2016年9月11日日曜日

911 から 15 年 ~ 平和が一番

今年もまた 9 月 11 日がやってきました。早いもので今年でもう 15 年。アメリカ国内で時々起きる銃乱射事件に心を痛める事もありましたが、基本的にアメリカは日本と同じぐらい平和な国だといつも思います。どっちが安全か? と言うと、多分銃社会ではない日本の方が安全な気がしますが、アメリカ国内でも比較的安全な地域に 20 年近く住んでいると、少々平和ボケしてきたような気もします。20 年程前に、New York から来た知り合いが、シアトルのニュースを見て、「誰かが銃を発砲したぐらいでニュースになっている!」と心底驚いていたのを今でも思い出します。彼の話では、New York ではそんな事は日常茶飯事過ぎてニュースにもならないとの事。

事件のあった年を除く過去 15 年のうち、911 で思い出深いのは、実家の両親がアメリカに 2 ヶ月ほど遊びに来ていた時期があり(あれ? 3 ヶ月だったかな?)、親(特に父親)の希望で、家族三人でアメリカ国内をあちこち旅行して回ったのですが、アムトラック(Amtrak=全米鉄道旅客公社が運営する列車)でアメリカ横断をしたいという父の願いを叶えるべく、シアトルからシカゴまでの二人分の Amtrak のチケットを手配し、寝台列車で(2 日ぐらいかかるはず?)行く、列車の旅に送り出した年がありました。自分は仕事が忙しくて両親と一緒に Amtrak の旅には行けなかったので、往きと帰りの交通機関とホテルの予約だけ入れて、あとは両親二人にお任せの旅行でした。その時の旅行で、帰りは速くて楽な飛行機にしたのですが、敢えて 9 月 11 日のフライトを選んだら、911 の事件の影響もあって、その日だけはフライトが空席だらけで簡単に予約できて便利だったのを今でも覚えています。その話を当時の上司にしたら、911 に親を飛行機に乗せるなんて!、と言いながら笑っていました。

この先も 911 のような事件が起きないとは限りませんが、15 年間平和に暮らして来れたことには、誰にともなく感謝の気持ちが込み上げて来た 9 月 11 日の朝でした。