2017年1月30日月曜日

ジャックの 10 歳の誕生日(^^)

ジャックもとうとう10歳になってしまいました。あっという間の10年で、生まれた時はあんなだったジャックが、10年後にこんな風になっているとは、10年前には全然想像もしていなかったのですが、キレやすい母親と、叱られてばかりの旦那の間で、とてもいい子に育ってくれているのが(親バカですが)自慢です(^^) 
物理的な可愛さのピークは 5 歳ぐらいで峠を迎え、仔猫の時期は終わったな~と思うのですが、多分ジャックは自分や旦那が想う以上に自分達の事を想ってくれているようで、ある種忠犬ハチ公みたいな感じすらするというか、人生で誰かにこんなに好かれた事はないかもしれない... というレベルの愛情をジャックから感じます(親からじゃない所がミソ^^?)
月曜日は、半日ジャックの 10 年間の写真をざっと見ながら、左上のフォトコラージュを作っていたのですが、振り返ってみると、仕事に追われていた共働き時代も随分と山へ、海へと出かけていたな~と懐かしく思いました。いい写真がたくさんありすぎて、"その年の一枚" を選ぶのは至難の技でしたが、とりあえず年齢が二桁のグループになり、これから 99歳まで長くて楽しい二桁の人生を生きてくれたら... と思います。実はこのフォトコラージュと並行して、10年間のクソ写真(目が半開きとか、メチャクチャ不細工なアングルとか)コラージュも作ろうと思っていたのですが、毎年大量の写真を撮っているとクソ写真だらけで(笑)これぞこの年一番のクソ写真というのを選ぶのが大変で挫折してしまいましたが、企画としてはかなり面白いかな(^^? と。特にうちでは旦那が異様に写真を撮るのが下手なので、ジャックと自分の最低なアングルの写真とか、ピンボケ写真とか、ホントに山のようにあって...(苦笑)そんなわけで、比較的まともな顔で写っている写真によるコラージュですが、ものすごいお金持ちでも、とんでもなく貧乏でもない、普通の中流家庭の子供として育つジャックの 10 年間の人生を振り返ると、Life is good : ) と心底思います。あと 10 年、ジャックが社会に独り立ちするまで、色々な面で支えになってあげられたら、と思います。でも、一度巣立って行ったら、自分がそうだったように、完全に親離れして、親に迷惑をかけたりせずに自分の人生を歩んで行って貰いたいものです(笑)← そこら辺が "子供が命" みたいなお母さん達との違いかな~と思います。

親になってみると、子供と暮らす時期というのは自分達が思っている以上に短いんだ、という事を痛感し、そこに気づいたら、一緒にいるうち(=親の保護観察下にあるうち)は、子供に伝授してあげられることは何でも伝授して、一緒に色々な経験ができるうちは一緒に楽しもうと思っています(^^)

ちなみに、バースデーケーキは先週の金曜日に既にジャックの友達も含め、半分ぐらい食べてしまったのですが、一応誕生日なので、ロウソクを立てて Happy Birthday の歌を歌ってお祝いでした(^^)