2016年10月21日金曜日

DIY Halloween Decoration (製作編) ~ 今週は Scarecrow & Spider

今週は DIY Halloween Decoration 作りで終わってしまった一週間。いい加減部屋の掃除をしないとまずいので来週はお掃除週間にしたい所。さて、うちでは家族全員牛乳が大好きなおかげで、、一週間に軽く 12 パックぐらい消費する勢い。そんなわけで、日々たまっていく牛乳パックを使った工作プロジェクト続行中。今週作ったのは、案山子(かかし=Scarecrow)もどきと蜘蛛など数点(^^)
牛乳パック 3 パックを一塊(ブロック)にして、それをひたすら積み上げてあるだけなのですが、ダクトテープ(ガムテープ)でブロック同士を固定すると、なかなかしっかりとした安定感のあるボディが出来上がります。お好みの高さまで積み上げ、最後の段だけ実は牛乳パック 2 個(首の部分というわけでもないのですが^^)になっていて、その上には Walmart で $1 で売っていたパンプキンのバケツ(Trick or Treat 用の容器)を乗せ、服の部分は蜘蛛の巣作りに使った黒のテーブルクロスの残りを使用。
黒だけだと自作ジェーソンと被っている上単調過ぎるかな? と思ったので、赤色のテーブルクロスをマント風に羽織らせてみました。ジャックには赤マントバージョンがウケていたので、これが完成品です(^^) 全然怖くない系なので、ジャックが夜中にトイレに行く時に寝ぼけて飛び上がったりする事もなく廊下の隅に立っています。
こちらは自分的には今週の一押し工作プロジェクトだった蜘蛛の材料です。黒の風船二個に黒のダクトテープと百均で売っているストローを使って製作。ストローは、蜘蛛の足 8 本を作るのに計 16 本を使用。

風船やストローがみるみる蜘蛛っぽくなる様子に、ジャックも少なからず「マミー、すごーいっ!」と尊敬の眼差しを向けてくれていましたが、ふと、自分自身が子供の頃に、すごいな~、いいな~と羨望と尊敬の眼差しで見ていた "ノッポさん" (=NHK の工作番組「できるかな」のホスト)の事を思い出しました。イマドキの若者世代は "ノッポさん" の事を知らないと思いますが、今にして思うと、自分の工作好きの原点は幼少の頃に見ていたあの番組だったのかもしれない(^^? と思いました。ノッポさんは紙とハサミがあれば何でも作れるオジサンでした。
ストローを黒のダクトテープで巻いて蜘蛛の足にしていますが、ストローとストローのつなぎ目に微妙に隙間を持たせると、足がいい感じに曲がる蜘蛛に仕上がります(^^) 自慢するほどのものでもないのですが、リアルな足の動きを見ると、おぉ~っ、いい感じだわ~と、ジャック共々大満足の蜘蛛の足でした(^ー^)