハイキングの後、以前から気になっていた Hobo Inn に Vacancy(空室アリ)のサインが出ていて、家出続行か、帰宅か、ものすごく悩んだ末帰宅したのが昨晩の事。旦那にキレまくってはいたものの、週末もずっと天気がよさそうなので、家族で今週末にもう一回 Mt. Rainier に行ってもいいな~と思い、旦那にその話をしたら、日曜日に Paradise Inn の夏季限定 Sunday Brunch (サンデーブランチ)に行こう!という話になり、とりあえず土曜日は家でまったり(=ふて寝とも言う)していた自分。
夕方になり、旦那が仲直りのために、「寿司でも食べに行こう!」と言ったのですが、ジャックは寿司はあまり食べないし、キサマとはどこにも行く気がしない(← まだ怒りが収まらない自分)と言っていたのですが、先日 Walmart で見つけた虹色ユニコーンと猫の T シャツを着るなら、一緒に晩御飯に出かけてやってもいーぞ!と言ったら、旦那、心の中でかなり葛藤の末、「OK, I'll wear it.」と一大決心。旦那的にはもの凄く恥ずかしい罰ゲームだった模様。
ちょうど Downtown Bellevue では、Bellevue Art Festival 開催中で、一部道路が歩行者天国(← 懐かしい響き~)になっていて、近隣のアーティスト達のブースが立ち並んでいました。ディナーはジャックが好きな California Pizza Kitchen(CPK)で済ませ、106th 沿いをぶらぶら。 旦那は T シャツを誰かに見られるのが恥ずかしくて仕方がないようだったのですが、そこへ追い打ちをかけるようにジャックが「Daddy, you look so gay!」とか、「さっきすれ違った人がダディの T シャツを見てた... 」とかコメントする度に旦那は滅茶苦茶不機嫌に。
そんな中、警察官二人が立ち止まって展示されている作品を見ているブースがあり、ブース名を見てみると、あれ? なんかどこかで聞いた事があるブース名... そして警察官の人と話しているブースのオーナーの顔を見て、あれ? なんかどこかで見たような顔? と思っていたら、Facebook で見た会社の元同僚の旦那様でした。Best Booth Award を受賞している事も Facebook で見て知っていたので、おぉ~これは間違いなく M ちゃんの旦那様!と思って、警察官達との会話に割り込みながら、「今日は M ちゃんはブースに来ないのですか?」と聞いたら、すれ違いだったとの事。
ブースには手描きの地図や、魔法の液体(魔法の薬、Magic Portion)等が並んでいましたが、彼の手描きの地図は遠目にはわかりにくいのですが、間近で見るとすごい!これぞアート!という感じで、旦那もジャックも、うわ~!すごい!と感動していました。魔法の液体も瓶を振ってみると、おぉ~これはうちにも一本欲しい(いや、作りたいかも!)と思うほど、実に魔法っぽくてよかったです(^^) 彼の作品を見たい方は Forgotten Times Maps を是非ご覧下さい!虹色ユニコーンと猫の T シャツのせいで、ディナーの後、一刻も早く家に帰りたがっていた旦那も、このブースでは T シャツの事も忘れて暫しアート作品に見入っていました(^^)
この後、家の近所のスーパーで買い物をしていたら、近所に住む金髪 D 君とその従兄弟達(二十歳前後の子達)と偶然鉢合わせたのですが、彼らは旦那の T シャツを見るなり、「That's the best T shirts I've ever seen(^^!」(その T シャツ最高だね^^!)と口々に旦那の T シャツを褒め、旦那も彼らが冗談で言っているのではなく、本気で虹色ユニコーンと猫の T シャツを賞賛している姿に、素直にありがとうという気持ちになった模様。その横で自分が「See? I told you! It's cute!」(言った通りでしょ? カワイイのよ!この T シャツは!)と言っていたら、「ミレニアム世代(=イマドキの若者)にはウケるみたいだね(^^;」とまんざらでもなさそうな様子でした。