2016年8月4日木曜日

夏休み 46日目: Blue Angels Practice

木曜日は Blue Angels の練習日で、既に朝 9 時前から練習を見に来た人達の車でいっぱいでした。練習は木曜、金曜の二日間で、自分も練習を見るのは今回が初めてなので、ジャックをサマーキャンプに送った後は、ワクワクしながら Museum of Flight の展望エリアへ(^^) 博物館のスタッフの人の話では Blue Angels が飛び立つのは 10 時~ 10 時半あたりとの事。
昨日まではほとんど誰もいなかった展望エリアは、家族連れやら他の国からの観光客、退役軍人風なお年寄りに博物館のボランティアガイド風なおじさん等で多少混み合っていましたが、Blue Angels の離陸の瞬間を見るには便利なスポットでした。Military Flight Center からゆっくりと出て来た 4 機が白い煙を噴射し、次に青い煙を噴射した後緩々と動き出し離陸体制に...
自分が展望エリアから離陸の様子を見ている頃、サマーキャンプの子供達は博物館の外の安全なエリアから Blue Angels の離陸の様子を見ていました。サマーキャンプでは毎日日焼け止めと帽子を持って来るように!と言われていますが、この日屋根のない場所から Blue Angels を見ていた人達はかなり暑かったかも? 
意外と短い滑走距離で飛び立って行く Blue Angels 4 機に、うぉ~っ!カッコいい~っ!と、感動しながら見ていました。Blue Angels のパイロットは US Navy のエリートの中から選ばれたパイロット達で、2 ~ 3 年の特別勤務としてチームに所属し、国内各地で航空ショーを行っています。昨年は Blue Angels の歴史上初の女性パイロットも誕生との事。
離陸直後は V フォーメーションだったのが、一瞬にしてダイヤモンドフォーメーションになるあたりもカッコよ過ぎる~、と思いながら Blue Angels を見送りました。
今週はジャックと TOP GUN (1986) の DVD を 3 回ぐらい見ているせいもあり、映画のシーンを彷彿とさせる光景でした(^^) 4 機はそのままワシントン湖方面へ飛んで行き、週末のショーの練習でした。ちなみに Blue Angels の練習中は、ワシントン湖にかかる I-90 の浮橋が数時間通行止めになるので、お昼前後にシアトルからイーストサイド(ワシントン湖の東側=ベルビュー、レドモンド等)へ行く人や、その逆でシアトル側に用事で行かねばな人にはちょっと不便な一日でした。
Blue Angels のショーは、お天気によって、High Show、Low Show、Flat Show とプログラムが変わるとの事で、本番当日に雲っている場合には、High Show は見られない可能性が高い模様。木曜日はご覧の通り、青空が広がるいいお天気だったので、High Show のプログラムと思われるアクロバット飛行を練習していました(^^)
低空飛行もカッコよかったですが、白煙を出しながらの急上昇や、急降下もなかなか見応えがありました。 これらの High Show のプログラムと思われる練習風景は Museum of Flight の Wing Cafe から撮影したものです。カフェのアウトドア席でカメラを構えている人達も沢山いましたが、何分外は日陰になる部分が限られているので、自分はカフェの中からずっと見ていました。小一時間ほどして 4 機のうち 3 機が帰還し、残りの1 機はソロで飛行練習を続けていました。
Blue Angels の離陸と着陸が見たい場合は Museum of Flight から見るか、Boeing Field 沿いの道(=Airport Way S=空港の向う側を走る道)にも、望遠レンズ付きのカメラで写真を撮っている人達の車がズラリと並んでいたので、そちら側も Blue Angels が飛び立つのを見るにはよいスポットのようでした。今年はジャックのサマーキャンプのおかげで、例年遠目にしか見ない Blue Angels を近くで見る事ができてラッキーでした(^^)