2016年10月10日月曜日

日本土産シリーズ: 香味ペーストを使った水餃子

忘れないうちに、日本のお土産レビューですが、9 月末に日本から戻って来た友人からのお土産の中にあった 味の素 Cook Do の香味ペーストなる調味料。 炒飯やら炒め物全般に使えて便利だったよ~と言っていたので、早速餃子の具に混ぜて使ってみたのですが...
あぁ~なるほど~。これはちょっと使えるかも! と思った調味料。具のひき肉に混ぜると、焦がしニンニクの香りが漂い、大昔に中国人の友人の手作り餃子をご馳走になった際に、中国式の餃子は具に味がついているからタレは要らないんだ、と言っていたのをふと思い出しました。醤油が辛く感じる年頃になってしまった自分は、最近では醤油より薄味のポン酢で餃子を食べるようになったのですが、この段階でもかなり期待の調味料でした(^^)
水餃子をぐつぐつ茹でること 10 分。まずはタレ(ポン酢)を使わずに食べてみましたが、調味料を入れる量でも味が違うと思いますが、ほんのりと焦がしニンニクの風味がして、タレ無しでも結構イケました(^^) タレ(ポン酢)付きの美味しさと張り合うにはもっと惜しみなくペーストを具に混ぜるべきなのだと思いますが、味の素の香味ペーストのサイトやら、CookPad の香味ペーストを使ったレシピ集を見ると、もやしのナムルやら炒飯やら、スープなど、水餃子以外に試したいレシピが目白押しで、使い切る前に色々と試してみたいと思います(^^) 数年前には別な友人から日本土産で塩麹をいただいた事があったのですが、日本は毎年色々新しいモノや便利な物が流行っていてよいな~と思います。今度某宇〇島屋や韓国系の H Mart で売っていないかチェックしてみようと思います。