2016年12月12日月曜日

家族旅行: Leavenworth 食べ物編

Leavenworth に来ると、毎回老舗のレストラン Andreas Keller で食事をして帰るのですが、今回もChristmas Lighting Ceremony の後の夕食は Andreas Keller でした... が、その前に、ランチに行ったのが左の写真のお店、Pavz Cafe Bistro でした。このお店は Front Street に面した窓ガラス越しに、クレープを焼くシェフの姿が見えるお店で、外から見る限り雰囲気はかなりそさそ気なお店でした。
カスタマーレビューもよかったのでかなり期待値は高かったのですが、Leavenworth は海から遠いので実は魚介類系のお料理は海に近いシアトルと比べると、ちょっとボリューム不足かもしれない? と腹ペコな自分は思いました。ちなみに自分が注文したのはムール貝のワイン蒸しでした。ムール貝のワイン蒸しにはちょっとウルサイ自分(^ー^)なのですが、余計なスパイス(カレー風味とか Cajun Spice やら、何にでもパプリカ)をかけすぎるとか、日頃そういうワイン蒸しは失格だと思っていたので、ボリュームはともかく、味付けに関して言えば合格な Pavz Cafe Bistro でした(^^)
Christmas Lighting Ceremony の後は Andreas Keller でのんびり夕食。昨年のドイツ旅行以来すっかりファンになってしまったGlühwein(ホットワイン)。レストランの受付けの所に、値札が付いた Glühwein のボトルが置いてあったので、ドリンクメニューを見るまでもなくここは Glühwein を頼まねば(^^! と思って迷わず注文しましたが、シナモンスティック入りの熱々の Glühwein は香りといい、味といい(冬のホットカルピスを超える)美味しさだと思いました(^^)
旦那は毎日毎食このレストランに食べに来ても飽きないと思う... と豪語するほど Andreas Keller のお料理が好きで、特に大好物なのが Schnitzel(=シュニッツェル、カツレツ)です。自分は Schnitzel より日本のトンカツ(フィレカツ)の方が断然好きなのですが、トンカツを食べて育っていない国の人にとってみれば、これぞまさにトンカツなのかもしれません(ソースの味が全然違うので、トンカツ一本勝負にするにはちょっと無理があるかも^^?)デザートはこれまた定番の Apple Strudel で、Birthday Trip で好きなお料理も食べられお腹いっぱいな旦那でした(^^) 
二日目の朝はホテルの朝食でワッフルや、オムレツにフルーツやヨーグルトとコーヒーで、割と朝からしっかり食べてしまいましたが、ジャックとそり遊びをしたり、ぶらぶらショッピングをしているうちにお昼にはまたしっかりお腹が空いたので、今度はイタリアンレストランを試してみる事に... 最近ではお寿司屋さんもあるのですが、海から遠い田舎町の寿司屋は信用できないかも... という旦那の言葉に自分も同感で、Visconti's というイタリアンレストランへ行ってみました。 
お洒落なバーと、窓に囲まれたダイニングエリアがあり、週末はさぞかし混んでいそうなレストランでした。月曜日だったのでランチタイムでも家族連れが 3 組ぐらい、バーには昼間っから飲んでいるおじさんが二人座っていただけで、とても 空いていました。で、お味の方ですが、ここはボリュームも味も合格点のお店でした(^^) ジャックも自分もパスタを注文しましたが、パスタのソースが濃厚で美味しかったです(^^)お料理が出て来るまでの間に紙のテーブルクロスいっぱいに落書きをして遊んでいたジャックは、仕上げに Merry Christmas と書いて満足気にお店を後にしました(^^)  
ジャック曰く、「Merry Christmas」はお店の人へのメッセージなのだとか(^^) 食後のコーヒーは結局(かわいいカフェではなく)普通にスターバックスのコーヒーでしたが、スタバにあった季節商品の Gingerbread House と Ugly Sweater Cookie がちょっといい感じでした(^^) 旅行前まで、前回のダイエットの成果(マイナス 5 パウンド=約 2.3 kg ぐらい)をキープしていたのですが、旅行中はやはりどうしても太る傾向で、 2 パウンドほど身になってしまった模様(^^;; 次の旅行までにまた減量に励まねば...