2016年11月12日土曜日

秋の4連休 3日目: Ginkgo Petrified Forest State Park & Rocky Coulee Rec Area

秋の4連休 3日目の土曜日は、朝食を済ませた後、ジャックと旦那はホテルのプールで一時間ほど泳いだり水遊びで、自分はその間部屋で荷物をまとめたり、昨日までの写真をラップトップに読み込んだりして過ごしました。お昼前にホテルをチェックアウトした後は旦那の車で前日にジャックと二人で行った Ginkgo Petrified Forest State Park へ、今度は旦那も一緒に家族三人で行って来ました。 
I-90 を Columbia River/Vantage 方面に向けて走っていたら、おぉ~っ! エルクの群れが風車が並ぶ丘の斜面に! エルクの群れはこれまでにも見た事がありますが、こんなに大きな群れを見たのはこれが初めてでした(^^)
Veterans Day で祝日だった金曜日は州立公園の無料デーでしたが、土曜日は普通に有料デーなので、Discover Pass の年間パスを車のバックミラーにぶら下げてGinkgo Petrified Forest State Park へ。博物館は春まで閉館でも、パークレンジャーの人達(銃に防弾チョッキに、かなりの重装備)は巡回に来ていて、オフシーズンの間放置されているというわけでもなさそうで、ちゃんと Discover Pass をぶら下げて入園して正解でした。
ジャックと自分は昨日既に見て回った場所ですが、旦那にとってはこの日が初めての訪問で、所々に設置してあるこの地域の地層の歴史を興味深そうに読んでいました。昔の自分なら、そういう説明書きはすっ飛ばして、ざっと見てお終いなのですが、最近では歴史的背景についてあれこれ読んだり調べたりするのが好きになり、年をとると興味の対象が史実とか実話に傾倒してくるものなのだな~と思う今日この頃...
昨日のブログにも書きましたが、こういう何億年もかけて化石化した木が転がっているような場所が、自分の子供の頃に近くにあったら、地質学者になりたい! とか、植物学者になりたい! とか、もっと興味を持てただろうになぁ~と思うと、自分自身はもう趣味の研究家ぐらいにしかなれないだろうけれども、ジャック(子供)や孫の世代には、大自然に触れる機会、異文化に接する機会、色々な面白い経験をする機会を作ってあげられたらいいな、と思いました。
こちらの写真は Ginkgo Petrified Forest State Park から Columbia River を右手に見下ろした写真で、水面と同じレベルには、きれいに整備されたピクニックエリアが見えていて、土曜日に旦那と一緒に下まで車で下りてみようと思っていたエリアです。金曜日には敢えて下まで下りず、下り口だけを確認して帰ったので、この日はワクワクしながら渓谷の間に見える道路を下りて行きました。

Rocky Coulee Recreation Area のサインがあり、日中に使用する分には無料(レクリエーションエリアになっていますが、州立公園ではない模様)で、キャンプサイトを利用する場合(BBQ 用のグリルと Fire pit=焚火用ピットあり) 一泊 $10 の料金を備え付けのボックスに入れる事になっているようです。詳しくはこちらの Web サイトをご覧ください。特に予約も必要なく、空いているキャンプサイトは早い者勝ちな模様(ここは一度キャンプしに来てみたい場所です^^)  
Ginkgo Petrified Forest State Park のサインの直前に渓谷側に曲がるRecreation Dr があり、その道がRocky Coulee Recreation Area へと続く道ですが、この道沿いからの眺めがまたいい感じで、乾燥した丘陵地と、乾燥に強い植物と、Columbia River と青空の色のコントラストがとてもよかったです(^^)
今回は丘陵地側のトレイルを散策する時間がなかったのですが、この丘の向こう側には恐らく水が流れる渓谷があり、Paoluse Falls で見たような景色を楽しめるのではないかと思うと冒険心をくすぐられ実にワクワクします(^^) 写真を撮るのもよいですが、画材を持ち込んで半日景色の絵を描くのも楽しそうで、絵が上手い友人(既にカリフォルニアに越冬中)が来年の春にシアトルに戻って来たらスケッチ旅行に誘ってもいいかも(^^? と思いました。
実は Columbia River の川岸(河原)に立ったのは長らくワシントン州に住んでいながら、今回が初めてでした。いつも I-90 を走っている時に車の中から見るか、オレゴン州に旅行に行く時に橋を渡る時に見るぐらいで、水面と同じレベルまで下りて来る事など一度もなかったので...(ジャックがダディの頭の後ろにウサギの耳= Bunny Ears を立てようと iPhone 7 の画面を見ながら一生懸命ピースサイン中^^;;)
Rocky Coulee Recreation Area での今回の大収穫は、川岸から Columbia River 沿いに子供でも簡単に歩けるトレイルを発見した事でした。Columbia River の両岸を見ていると、玄武岩の地層が段になって続いているのが見えますが、傍から見ると平坦な部分をてくてく歩いて行けるんぢゃないか? と思っていたら、ありました! 歩いて行ける平坦な道が(*´▽`*)
右手に Columbia River を、左手に岩肌を見ながら、川沿いのトレイルを歩いて行くと、これまで I-90 からでは見る事のなかった景色や、Columbia River が打ち寄せる波の心地よい音など、癒し系の簡単なトレイル(Easy Trail)でした。もしここがサーモンが岸から釣れるポイントだったりしたら、最高だろうな~とも思いました(^^)
難易度も低く、距離的にもそんなに長くないトレイルで、植物がたくさん生えているこのエリアの少し先で一応簡単なトレイルは終了。冒険したい人は、その先にもまだまだ行けると思うのですが、子供連れで安全に歩いて行ける場所、という点では、この先が終着点で、自分達はそこから引き返して来ました。ちなみに水面までは多分 3 m ぐらいの高さで、場所によってはトレイルから足を踏み外して落ちても川の中ではなく、まだ下に地面があるので、やや安全な気がしました。
Rocky Coulee Recreation Area でショートハイキングを楽しんだ後は、ジャックが行きたがっていた、猫のいる Gem Shop へ。このお店がこのエリアのハ一番のハイライトでもあるので、ここに寄らずして帰るのはまずあり得ない(^^) と思っていましたが、ジャックはもとより、旦那もこのお店で珍しい色や形の珪化木を手に取ってみたり、その他動植物の化石や世界各国からの珍しい鉱石などを見て楽しんでいました。
旦那は(ライムグリーンのような)黄緑色の石が気に入ったようで、一つ買って帰りたかったようで、自分へのお土産と称して右から二列目、上から二番目の黄緑色の石を買ってプレゼントしてくれました(^^;; ジャックもそうなのですが、色々と小物をプレゼントしてくれたりするのはよいのですが、ほとんど使い道がないような物を貰ってしまうと、内心ちょっぴり困ってしまう自分でした。気持ちはありがたいんですけどね...(^^;; そのうち専用ケースでも買って、小物類は一箇所に保管しようかと思っています。
結局 Gem Shop では 3 人共気に入った石を買って帰って来ました。Gem Shop の後は、Ellensburg の Pasta Company でまたしてもパスタを食べ、その後ホテルの駐車場に自分の車を取りに戻り、車 2 台で連れ立って家に帰り、2 泊 3 日の家族旅行、無事終了でした(^^)