2016年11月9日水曜日

家内制手工業 & アントレプレナー

今月に入って、学校の特別授業でアントレプレナー(=企業家、Entrepreneur)について学んでいるジャック達。学校から帰って来るなり、「Do you want to know about Capital Resource, Human Resource and Natural Resource?」(キャピタルリソース、ヒューマンリソース、ナチュラルリソースについて知りたい?)と聞かれたので、「何なに? 教えてジャック!」と言ったら、嬉しそうに 3 つのリソース(資源)について学校で習って来た事を教えてくれました(^^)
4 年生は子供達の手作りの商品を年に三回ぐらい開催されるストア(だかマーケット)で、先生達が作って、善い行いをした生徒に配布している紙幣(学校のマスコットの絵がついたかわいいキャッシュ)で売買する機会があるとのことで、ジャックも Minecraft の剣を自分のお店で売るべくたくさん作っていたのですが、昨日から Fuse Beads でパックマン(PAC-MAN)のキャラクター作りを始め、おかげで自分はジャックのビーズのアイロンがけに追われています(^^;;  
仲良しの B 君とジャックは、それぞれのお店で同じような手作り商品を売る約束をしていて、どちらが何色の PAC-MAN を何個作るかなど、手書きの生産管理表を元にせっせと作っていて、見ていると実に楽しそう... なのですが、いつの間にか自分もアイロンがけという作業担当者として製造ラインに組み込まれていて、ただでさえ家事に追われているのに「マミー、これアイロンかけて~」と家内制手工業に追われる羽目に...
このデザインはビーズの個数をそんなに使わない上、単純なデザインなので、ジャックがどんどんビーズを並べてくれるので、しまいには、「マミーは忙しいんだからっ!今日はこれで最後!」とストライキに入り、晩御飯の支度など...(苦笑)下手にアイロンを子供に使わせて、火傷でもされたら困るので、今の所ジャックにこの作業を移管する予定はないのですが、意外と時間がかかるアイロンがけなので疲れます(;´Д`)
ところで、こちらがジャック達が学校から貰って来るキャッシュ(紙幣)です。スクールマスコットのクーガー(=ピューマ)の絵が真ん中にあり、とっても味のあるキャッシュです(^^) ジャックの話では、9 月の新学期から、宿題を忘れずに提出したり、善行をした子に先生がこのクーガードルを配っているおかげで、軽く見積もっても一人平均 1,000 クーガードルは固いとの事。ジャックは一個につき、100 クーガードルあたりで売るつもりらしいのですが、それがぼったくり商売なのか、適正価格なのかを見極める術がなく、答えはマーケット当日にならないとわからない模様(^^;;
家内制手工業でアイロンがけを担当している自分から言わせてもらうと、作ったアイテムの品質には多少ムラがあり、例えばアイロンをかけすぎて変形してしまったり、一部溶けすぎて厚さが均等ではないものは、傷物商品として少々値引きして売ったら? というようなアドバイスをしていますが、小学生ぐらいの子供は結構欲の皮が突っ張った商人(あきんど)な所があり、値引きなどしないで平気で売りそうな気がします(^^;; 何にしても、学校で習っているアントレプレナー(企業家)に通じるものもあり、色々と楽しみの多い 小学 4 年生ライフです(^^)