2017年1月22日日曜日

あっという間に冬季トレーニング 3 週目

カンフー道場での Potluck 餃子パーティーの後はリトルリーグの冬季トレーニング(Winter Workout)へ。 旦那は今日は寝て曜日で、餃子パーティーから帰って来てもまだベッドルームで寝ていたので、旦那は家に残してジャックを練習場へ連れて行きました。今日のトレーニングは、次の日曜日に予定されているスキル評価の最終調整という位置付けなのですが、もうちょっと練習してからの方がスキル評価でいい結果が出せるのでは? と思っていて、時間があったら今週中に一度バッティングセンターに連れて行こうかな? と思案中。 
練習場から旦那に電話をかけて、いい加減起きて練習を見に来るかどうか聞いたら、寒いから家にいる、キミも家に帰って来たら? (ジャックもいないし、二人っきりになれるし^^?)などと言っていたので、ジャックはダディ―とマミーにいつも見ていて欲しいタイプの子だから、出て来たら? と言ったら、じゃあ一緒に迎えに行くから、とりあえず帰って来たら? と言うので、一旦家に帰ったら、案の定、「マミーとダディ―見ていてくれなかった!」と言って怒っていたジャック(ゴメンね~ジャック~) 
自分が小学生の頃の友人で、同じミニバスケ部にいた子が、試合の時に親が見に来ているとものすごい得点率で、運動会の時に親が来るだけでも緊張していた自分とは正反対だな~と思っていたのですが、ジャックもその友達のように、親が傍にいると精神的にリラックスできるらしく、やっぱり一人っ子で甘やかされて育っているとそーゆー傾向にあるのかな? と思いました。一時間半の練習をずっと見守っている親もいますが、携帯でゲームをしたり、メールを読んだりしている親も多々。でも半分以上の親は入り口で車から降ろした後は練習が終わった頃に迎えに来ている模様。そのうちジャックも親離れするだろうと思うので、それまでは他に用事がない時は、旦那共々ジャックの野球の練習や試合は見に来てあげたいと思いました。