2016年12月2日金曜日

お歳暮のシーズン & メディアの悪意(^^?

今年は母の日父の日、両親の誕生日にお歳暮まで、うなぎのたなかさんの鰻を送る、うなぎ一色な一年でした。昨年のお歳暮は、高齢の親の健康も考えて低カロリーなカニ缶とお茶漬けのセットを送ったのですが、うなぎのたなかさんのうなぎはとても美味しいと、うちの両親も毎回喜んで食べているので、今年最後の締めくくりのギフトは鰻に決定。ちょうど発送完了のお知らせメールが来ていたので、実家に電話をして、お歳暮が宅急便で届くという話を実家の母にしていたら、玄関の呼び鈴が鳴る音が電話越しに聞こえて来て、ちょうど鰻が届いた所で母も喜んでくれました(^^)

いつもブログで家族の近況を見ている母が、家族の写真付きのブログを見て(夫婦仲が悪いと言っている割には^^;;)結構仲良くやっているようなので安心している、と言っていたので、いや、相変わらず旦那にはキレまくっていて、フライパンで殴りつけたくなるような日も多々あるけれど、そんな事をした日にはジャックの将来がお先真っ暗になってしまう! と思って、思いとどまっている... というような話をしていたのですが、自分的には、自分達が仲の良さそうな家族に見える写真がこれだけネット上にあれば、万が一旦那をフライパンで殴り殺してしまったとしても、凶悪そうな顔写真が CNN ニュース(全国区のニュース)で流れる事はないんぢゃないか(^^? と。巷の犯罪ニュースを見ていると、加害者・犯罪者の写真がとにかくヒドイ(苦笑)あれはちょっと悪意が入っているよね? と(相手が犯罪者でも)思いたくなるぐらい、メディアで流れる犯罪者の写真は、目が半開きだったり、目つきがわるかったり、必要以上に太って見えたりで、「ほーら、こんな犯罪を犯す輩は、見るからにヤバそう」みたいな感じなのですが、後々他の写真や、裁判の様子などがテレビで流れると、事件当初に流れる顔写真とは全然違う(もっとまともな顔をしている)事が多く、こういうのもメディアによる情報操作なんぢゃないか? と思うのよ... という話を母と話していました。だいたい世の中の犯罪者は、いい人ぶって近寄って来る人も多いから、第一印象はむしろ良いぐらいの人物なのでは? と思うのですが、できれば加害者、被害者、どちらの側でもニュースに登場する事がない人生を送りたいものです(^^) とりあえず、無事にお歳暮も届き、高齢の両親が年末年始にかけて風邪などひかずに今年も無事に年を越せますよう!