2016年12月4日日曜日

Winter Wonderland ~ 今年初の雪遊び@Hyak(^^)

日曜日は午後から Hyak Sno-Park へ行って来ました(^^) ここのところ暖冬続きで、平地に雪が積もる日が少なくなったな~と思っていましたが、今シーズンは雪の当たり年になりそうで、月曜日はシアトルでも雪が降るという天気予報にワクワクしていたジャック。ローカルニュースの天気予報では、山の方は結構雪が積もっているようで、来週末の峠越えの予行も兼ねてスノコルミ峠に行ってみますか... ということで、午後から雪山方面へ... 
交通情報のサイトに表示されているライブカメラからのフィード画像通り、道路自体には雪がなく、制限速度が低めに設定されていましたが、それ以外は通常通りスムーズに流れていました。来週末も路面はこんな感じだと峠越えが楽そうなのですが、先日も事故で I-90 が双方向区間閉鎖になったりしていたので、出かける前の交通情報は要チェック!
Hyak Sno-Park の入口で、Discover Pass(州立公園へのアクセス用)を提示して、Sno-Park の Day Pass=一日パス(冬の間はスノーパークになるので、Sno-Park 料金がかかります)の料金 $20 を払って駐車場へ... ここは暖房付きのトイレも完備なので子供連れにもよい Sno-Park です。スノコルミパスのスキー場は日曜日の時点ではまだオープンしていませんでしたが、12 月 6 日火曜日からオープンな模様。ちなみにスキー場には Sno-Park 料金はかかりません ← リフト代やビール等の出費はアリ(^^;
ジャックは約 2 年ぶり? の雪の Hyak で大喜び(^^) 子供は一年で体のサイズが変わるので、持っていたウィンターブーツも親指が当たって痛い(><)と言うので、ジャックが生まれる前に使っていたクロスカントリー用のブーツを履かせていたのですが、ちゃんと紐を結んでいなかったりして、雪の中でブーツが片方脱げてしまったのには大慌てでした。でも、子供なのでブーツの中に多少雪が入っても全然気にならないようで、ひたすら雪遊び ← 手袋の内側がちょっと濡れただけでも嫌な自分には耐えられないような状況なのですが、子供はそんな事は気にしない模様(^^;;
こちらはジャックの Snow Angel。 数年前までは自分も率先して Snow Angel を描いていましたが、フカフカの新雪に飛び込まなくなったのは、間違いなく自分も大人になったんだな~と思いました(笑)旦那も、自分達ぐらいの年齢になると転ぶのが一番危険だ悟ったようで、雪の中を犬のように走り回るジャックとは対照的に、足元を固めながら転ばないように歩いていましたが、その割にはお手洗いに行こうとして、駐車場付近で見事に転んでいた旦那。
メインの Sledding Hill(そり遊び用の丘)はこの程度の積雪ではまだ足りないようで、準備中だったので、お子様用の段差が少ない雪遊びエリアでそり遊びでした。 Hyak Sno-Park は 4 時半で閉まるとの事でしたが、2 時過ぎに着いたので、明るいうちに十分遊ぶ時間がありました(^^) 過去の例では、閉まる間際に来ても Sno-Park 料金の割引きなども何もなく、フルにチャージされるようになっていて、料金所で引き返す車を見かけた事もありました。少なくとも閉まる 1 時間半ぐらい前に到着するとよいかもです。
"年寄りは油断禁物" だと思っているのですが、"kiddy hill"=お子様用の雪遊びエリアだったら転んでも大丈夫かな(^^? と、旦那も自分もジャックと一緒に二人乗りで滑ったり、シングルライドで滑ったりして遊びました(^^;; 小学校のアフタースクールアクティビティにスキー教室があるのですが、去年は雪不足で確かキャンセルになっていたようなのですが、今年は雪に恵まれたシーズンになりそうです(^^)
スキー場からは少し離れた所にある Hyak。ここに Espresso Stand を作ったらさぞかし繁盛するだろうと思うのですが、暖房付きのトイレ以外には何もないので、前回同様水筒とホットチョコレート(ジャック用)とシュガーレスアップルサイダー(=ホットドリンク用の粉末、旦那用)持参で行きましたが、雪山で飲むホットチョコレートとアップルサイダーは旦那やジャックにも大好評でした(^^) なんだかんだで 1 時間半ぐらい雪遊びをして帰りましたが、誰とでもすぐに仲良くなるジャックは、雪遊びをしていた同い年ぐらいの男の子と友達になり、そりを交換して遊んだりしていました。その間自分達はその子のお父さんと立ち話をしていたのですが、「もぅ帰る時間! と言っても全然帰れないんだよね^^;;」と、その子のお父さんも苦笑いするぐらい、子供達は楽しそうに遊んでいました。兄弟がいなくてかわいそうだと思う反面、兄弟がいないせいか逆に、どこに行ってもジャックは遊び相手になりそうな子を見つけると、恥ずかしがらずに声をかけて友達になり、そういう所は実にいいな~と(親バカですが)いつも思います(^^) そんなこんなで、今年初の雪遊び@Hyak Sno Park でした。