2017年1月1日日曜日

冬休み16日目: Bubble Thing で超巨大シャボン玉なお正月(^^)

早朝に雪が降ったものの、2017 年のお正月は風もあまりなく、まぁまぁなお天気に恵まれた一日でした。風が吹いていたら、♪お正月には凧あげて~♪ の歌ぢゃないですが、凧でもあげたい所でしたが、今日は微風程度だったので、先日試しに使ってみた Bubble Thing と食器洗い洗剤 DAWN で作ったシャボン玉液を持って近くの公園へ(^^) Bubble Thing は自分からジャックへのクリスマスプレゼントの一つで、巨大なシャボン玉が簡単に作れるという触れ込みの製品です(^^)
年末のブログの更新が昨年中に終わらず、少々話が前後してしまいますが、カナダ旅行から帰って来た後、Bubble Thing を試しに使ってみたところ、最初は思ったようにシャボン玉ができなくて、どうも買い置きの既成のシャボン玉液では期待した結果が得られない、という結論に達し、パッケージについていた説明書を参考にしながらキッチンにあった食器用洗剤と、パッケージについてきた Big Bubble Mix なる謎の粉末を混ぜ合わせてみたらかなりいい結果が得られたのでした。そんなわけで今日は食器用洗剤の DAWN を買い足して近所の公園へ...
説明書きにあった、巨大なシャボン玉作りに適した条件を読んでみると、湿気の多い日が良い、曇りの日が良い、寒い日が良い、風が吹いていない日がよい等々、そんな日がシャボン玉に適しているとは知らなかったのでとても参考になりました。ちなみに今日は寒くて風もなく、まずまずのシャボン玉日和でした(^^) 
DAWN で作ったシャボン玉液ですが、水ではなく、沸騰したお湯を使っていて、写真ではわかりにくいと思いますが、実はシャボン玉液からはホカホカと湯気が立ち上っていました。 
ちなみに説明書では温水と洗剤の比率は 16 対 1 となっていました。自分は目分量で作っていますが、DAWN の青色があまりにも淡い青色になっていたら水(お湯)の入れ過ぎで、適度に青い液体の状態だったら、割れないシャボン玉 & よく飛ぶシャボン玉ができます(^^) 
風が吹いていない状態では、ゆっくりと回転するように動くと長いシャボン玉ができます。風が少しでも吹いている時に動くとシャボン玉が割れやすいので注意が必要ですが、逆に微風が継続して吹いている場合は、じっとしていても面白いようにシャボン玉ができます(^^) 
自分も試しに巨大シャボン玉作りに挑戦してみました(^^) ちなみに遊んでいると、手が食器洗い洗剤で泡だらけや、またはかなりベタベタするので、お手拭き用にタオルやペーパータオルは必須です。今日はかなり寒い日だったので、水筒にお湯を入れて持って来ていて、手を洗うだけでなく、手を温めるのにも随分と役に立ちました。
お正月でいつもよりも公園には人がまばらにしかいませんでしたが、遊びに来ていた子供達がこの超巨大シャボン玉を見逃すはずがなく、ジャックは集まって来たチビッ子達のためにシャボン玉を作ってあげていました(^^) 対象年齢 6 歳 ~ 99 歳という、この Bubble Thing は 2016 年のクリスマスプレゼントの中でもかなり楽しいプレゼントで、買った自分としても大満足の一品です(^^) 
チビッ子達は持っていたライトセーバーやら剣の玩具でシャボン玉を嬉しそうに突いては割って遊んでいました(^^) Bubble Thing でチビッ子達と遊んでいるビデオはこちらのリンクにありますので、ご自由にご覧ください(^^) というわけで、2017 年の元旦は家族で巨大シャボン玉な一日でした(^^)