2017年1月21日土曜日

2TB に chkdsk /f な土曜日(;´Д`)

一月の頭から Seagate の 2TB バックアップドライブ(デザインがスリムだったのと、値段が WD の My Passport より安かったので買ったバックアップドライブ)に家族の写真やらビデオ、その他ジャックの代まで残してあげたいような自分の若かりし頃の写真やら猫やら近所の動物達の写真をせっせとバックアップしていたのですが... Seagate はケーブルがちょっと弱い気が(中で断線してないか? 疑惑やら)して、次回バックアップドライブを買う時にはやっぱり WD にしようと思ったのですが、巷では反トランプ大統領の女性達の大行進が行われている頃、自分は「このドライブにはエラーがあります。スキャンを実行しますか?」みたいな寒いメッセージが何度か出て来て、2TB のドライブに chkdsk をかけていました。スキャン後に「修復しますか?」のメッセージがでて、ふと、ドライブに chkdsk をかけるのは 4 年ぶりぐらい? と思って自分でもびっくり。これは色々な面でハードウェア環境が安定してきたのか、会社時代のように(予算の関係で)古いマシンをいくつかキープ(テストチームの VM 上に環境がないような、古い OS とか、自前でキープしている人もまだいた気が... ^^;;) しながら騙しだまし使うというような事もなくなったから? なのかもですが、頻繁に(しかも強制的に)行われる OS のアップデートなどもなくなって、マシンやドライブに chkdsk やデフラグをかける事が本当になくなりました。幸いドライブのエラーとやらはものの 5 秒程で修復できましたが、買って間もない大事なバックアップドライブが時々妙なビープ音を立てたりして、安定性に不安が残る Seagate。いつかこのドライブもさらに大容量のドライブに移し替える日が来ると思いますが、それまでは壊れずにいて欲しいものです← 壊れたらマジで泣きそう!