2016年9月13日火曜日

噂の超簡単 "卵だけケーキ" に挑戦(^^)

実は以前からちょっと気になっていた、"卵だけケーキ"。一時期流行っていて(今も愛好者は多いのかも?)糖質オフ、小麦粉、バター、砂糖を使わないケーキ、材料は卵だけ、超簡単!と、中年太りな主婦の心をくすぐるキーワード満載のケーキなのですが、長らく冷蔵庫に入ったままになっていた卵が 5 個ぐらいあったので、意を決して、'卵だけケーキ" に挑戦。実際には Cookpad で見つけた ”☆チョコと卵だけで炊飯器でチョコケーキ!” の写真に心惹かれるものがあり、卵とチョコレートで作ってみました。
結論から言うと、"卵だけケーキ" はものすごく簡単で、仕上がりは予想以上(^^) ものすごくおススメな超簡単ケーキでした。ちなみに中年太りでメタボな自分は、ほとんど卵黄は使わず(卵黄は卵半個分ぐらいをスプーンですくって混ぜ合わせた程度)卵白で作ったケーキと言えるケーキでした。卵の卵白はコレステロールがほとんど無いのでメタボな自分でも割と安心して食べられます。作り方は至って簡単で、卵白をハンドミキサーで泡立て、溶かしたチョコレートと卵黄(少々)を混ぜ合わせ、炊飯器に入れて急速炊飯スイッチをオン。
今回使ったチョコレートは夏休みに S'more を作った残りのカカオ 86% のチョコレートだったので、かなり甘さ控えめでした。次回はもうちょっと甘くてもいいかも? と思いました。
内釜の内側には特に油も何も塗らず(Non-stick=焦げ付き防止の表面加工された釜なので油は不要だと思ったので...)卵白を泡立てたものにチョコレートと卵黄少々を混ぜ合わせたものを炊飯釜にそのまま流し込みました。調理時間ですが、急速炊飯モードで約 15 分ぐらいだったと思います。材料から言うと、黄身が入っていない卵焼きのようなものなので、あっという間に火が通る模様。
Cookpad のつくれぽでは、炊飯器のスイッチを何度か入れたというようなコメントもありましたが、うちの炊飯器の急速炊飯モードでは、一回で中までちゃんと調理できていました。一応竹串で刺してみて、中の焼き具合を確認。少し冷めてから引っくり返して取り出すように手順には書いてあったのですが、早く仕上がり具合が見たくて我慢できず、熱々の内釜をお皿の上で引っくり返してみると...
ツルンと滑り落ちるように卵だけケーキがお皿の上に飛び出して来ました(^^) Cookpad のレシピの写真のようなパウダーシュガー(=粉砂糖)も、飾りに使えそうな適当なモノがなかったので、ミントの代りにキッチンで育てているバジルの葉っぱを添えてみました。
焼き上がりは実にいい感じで、シフォンとスフレの中間のような感じでした。メレンゲは小さく凹んだりしないんだ~と感動(^^) 日頃ケーキを焼いたりする人にはそんなに感動するほどのものでもないかもですが、日頃お菓子類を作らない、メタボな人が、ふんわりしたデザートでも作ってみようかな? という時に、簡単な手順と少ない材料、そして何よりも失敗はまずあり得ないという事で、非常におススメな一品でした。個人的には、出来立てで温かいうちは、どことなく卵焼きの延長のような感じがしたので、冷めてからの方がよりお菓子っぽい感じ & 色々とアレンジしたくなる卵だけケーキでした。アレンジですが、洋酒を少々加えるとか、レーズンやラムレーズンを加えてみたら美味しいかも(^^? など、頭の中で考えるだけでも楽しい "卵だけケーキ" でした。これはハンドミキサーさえあれば、子供にも簡単にマスターできるので、ジャックにもいずれ伝授したいレシピだと思いました(^^)