2016年8月13日土曜日

夏休み 55日目: 9 歳児用旅支度 ~ カナダで過ごす夏休み

土曜日は朝からジャックの旅行の準備のお手伝い。国内外、家族で旅行する事が多い上、9 歳にもなると、旅行の準備は自分でできるようになり、衣類に関しては自分で気に入った服を日数分スーツケースに詰めていて、自分は「水着入れた? ゴーグルは?」と、声をかける程度。ジャックもだいぶ旅慣れて来ました(^^) では母親の自分は何の準備で忙しいか? と言うと Playlist 作り。 映画 Guardians of the Galaxy で主人公のお母さんが Awesome Mix Vol.1 や Vol.2 を作っていましたが、まさにそんな感じです。
ジャックは iTunes Store に自分のアカウントを持てる年齢ではないので、気に入った曲があると曲名とアーティスト名を Post It に書いて冷蔵庫に貼っておき、それを自分が iTunes Store からダウンロードして、ジャックにあげた自分の古い iPod の Playlist に追加しています。ジャックの好きな音楽には三つのカテゴリーがあり、Jack song はジャックだけがいいと思っている曲、Jack - Mommy song はジャックと自分が好きな曲、Jack - Daddy song はジャックと旦那が好きな曲の三つに分かれています。ジャックが小さい頃は自分の好きな曲(=明るくて元気が出る系か、メロディーラインがきれいな曲)がほとんどだったのですが、ジャックが大きくなるにつれて、自分的にはイマイチ、あるいはちょっと暗いんぢゃない? と思う曲でも、ジャックの耳にはかっこよく聴こえる模様(^^)

Playlist に入っている曲は必ずしも新しい曲ばかりではなく、例えば The O'Jays の Love Train は 1972 年の曲だったり... 物心ついた頃から、自分達と一緒に SF 映画を観ているジャックなので、ジャックにとっては The Martian (2015) の映画の中の一曲になっています。ちなみにこの Love Train、The Martian の映画の最後のエンドクレジットで流れる一曲なのですが、新たな乗組員を乗せたロケットの打ち上げとそれを見守る NASA のチームや元乗組員達の姿と、この曲の相性が絶妙過ぎて、この後に流れる Gloria Gaynor の I Will Survive が蛇足に思えてしまいます。


今回 Playlist に追加した曲で、One Direction の Perfect  や、Charlie Puth の One Call Away は昨年のヒット曲なのですが、若い世代にウケる曲にはそれなりになるほど... と思えるモノがあり、ジャックの手書きの曲名リストを見ながら自分も "若者の音楽" を楽しんでいます(^^)

昨年あたりから、友達の影響で暗い歌も好きになったようで Green Day の I walk alone (暗~っ!)や、A Great Big World & Christina Aguilera の Say Something (暗いっ!)などもジャックの選曲リストにあるのですが、「暗い曲はカナダに行く時には合わないから要らない」との事でほっと一安心(^^;; (← そんな曲を聴いていたらお義母さんが心配してしまうかも? と思ったり...)  "I walk alone" は親が離婚している仲良しのお友達が好きな曲らしく、その影響もあってジャックも好きになった曲なのですが、ぬいぐるみ達に囲まれて(今の所)両親もいる家庭で幸せに育っているはずのジャックが、♪ I walk a lonely road ♪ と哀愁を漂わせながら歌っていると、うーん、そんなロンリーな気分なの~^^? >ジャックぅ~と思ってしまいます。でも、今回の旅行には不要だと言っていたのでよかったです。人間なので常に明るい気分というわけでもなく、暗い気分な時もあると思いますが、それ故に子供が描く絵とか、子供が聴く音楽には注意を払うべきだと思っています。ホラー映画のシーンぢゃないですが、例えば幼い子供が黒塗りの絵ばかりを描いていたら、その子の心に何か暗い影を落とす要因があるのだろうと想像できるし、子供が暗い音楽ばかりを好んで聴いていたら、何か落ち込むような事が学校や家庭で起きているのかも? と注意を払うべきだと思っています。

お昼過ぎに旦那とジャックを見送った後、週末は家でのんびりしようとテレビの前に腰を下ろした瞬間、あれ? パスポート、ちゃんと持ったかな? と思い、慌てて外へ飛び出し、今まさに出かけようとしている旦那に声をかけたら、「パスポート、忘れた!」との事(危ない!アブナイ!)国境で気づくパターンでなくてよかったです(← 経験者^^;;)