2016年10月1日土曜日

夜のアドベンチャー@Woodland Park Zoo

結婚記念日の夜はシアトルの Woodland Park Zoo で開催の夜の動物園探索アドベンチャーに行って来ました。このイベントはCub Scouts のイベントで、今年度からスカウトマスターになった D 君のお父さんが頑張って取りまとめてくれている事もあり、なんとなく参加しないと申し訳ない気がして申し込んでいたのですが、空模様は今にも雨が降り出しそうな雰囲気で、520 の浮橋を渡る頃には雨が降り始め、大雨でもやるんだろーか? 夜のアドベンチャー? と一抹の不安を抱えつつ動物園へ... 
閉園後の動物園の駐車場に 6 時半集合で行ってみると、降りしきる雨の中 Overnight イベント(=動物園に一泊のイベント)に参加の親子連れが寝袋やらバックパックを背負って動物園の入り口へと移動中でした。秋分の日を過ぎたら急に典型的なシアトルのお天気の日が増え、だんだんと雨季なお天気になってきた今日この頃。降りしきる雨に、うーん、大丈夫なのか~っ? この天気で? と思ったのですが、5 分ほど車の中で雨宿りをしていたら雨も上がり、なんとか行けそうな雰囲気に(ほっ)
夜の動物園は一部きれいにライトアップされていて、ガラス張りの建物の中では結婚式も行われていて、着飾った招待客の姿もありました。この日の参加者は一泊するグループと、夜のアドベンチャーにだけ参加して、夜 10 時に解散するグループの 2 グループに別れていましたが、夕飯(ピザ)とプレゼンテーションの時間は全員一緒に過ごすようになっていました。
誰もいない夜の動物園は親にとっても面白い経験でした(^^) 夏休み中にも開催されていたのかもですが、夏場は夜 10 時ぐらいまで明るいので、暗闇の動物園のアドベンチャーには、9 月以降の方が適しているかな? と思いました。子供達は夜間に動物園内を歩くのに使う赤色のライト(白は眩し過ぎるので全員動物園が用意した赤色ライトを使用)を手に、ガイドのおばさん(おばあさん?)の後について園内の動物達を見て回りました。暗くて石なんだかトラなんだか? わからないような状況もありましたが、カンガルーの赤ちゃんが母親のお腹のポケットに入っていたりして、動物好きなジャックにはピッタリのイベントでした(^^)
今ぐらいの年齢(=まだ乳歯が残っているような年齢^^)は何にでも感動したり、楽しんだりできていい年齢で、Cub Scouts のイベントは楽しい中にも教育的な要素もいっぱいで、なかなかよいイベントだと思いました。ガイドのおばさん(おばあさん?)の質問に、Harry Potter の第一作目のハーマイオニーちゃんみたいな勢いで手を挙げるジャックの姿に旦那共々目を細めながら笑っていました。 
夜の動物園内の探検の時にはフラッシュなどで動物達を驚かせてしまう危険もあるので、カメラは使用禁止だったので屋内施設の Zoomazium 内での写真だけですが、全天候型の施設でいつか機会があったら Overnight (一泊)のイベントにも参加してみたいと思いました(^^) ちなみに夜には雨雲は去り、残った雲の合間に星がきれいに見えていて、子供達がいなくて大人だけだったら、ロマンチックなデートスポットになりそうな感じでした。
Evening Adventure(夜のアドベンチャー)の最後を飾ったのは、Bearded dragon (アゴヒゲトカゲ)で、子供達が順番に Bearded dragon を撫でた後、大人も触りたい人は触っていいですよ~との事だったので、旦那も自分も列に加わり触らせてもらってきました。ドラゴンという名前が付いていますが、基本的にトカゲの仲間で、ペットとして飼われたりもするトカゲらしいです。乾燥した固い肌と背中はトゲっぽい感触のトカゲでした。そんなわけで今年の結婚記念日は、サーモンフェスティバルと動物園という、動物三昧な一日でした(^^)

余談ですが、夜の動物園では大声を出さない事!と、赤色のライトは足元を照らす用途のみに使用する事!とあれだけ注意されていたのに、うちの Cub Scouts の男の子二人が途中で大声で吠えていて、Shhhhhhhhh!!!! と周囲の大人達から注意をされていたのと、ガイドの人が見ていない時に赤いライトで動物を照らしていたのには他人の子供ながら、お前ら~ッ!! と思いました
少なくともジャックがその子達と一緒に同じ行動をしなかったのは救いでしたが、もう 5 歳とか 6 歳児ではないので、ガイドの人が絶対にやってはいけないと念を押した事は理解できる年齢なのに、好奇心に負けてルールを破ってしまう子達がいたのは実に残念でした。