2016年9月27日火曜日

十周年記念 ~ iPhone 7 への機種変更のあれこれ

先週の土曜日、新車の慣らし運転に出かける前に、旦那とジャックが渡したいものがある、と言ってくれたのが、結婚十周年記念ギフト。持った瞬間に iPhone 7 だな、とわかったのですが、とりあえず、ジャックのワクワクした期待を裏切ってはいかんと思い、何が入っているのか全く見当もつかないふりをして、ジャックがラッピングしてくれた箱を空けてみました(^^) iPhone 7 については、今月頭に旦那と色々と話をしていたのですが、クリスマスプレゼント兼バースデープレゼント(2 人とも 12 月生まれなので)が濃厚な線だと思っていたら、結婚記念日のギフトとして買って来た旦那。
毎年の事ながら、結婚記念日の前後はホントに喧嘩が多く(喧嘩と言っても、自分が旦那に切れまくるパターンですが)今年もまた、旦那に切れまくる出来事があり 12 月を待たずに今のタイミングで iPhone 7 をくれたのにはお詫びの気持ちも入っているに違いない...(ーー; と思っている自分。iPhone 7 ぐらいでは収まらないほど怒っている事はザラなので、とりあえずありがたく貰っておくことに...(^^)
Plus は自分の手のサイズには大き過ぎて合わないという事が iPhone 6 Plus で既に実証済みなので、普通のサイズの iPhone 7 128 GB モデルを買ってくれた旦那。携帯はジーンズのポケットに入るサイズで十分だと改めて思いました(^^) 旦那の話では、iPhone 7 の電源を入れた瞬間に、今使っている iPhone から自動的にサービスが切り替わるとの事だったので、電源を入れる前にバックアップ(Encrypted Backup)をとっておくように... と言われたのですが、これが諸々の問題の始まりでした(><)
自分は古い MacBook も使っていますが、メインマシンは(やはり長年使い慣れた)Windows マシンで、気に入ったファイル(主に画像とビデオファイル)は外付け HDD とオンラインストレージの他にローカル HDD に保存しておきたいタイプ(オールドファッションなのです^^;)なおかげで、メインマシンは数年間分の家族の写真や旅行の写真でほぼ満杯な状態。定期的にファイルを削除して、空き容量が約 10 GB ぐらいの状態を保つように心がけていたのですが、そんな所へ iPhone (64GB モデル)のバックアップなんぞ始めてしまったのが運のツキ。そもそもバックアップを始める前に、空き容量が全然足りていないという理由で、バックアップを始めないようにプログラム側で制御されていたらよかったのですが、なぜか小一時間ほどバックアップ作業をした後に、空き容量不足でバックアップ中止のメッセージが。メッセージには、未完のバックアップファイルを削除すると出ていたのに、メインマシンの空き容量が 200MB ぐらいになっていて焦りました(><) Backup ファイルは隠しファイルになっているようで File Explorer で簡単にピンポイントで削除できるものでもないようで探すのに四苦八苦。当然ながらバックアップが正常に完了しなかったので、順当な Backup ファイルの削除手順では、何ヶ月も前のバックアップしかリストに出て来ない状態。そのバックアップも削除し、iPhone 関連の Temporary File と思われるファイル(Installer Cache やら iPhone Temporary Files)を削除し、その他削除したくないけれど、この際仕方がないと思い、ジャックの幼年時代の写真などを削除してようやく 3 GB ほど確保(それでもたったの 3GB)。意を決して再起動してみたところ、突然 3 GB だった空き容量が 10 GBぐらいに増え、おぉ~っ、きっと今の再起動で隠しファイルがちゃんと削除されたんだ~(ほっ)と一安心。結局もぅバックアップなんぞいらんわ、と思い、iPhone 7 の電源をオンにしたのですが、次回以降 iPhone 8、9、10? とアップグレードする際の備忘録の意も込めて... 自分が使っている範囲では iPhone のバックアップは全くの不要!以上!でした(;´Д`)

自分は旦那やジャックと違って、遊びきれないほどのゲームアプリやら、お財布携帯機能やら、なくなると困るかもしれない情報など、携帯のメモリ上には何もないという事を改めて痛感。画像やビデオファイルは全て(空き容量がほとんどない)メインの Windows マシンと外付け HDD、特に気に入った写真やビデオは YouTube や SNS、写真の共用サイトなどにあり、何かあったら工場出荷時の状態にリセットしても全然困らないような使い方をしていて、極端な話、携帯電話機そのものの価値以上のものは何もないのでした。そこに最初に気づいていれば、土曜日の段階でとっとと iPhone 7 の電源をオンにしていたのですが、iTune 経由であちらの iPhone からこちらの iPhone へ全てを移す... という、まるで映画 AVATAR (2009) のラストシーンのようなイメージに固執していたがために、とんだディスクの無駄遣い + Windows の動きが遅すぎて心配になるぐらいなドキドキな目に遭ってしまいました。自分がこれまで購入した音楽も別に何もする事もなく無事に新しい携帯にダウンロードでき一安心でした(電波の届かないような山の中でも好きな曲が聴けるよう、気に入った音楽は Cloud ではなくローカルメモリにダウンロードしないと気が済まないタイプな自分なので^^)ディスクの空き容量を確保する労力に比べたら、ダウンロードの手間など数分程度。ゲーム類も自分は特定のゲームを長年楽しむタイプなので、これもマニュアルダウンロードで全然オッケーでした。もぅ~次回は絶対にバックアップなんぞやらんぞ!と思ったのですが、問題は意外な所にありました(><)なぜ、そういう仕様なのか、少々理解に苦しみましたが、iPhone 7 を使い始めた後、Notes アプリで手書き入力をしようと思ったら、それまで使っていた古い iPhone の iCloud サービスをオンにして、Notes アプリをアップグレードしろ!と言うメッセージが!なぜもう使わないかもしれない古い方のアップグレード無しには iPhone 7 で手書き入力機能が使えないのか、ホントに謎、なぞ、謎でしたが、仕方がないので、古い方をアップグレードしようとしたのですが、ここでも自分は大きな間違いを犯してしまいました(><) 結論から言うと、空き容量がカスカスなマシンでは iTune 経由で携帯のアップグレードをやってはいけない!という事でした。普通に携帯から WiFi でアップグレードすればよかったのですが、iTune を介してやろうとすると、バックアップの手順を敢えてスキップしたにもかかわらず、デフォルトでバックアップをとろうとする模様。おかげで、再び "空き容量不足でバックアップ中止" のメッセージが出て、どこかにある隠しファイルが空き容量を食い潰し振り出しに戻る状態(><)せっかく 10 GB あった空き容量が 4 GB ぐらいになってしまい、ウガーっ!うがーっ!ウガーっ!!という気分でした(><)そろそろメインマシンを買い替えねばと言いつつ、すっかり秋になってしまいましたが、次なるマシン購入の前に、マシンのバックアップ用に 1TB HDD を買いに行かねば!