2016年8月17日水曜日

夏休み 59日目: 大人だけの一週間 ~ 美術館のカフェでランチデート(^^)

水曜日も朝から青空が広がるいいお天気(^^) ジャックがカナダに行っていていないので、ミーティングが詰まっていない日にどこかでランチデートでもしようという話をしていたのですが、旦那曰く、火曜日は Taco Tuesday(=なぜかアメリカでは火曜日はタコスなど、メキシコ料理を食べる習慣アリ)で、同僚と Taco ランチの予定だから、水曜日にしよう、と言っていたので、今日は 12 時に旦那のオフィスの前で待ち合わせてランチデートへ...
せっかく大人だけの水曜日なので、旦那とは今年の 3 月に一緒に行った Frye Art Museum 内のカフェでランチをする事に(^^) 家からダウンタウンシアトルにある旦那のオフィスまでは混んでいなければ車で 15 分。旦那のオフィスから Frye Art Museum までは車で数分の距離。ダウンタウンシアトル内のあちこちで建設工事が行われているせいで、所々に一車線になっていたりする場所もありましたが、予定通り旦那を車でピックアップして美術館へ...
美術館のお洒落なカフェは以前から一度行ってみたいと思っていたので、ようやく念願叶ってカフェでのランチでした(^^) Frye Art Museum のカフェは、アウトドア席と屋内の席があり、シンプルながらもエレガントな雰囲気のカフェでした。自分達は空いていた窓際の席を確保してから、レジのカウンターでランチを注文。レジで注文の番号札を貰い、窓際の席で食べ物が運ばれて来るまで旦那と雑談をしていたのですが、こういうのが "My kind of lunch date" (自分好みのランチデート)だよな~と思いました(^^)
旦那も "ワイフと美術館でランチ" というのも悪くないと思った模様。このカフェでは地元では美味しいと評判の Macrina Bakery の Bread(パン)や Pastry(ペイストリー)を仕入れて出しているだけのことはあり、プレートに乗って出て来た Ciabatta Bread (チャバタ ブレッド)は他のメーカーの Ciabatta Bread とは一線を画した美味しさでした(^^)
ランチの後は短時間ですが、美術館の展示品をざっと見て回りました。この美術館の中でも一番のお気に入りの Frye Salon ではサロン内に設置されたイーゼルにキャンバスを立て掛けてデッサン中の女性がいて、旦那共々羨望の眼差しでした(^^) 
美術館ではアートクラスやイベントが定期的に開催されていて、このサロンで絵を描いている人の写真も美術館の案内カタログか何かで見た記憶がありますが、才能ある選ばれしアーティストだけがここで絵を描く機会が与えらえるのか(^^? 実際の所はどうなのかデッサン中の女性を見ながら興味津々でした。
あっという間に一時間のランチタイムも終わりに近づき、旦那をオフィスまで無事に送り届けた後はイーストサイドへ。親になるとなんだかんだで子供中心の生活になるので、こうやってたまに大人だけの一週間があると、非日常的な楽しさを味わえてよいです(^^)