2016年12月24日土曜日

冬休み8日目: イブの夜の恒例行事(^^)

バースデーランチから帰った後は、まずはターキー(七面鳥)をオーブンに入れ、華氏 325 度で焼くこと約 3 時間半。前回サンクスギビングディナー用のターキーを玉ネギと一緒に焼いてみたら、玉ネギの香ばしい香りが充満してきて、ターキーの香りを上回るほどだったので、途中で玉ネギは取り出し、温野菜として食べたのですが、玉ネギのお焦げのおかげでグレービーソースの味が各段に良くなった、という思わぬ利点もあったので、今回も最初の一時間半は玉ネギと一緒にオーブンで焼いたターキーでした。
クリスマス明けからカナダ旅行の予定だったので、ターキーを焼いている間に、猫のお墓参りに行って、旅の安全祈願などをして来ました。旅行前に猫のお墓参りに行くと、何となく心が落ち着くので、家族旅行の前には大概猫のお墓参りに出かけている自分です。ちょうどクリスマスイブで手頃なお花が見つからなかったので、うちの庭に生えている木の葉や柊の木の赤い実をお供えして来ました。年始あたりにまたちゃんとしたお花を供えに行こうと思っています。
自分がお墓参りに出かけている間、家で留守番中のジャックにオーブンの見張り番をして貰っていましたが、20 分程外出して戻って来たら、出かけた時同様、ターキーはオーブンの中で大人しくしていました(^^) だいぶ手慣れたせいもありますが、スタッフィング無しの状態で焼く場合は、失敗する可能性はほとんどゼロに近く、家族からも好評のターキーディナーでした(^^) 今回も 10 LB 強のターキーで、3 人家族でディナー 3 日分ぐらいの適量でした。(今回は旅行で不在になるので、クリスマスディナーの後の残り物は全て家に餌を貰いに来るアライグマ達の胃袋へ... (^^;)
イブの夜、ディナーを終え、シュガーレスアイスクリームを添えた手作りのアップルパイを食べた後は、ジャックのお待ちかねの恒例行事=イブの夜はプレゼントを一個開ける日、でした。朝からワクワクしながら待っていたジャックは、暖炉の前に下がっているストッキング(靴下)の中から、ダディ用、マミー用とジャック用にそれぞれ一個ずつプレゼントを選んで持って来てくれて、みんなでプレゼントをチェック。自分が貰ったのはこちらのミニパズルセット。早速遊んでみましたが、バラバラにする前に写真を撮っておいてよかった~と思いました(^^;; 
ジャックが貰ったのは、昨年、ロサンゼルスの TAR PITS(化石博物館)で買った化石の玩具でした。実は買った事すら今まで忘れていたのですが、クリスマス前に偶然発見したので、今年の Stocking Stuffer になったというオチ(^^;; 博物館で売っている玩具類は結構ちゃんとした品質の物(有害物質などが含まれていなくて教育的なモノ)が多いので、割と安心して買って来るのですが、この玩具、スライムの中に玩具の化石が入っているのかと思ったら、スライムどころではない硬さでかなり楽しかった模様(^^)
旦那が開けたプレゼントの中には、ジャックが州立公園で拾って大事にしていた岩石が入っていて(← 男の子はやたらと石を拾って帰って来るのです^^;;)自分やジャックが開けたプレゼントとは違って全然遊べない一品でしたが、「わぁ~。ありがとう! ジャック!会社に持って行って飾るよ^^!」と大喜びして見せるあたりに旦那のジャックへの愛情を感じました。イブの夜は興奮しているジャックを寝かしつけるのに一苦労で、しかもちゃんと寝ているかどうかチェックしに行ったら、ジャックは実は寝たふりをしてベッドの中で iPad で遊んでいる事が発覚し、寝る前に「サンタさんはうちにはきっと来ない」とギャン泣き(;´Д`) 泣いても笑ってもあと 1 時間半でクリスマスだから、♪ better not cry ♪ とサンタが町にやって来るの歌詞の一節を引用しながらとっとと寝るようにと言い聞かせるのに一苦労でした(苦笑)結局さらに1 時間ほど様子を見た後、ジャックも眠りについたようだったので、ジャックがサンタ用に準備したクッキーを食べ、2 時間ぐらいツリーの前に放置されていた牛乳を飲み(^^;; ジャックが書いたサンタさんへの手紙には旦那が返事を書き、隠しておいたプレゼントをツリーの下に並べて、あたかもサンタクロースが煙突からやって来たように見せかけるべく暖炉のカバーをちょっとずらしておいたり(← 妙な所は芸が細かい旦那^^;)、やっと今年のシークレットサンタミッションも終わったーっ! と思った所へ、ジャックがトイレに起きて来て、うわーーーっ! と内心慌ててしまった自分でした。かなり眠そうな顔でトイレに入って行ったので、多分ツリーの下には注意を払っていなかったと思ったのですが、下手にジャックに話しかけて目が冴えてしまうと困ると思い、自分はあくびをするふりをしながらマスターベッドルームへと退散。旦那は、トイレの前に立ってジャックが子供部屋に戻って行くのを確かめてからベッドルームにやって来ましたが、ジャックがもしかしたら起きているかもしれない事を想定して、Apple の AirPlay 機能を使ってリビングルームのスピーカーから、「HO! HO! HO! Merry Christmas!」というサンタの音声を流して、マスターベッドルームから耳を澄ませていました。ジャックが聞いていたらちょっと素敵かもしれない... と思うぐらい、サンタクロースらしい声色のおじさんの音声でした(^^) サンタさんの音声の後は、自分も旦那もさすがに疲れて翌朝ジャックに叩き起こされるまで熟睡でした(^^)