2016年9月30日金曜日

Anniversary Dinner@Daniel's

金曜日の夜は結婚記念日の前祝(前夜祭^^?)で家族で近所のレストラン(Daniel's)でステーキディナーでした(^^) 毎年結婚記念日には記念日旅行に出かけているのですが、今年は結婚記念日に既にジャック関連の予定が詰まってしまっていたので、近所でお祝いな十周年前夜でした(^^) ジャックと旦那はお揃いのブルーのシャツを着て親子でペアルック風(^^) 服のサイズが毎年変わるジャックですが、男の子用のドレスシャツは $10 ぐらいで売っている(=安い)ので毎年 1 ~ 2 枚買い足しています。
出かける前は丸襟の T シャツと違ってなんか違和感があるとかないとか、一瞬グズるジャックなのですが、レストランに行くと、お店の人達がみんなネクタイ姿のジャックを小さな紳士のように扱ってくれるのが本人もかなり嬉しいようで、デザートが運ばれて来る頃には「またここに食事に来たい!」と言い始めるジャック(^^) 二年前の夏にテーブルマナーを教えて以来、JOHN HOWIE でも、Ruth's Chris でも知人の結婚式でも、きちんとナイフとフォークを使って食べられるようになり、親としても教えた甲斐がありました。
大人だけの Happy Hour 以来、すっかり Daniel's に傾倒している旦那なのですが、ここの前菜メニューにあるホタテのベーコン巻 は、自分と旦那の間では今や外せないメニューになっています(^^) ベーコンで巻くと素材が何であれ、ベーコンの美味しさに染まってしまい、実に危険なメニューでした(^^)
メインは定番の Filet Mignon(フィレ ミニョン)をミディアムレアで注文。健康のために、赤身の肉をあまり食べなくなった自分達なのですがステーキは別腹(^^;; で、旦那も自分もサーモンとか、ロブスターとか、チキンには目もくれず、赤身の牛肉一筋のディナーでした(^^) アメリカではとにかく赤身の肉はダメ説(特に高齢者)が有力で、動脈硬化の原因になるとか、心臓病になるとか、まぁ色々言われていますが、体に悪いモノは旨い! という法則に忠実に則った食べ物なのかもしれません。 
アメリカ人はさらに牛肉の脂身も全く食べない(ちょっと焦げた脂の部分が実に美味しいというのに!!)人種なので、旦那がステーキの脂身の部分を切ってお皿の脇に避ける度に、「そこが美味しい所なのに~っ!」ともどかしく思う自分でした。 予約時に "Anniversary" や "Birthday" と言うと無料のデザートがサービスで付いて来るのですが、今回も旦那が "Anniversary Dinner" で予約してくれていたおかげで、食後のコーヒーと共に美味しいデザートをいただきました(^^) 明日でいよいよ自分達も結婚十周年です。