2016年12月29日木曜日

冬休み13日目: Vancouver Aquarium ~ 水族館

木曜日は午後 4 時の Late Check Out までの間、ホテルから車で10 分弱の所にある Vancouver Aquarium(バンクーバー水族館)に行って来ました。冬休み中だからか? 平日にもかかわらず、水族館は駐車場から大渋滞で、入り口にも沢山の人が並んでいて Canada Place の前にある観光案内所で前売り券を買っておいてよかったと思いました。水族館も前売り券の方が少々お得な上、入り口で一般の列ではなくメンバー専用の入り口が使えてよかったです(^^)
水族館は屋外のプールと、屋内のエリアがあり、ノースウェストに生息する海洋動物達の他に、トロピカルゾーンではアマゾンなど、熱帯に住む魚や鳥や亀などもいて、なかなか見所がありました。 
トロピカルゾーンの浅い池の中にいた黒に白い斑点のあるStingray(スティングレイ、アカエイ)がかなり珍しくて、ここではこの白黒の Stingray の写真を大量に撮っていた自分でした(^^;;
屋外ではジャックが大好きな Sea Otters(ラッコ)達が昼寝をしたり泳いだりしていて、とても可愛かったです。ギフトショップ(お土産屋さん)でもラッコ関連の商品が色々並んでいて結局素通りできず、ジャック用にマグカップを購入(^^;;
ラッコのいるエリアの横では、小雨が降る中イルカのトレーニングのショーもやっていましたが、芸をするイルカよりも、ご褒美の魚を狙って絶妙なタイミングで飛んで来る一羽のカモメの(ズル)賢さに感動してしまいました(笑)
お土産屋さんの中には色々とセール品が並んでいて、ラッコの可愛さの前にも敢え無く屈してしまった上、伝説の(海の)ユニコーンと言われる Narwhal(北極圏に住む小型の鯨、日本語では "一角"=イッカク)のぬいぐるみもセール価格 & 珍しいぬいぐるみだったので、素通りできず購入。
Narwhal のユニコーンの角のような部分は Narwhal の歯が変形したものなのだそうです。小さい頃から、動物が出て来る教育的なアニメを見て育っているだけあって、動物全般に詳しいジャック。自分は Narwhal を最初は Swordfish(メカジキ)か何かだと勘違いしていたのですが、カジキではなく鯨の一種だと、旦那とジャックの二人から訂正されてしまいました(^^;; ラッコのマグカップも、この Narwhal のぬいぐるみも一応ジャックの誕生日プレゼントの一部という事で購入しましたが、この大きな Narwhal のぬいぐるみが、アメリカ再入国の際に Ice Breaker(アイスブレーカー=緊張をほぐすもの)の役割りを果たしてくれて助かりました(^^;; バンクーバー水族館は、また機会があったら丸一日かけてゆっくり見たい水族間でした(^^)