2016年9月10日土曜日

白から青へ、三台目 TIGUAN ~ 新車即日お持ち帰り\(^▽^)/ パート 3

2010年の冬に四駆の Volkswagen TIGUAN(ティグアン)に乗り始めて以来、初代のシルバー、二台目のホワイトと乗り換え、今度は 2017 年モデルのブルー(正式な色名は Pacific Blue Metallic らしい)に乗り換える事に(^^) 以前にもこのブログで紹介しましたが、アメリカでの車の購入は車庫証明などの必要もなく、気に入った車がディーラーにあれば、ものの 1 時間ほどでお持ち帰り可能という簡単さ。一台目のシルバーの TIGUAN 購入時も、シルバーからホワイトに乗り換えた二台目の時も、なんとも簡単な手続きだと思ったのですが、三台目はさらに簡単でした(^^)
たとえお金があったとしても、定職に就いていない人=社会的信用がない人=専業主婦、という構図は車や家の購入やリファイナンスの時には必ず障壁(不利)になる、と思っていたのですが、常に 800 以上のクレジットスコアを維持していたせいか、車のローンの審査も無事にパスして、こちらへどうぞ! と案内されたファイナンス部門の担当者のオフィスで、書類にサインして手続き完了! 頭金の支払いにクレジットカードが使え、これでまたいっきにポイントが貯まりそう(^^! とニンマリ。
ここの所ずっと TIGUAN の新しいモデルを乗り継いでいますが、TIGUAN に乗り始めて間もない 2011 年は年始から雪の当たり年で、四駆に買い替えてよかった... と心底思った年でした。その翌年の 2012 年にはさらに大雪が積もり、チェーンを装着して会社に行った思い出があり、四駆でよかった~とつくづく思いました。ちなみに同じ車だとタイヤのサイズが同じなので、持っているチェーンがそのまま使えるのも便利です(^^) 左の写真は洗車を終え、ガソリンも満タンにして貰った新しい TIGUAN を前に、納車で車のキーを受け取っている所です(^^)
TIGUAN に乗り換える前に自分が乗っていた Volkswagen の 2008 年モデルの Rabbit (実質 GOLF と同じ車で、アメリカ市場向けに Rabbit の名前で販売していた時期がありました)には、Heated Seat(シートヒーター)がついていたのですが、これまで乗っていた TIGUAN には Heated Seat が標準装備ではなかったので、これまで冬の寒い日に Heated Seat を恋しく思う日もありました。新しい TIGUAN にはベーシックモデルながらも Heated Seat 機能が標準装備になっていてかなり嬉しかったです(^^) 
一通り機能の説明を受けた後はいよいよお持ち帰り。例によって例の如く、リアウィンドウに貼られた紙切れ一枚(=ライセンスプレートの代りです)で公道を運転できるのは便利というか簡単というか(^^;; 正式なライセンスプレートは 2 週間ほどでディーラー宛てに送られて来る予定で、届いたらディーラーで取り付けて貰えるようになっています。車を買い替えた後は、車の保険会社の Web サイトで、所有する車の情報を新しい車の情報に更新し、ついでに保険内容の見直しをしたら、$35 ほど差額が出て、返金してくれるとの事(^^) 
さらに忘れてはいけないのが、Good To Go パスの Web サイトで古い車の登録情報を削除する事です。保険と Good To Go の変更手続きは家に帰ってから速攻で行い、その二つの手続きが終わってようやく全ての手続きが終わりほっとしました(^^) 余談ですが、自分も無料のクレジットスコアのサービスを日頃利用していますが、クレジットチェックがかかると、クレジットスコアが下がる、というのを今回目の当たりにしました。


クレジットスコアは、日頃クレジットカード会社からの支払い請求に対し、きちんと支払ってさえいれば、上がることはあっても下がることはないのですが、車のディーラーが自分のクレジットレポートをリクエストしただけで、瞬時に 2 ポイント下がっていました。クレジットチェックは、新しいクレジットカードを作る際や、車、’家、その他ローンを組む際に、購入者のファイナンシャルバックグラウンドチェックとして行われるものですが、自分以外の誰かが自分のクレジットスコアをチェックしたら Alert メールが飛んで来るようになっています。新しいクレジットカードを作るでもなく、自分のアカウントに対する不審な動きをモニターする上では、意外と便利な通知サービスだと思いました。Alert メールにはクレジットチェックが既知のクレジットチェックか、もしくは全く身に覚えのないリクエストか? どうか確認用のリンクがついていました。普段滅多に見ない Alert で、クレジットチェックには Hard(ハード)と Soft(ソフト)の二種類があり、Hard Inquiry はクレジットスコアにネガティブな影響を与える=ポイントが下がる、との事。下がったポイントは、その後もきちんと支払いを続けていればいずれ元に戻るそうですが、向う半年以内ぐらいにポイントが回復してくれればよいな~と思っていますが、ポイントが回復するのに長ければ 2 年ぐらいかかるとも書いてありました。というわけで、諸々の手続きも完了し、明日から暫く慣らし運転で、お天気の良い日にはドライブに出かける予定です(^^)