2016年10月16日日曜日

工作三昧の三連休(^^) ~ DIY Halloween Decoration (製作編)

先週から Facebook に手作りのハロウィーンデコレーションの写真をアップしていますが、週末にジャックと一緒にさらに工作三昧だったのでその写真も含めてブログにアップ(^^) 連休中にセール品のプラスティック製の骨を買って来たり、蜘蛛の巣を増設したり。ジャック曰く Halo(ビデオゲーム)でダディと遊ぶ時間(=Jack-Daddy time)も楽しいけれど、マミーと一緒に過ごす、Jack-Mommy time も楽しいから、もっとマミーと遊びたい、と言われ、 「いや、ジャックは手助けよりも足手まといになる事が多いからね、マミーは工作の時は一人の方が好き(^_-)」とからかったり...
ところで、自分はハロウィーンのホームデコレーションにはこれまで全然興味がなかったのですが、先日お化け屋敷の入り口からたったの 2m で怯えて引き返したジャックも 9 歳の男の子らしく怖いハロウィーンに対する健全な願望も芽生えて来て、家の中に人骨(本物ではなくプラスティック製^^)が落ちていても怖がらない年齢になったので、今年は初の試みとして Do It Yourself (DIY) Halloween Decoration のサイトを参考に手作りの飾りを作ってみました(^^) 凝る人はクリスマス並みに力の入った飾り付けをする家庭もありますが、とりあえず安くて簡単な飾り付けに挑戦!
蜘蛛の巣は、折り紙の手法を使ったこのサイトを参考にして作成(^^) 蜘蛛の巣の材料ですが、パーティーグッズとして売られている、黒色のピニール製のテーブルクロス(丸型ではなく長方形を使用)を使用しています。テーブルクロスなので、ハサミを入れた後開いてみると結構大きな蜘蛛の巣になり楽しいです(^^) ちなみにパーティー用テーブルクロスは Walmart では一枚 98 セント(1 ドル弱)で売っていて非常に重宝しました(^^) Walmart はハロウィーングッズに限らず、この手の季節物商品を最強価格で提供しているので、実に安上がりで助かっています(^^)
プラスティック製の蜘蛛ですが、実はこれは子供用のプラスティック製の指輪で、50 個入りでこちらも 97 セント(1 ドル以下!!)と安かったので、指輪としてではなく、部屋の飾りに使用(^^) テーブルクロスで作った蜘蛛の巣を天井に両面テープで貼り付け、指輪の蜘蛛を細長いビニール製の紐にテープで貼り付け(← 他のモノに付いて来た紐ですが、使わなかったので捨てずにとっておいたら役に立ちました^^)、天井から垂らしてできあがり(^^) 
黒い蜘蛛の巣だけだと子供が怖がるような年齢の場合には、オレンジ色や、他の明るい色の蜘蛛の巣を作って飾ってみてもよいかと思います(^^) プラスティック製の蜘蛛も、色付き(グリーン、オレンジ、紫色)バージョンも売っていたので、そちらも一袋購入(^^) 
*** 以下、親バカですが ***
自分がせっせと蜘蛛の巣やら、ハロウィーンの飾り付けを作っている横で、ジャックが作ってた飾り付けがとてもかわいくて、母親的にはかなりメロメロでした(*´Д`) 男の子は女の子に比べると、見た目はいっぱしの少年でも中身はとても幼いといつも思うのですが、ジャックの飾り付けはまさにそんなジャックの精神年齢をものすごく体現していて、いや、もぅホントにメロメロでした(^^;;

材料ですが(ジャックのぬいぐるみコレクションは除き)、黒い鎖は、黒いスケッチブックを短冊切りにして作った物。黒の折り紙や黒い紙をシート単位で買おうとすると結構大変だと思うのですが、自分が黒いスケッチブック(白い色鉛筆で描く)を持っていたので、その紙をジャックに何枚か放出。 足枷(あしかせ)の鉄球の部分は、ペーパータオルを丸めたモノを黒のduct tape(ダクトテープ=ガムテープよりしっかりしたテープ)で巻いてあります。
黒のダクトテープはハロウィーンの時期はドラッグストア等でも売っているようですが、Home Depot に行けば必ず見つかります。Home Depot には等身大のハロウィーン飾りも沢山並んでいましたが、価格帯的には $30 ~ $80 ぐらいで売られていましたが、ハロウィーンが終われば多分半額セールになると思うので、毎年本格的に飾り付けをしたい人はハロウィーン後のクリアランスセールは要チェックかと(^^! ちなみに自作の即席ジェーソンは製作費 3 ドル(黒のテーブルクロスと白のお面)程度ですが自慢の一品です(^^)
自作のジェーソンですが、体の部分は牛乳パックでできています。うちは日頃から半端ない牛乳の消費量で、牛乳のパックを捨てる際に、何かに使えないものか? と思っていたので、こんな使い道が見つかり大満足(^^) 牛乳パックを積み木の容量で積み上げ、テープで固定すると、自分の身長ぐらいの物体が簡単に出来、また重たくもなく軽過ぎず、適度な厚みがあり、なんとなく中に人が入っていそうな感じがリアルで実にいい感じです(^^)  雪印の牛乳パックでの工作シリーズに比べると、可愛さのかけらもない作品ですが、ハロウィーンが終わったら牛乳パックは心おきなくリサイクルゴミに出せるので一年中ジェーソンを物置に保管しておかなくてよいのも Good です(^^) 自作ジェーソンよりもジャックが気に入っているのはジャックの部屋のドア用デコレーション。これも Walmart で $1 ぐらいで買えます(^^)
このドア飾りを貼り付ける前は、かわいい動物の写真をペタペタとドアに貼っていたジャックでしたが、"DO NOT ENTER" とごっつい木のドア風なデザインが気に入ったらしく、ハロウィーンが終わってもこのままドア飾りはキープしたいとの事(笑)ちなみに、このドア飾りはただのビニールのプリントシートなので、四隅をテープで止めていますが、他の部分は(静電気で)はりついているものの、ドアに接着されているわけではないので、テープをはがせばその下には猫やら白くまやら赤レンジャー大集合の写真が無事に残っています。そんなわけで今年は DIY Halloween Decoration で例年よりハロウィーン情緒溢れる 10 月を親子共々楽しんでいます(^^)