2016年12月27日火曜日

冬休み11日目: Vancouver Christmas Market 2016 昼編

天気予報が著しくハズれて今日は朝から青空が広がるいいお天気になりました(^^) 午前中、Sea Bus でノースバンクーバーに渡って、Lonsdale Quay のマーケットを見た後は、ホテルの目と鼻の先で開催中の Vancouver Christmas Market へランチも兼ねて行って来ました。今年からマーケットの会場が、2010 年に開催されたバンクーバー冬季オリンピックの聖火台がある、ウォーターフロントの Jack Poole Plaza に変更になったという第 7 回 Vancouver Christmas Market。
ホテルを選ぶ際に Christmas Market に近い場所も考慮したのですが、滞在中に昼夜何度か足を運んだ Christmas Market でした(^^) 自分のお目当ては、Glühwein(ホットワイン)。昨年のドイツ旅行以来、クリスマスシーズンに飲むホットワインの魅力にハマってしまい、今月頭の旦那のバースデー旅行先の Leavenworth でも Glühwein を飲んで幸せな気分に浸っていた自分でした(^o^) なのでバンクーバーの Christmas Market でも Glühwein は絶対外せない! と思って行ったら、Cash Only(現金のみ)と言われ、ATM へと一時退散。
会場では何やら筒状のケーキを持った人達がたくさんいて、ホカホカと湯気を立てるそのケーキがとてつもなく美味しそうに見え、結局 "煙突ケーキ" (Chimney Cake) の列にも並んで一つ購入。マーケットの中ではかなりの人気商品で長い列ができていました(^^) ルーマニアのお菓子らしく、ルーマニア人の友人が Facebook で見た自分の写真に、それどこなの? と即座に反応。 
シアトルではないと知って残念がっていましたが、少なくともバンクーバーには Chimney Cake のお店がある事がわかっただけでも良かったかな(^^? と。Chimney Cake に寄り道をしてしまいましたが、当初の目的の Glühwein も買って、ホットワインと共にホンワカ幸せな気分になりました(^^) レジのお姉さんも、「You again^^!」(戻って来たのね^^!)と現金持参でホットワインを買いに来た自分を笑顔で迎えてくれました。
同じお店にホットワイン以外にもノンアルコールのアップルサイダー(ホット)があったので、ジャックも旦那から貰った小銭でアップルサイダーを買って温まりました(^^) ところで、氷点下になる地方だからか、ホットワインもアップルサイダーもかなりの高温で、普段熱いモノも難なく飲み干す自分ですら、ジャックのアップルサイダーが舌に熱すぎて、少々冷ましてからお味見でした。その様子を見て、旦那とジャックが、あんなに非猫舌体質のマミーでも冷まして飲まないといけないということは、相当熱いんだ! と言って、十分に冷ましてから飲むようにしていました(ホントに熱かったです)
旦那は Bratwurst (ソーセージ)を見つけて、買って食べていましたが自分はお目当ての Haxen Haus のローストポークのお店を見つけてローストポークランチでした(^^)
Haxen Haus も Chimney Cake と並ぶ人気のお店で、少々並びましたが、外側はこんがりと、中は柔らかく火が通ったポークは大変美味しゅうございました(^^) 夕方から、今回の旅行のハイライトでもある Enchant Christmas Light Maze に行く予定だったので、食べ物を買った後は一旦ホテルに戻り、夕方以降の光の迷路に備える事に...
クリスマスマーケットは夜に来るとまた違った雰囲気で良さそうだと思ったので、ジャックが乗りたがっていたメリーゴーランドは夜のお楽しみにとっておき、クリスマスマーケット昼の部は終了。ちなみに、クリスマスマーケットに入るのに入場料をとっていて、事前に買った前売り券(← これは前もって買っておくと便利)がシーズンパスになっているので、年末までその券を見せれば入場無料ということになっていて便利でした... というか、クリスマスマーケットに入場料を課すんだ!?  カナダは!? と思ったのですが、まぁそこはカナダなので、深く考えない事にしようと思いました(^^;