2016年12月18日日曜日

冬休み2日目: 朝一から映画 ~ STAR WARS 最新作 ROGUE ONE(2016)

今日は朝一で近所の映画館へ噂の STAR WARS 最新作 ROGUE ONE (2016)を観て来ました(^^) Theory of Everything (2014)でホーキング博士の最初の妻を演じた Felicity Jones(=フェリシティ・ジョーンズ)が主役のこの映画、STAR WARS にあってもはや STAR WARS に非ず... というか、STAR WARS の音楽に乗せてお届けする、全然違う SF 映画だな~と思いながら終始見ていたのですが、好きか嫌いか? で言うと、この映画、前作よりも全然好きだわ~、と思えた一作でした。観に行く前に斜め読みしたレビューでは、高い評価に混じって、「これは完全に戦争モノ映画だから、子供に見せる時には要注意」というような話がいくつか目についたので、内臓が飛び出したりするようなシーンでもあるのかと思ったらそうでもなく... ネタバレになるとまずいので、内容については敢えて触れませんが、小学生以上の子供だったら問題ないんぢゃないかな? と思いました。

なんかもぅ STAR WARS の枠を越えているような感じがした映画でしたが、面白かったし、ぐっと感動する部分もあったのはやはり主役の演技が上手だからなのかな? と思いました(前作の STAR WARS で Rey を演じた Daisy Ridley(デイジー・リドリー)は、どこか少年っぽくて可愛い女の子的な印象はあったものの、演技そのものや、映画全体として見た場合なんだかドタバタ劇っぽくて "青いな..." と思いました)

あとは STAR WARS にあって STAR WARS に非ず... な映画を最後の 5 秒ぐらいでちゃんと STAR WARS の本線に戻して終わるあたりが上手いな~と、思わずニヤリとしてしまったエンディングでした。というわけで、STAR WARS 全シリーズの中でも一番好きかもしれない? と思えた ROGUE ONE でした(^^) 冬休み中におススメの一本です!