2016年12月31日土曜日

冬休み15日目: 大晦日は Pizza & Movie Night ~ Kubo and The Two Strings (2016)

アメリカでの生活も通算 20 年目になり、とうとう大晦日にピザを食べるような生活になってしまった事を嘆くというよりも、もぅ何でもいいよ、パトラッシュ... という心境になってきました(*´Д`) 例年、年越し蕎麦のかわりにうどんを食べていたのですが、旦那の Pizza & Movie Night 企画と重なってしまったので、じゃあもぅピザでいいよ、と、ホームシアタールームで、旦那の好きな Little Caesars の Deep Dish Pizza (今ならピザの生地の中にもペペローニとチーズが詰まっている!)を食べながら、"Kubo and The Two Strings (2016)" を見たのですが、この映画がとにかくもう秀逸で、素晴らしい~ッ!! の一言に尽きました。

この映画がリリースされた頃は、正直、日本が舞台で、サムライ系で、刀を持って戦う系のアニメ... と聞いただけで、なんだか、またですか~っ? (日本=サムライ、みたいなのってもぅ止めようよ~)と、映画館で観るのには反対だったのですが、DVD で見てみて、これは映画館で見ても全然問題ないレベルのアニメだと思いました。古いけれど斬新、今までにはなかったストーリーと、これまた古いけれど新しい音楽が秀逸で、高い評価や数々の賞を受賞している理由がいちいち納得できる作品でした。

この作品が日本で公開されていないのはあまりにも惜しいぞ! という感じですが、日本とは全然無縁な人達が作った日本がテーマのアニメとしては最高峰を極めている気がします。もしジブリの宮崎駿監督がこの映画を見たら、長編からは引退と言っていた彼の創作意欲に火が付いて、ワンパターンじゃない宮崎アニメを作りたい! と思うのではないかな? と真剣に思います。またアメリカで数々のアニメ映画で大ヒットを飛ばしている Pixar や DreamWorks の面々も、この映画を見て、「くそ~っ! やられた~ッ!!」と思っているに違いない... と思いました。

アニメ好きな人も、アニメは殆ど見ないというような人も、この映画は見る価値アリなので、機会があれば是非一度見てみるとよいと思います(^^)