2017年1月12日木曜日

理科の実験(^^? シャボン玉も凍る寒さ

学校から帰って来るなり、「自転車に乗って学校まで遊びに行って、遊んだ後はキャッチボールの練習をして、その後はシャボン玉を作りたい! 」と言うジャック。いや~その前に宿題を済ませようよ~と言うと、宿題をやっているうちに日が暮れてしまうと言うので、「そんな事ないよ! ジャック、いつも宿題はチャチャっと済ませてるじゃない?」 と、母親的にはまず宿題! という姿勢で臨んだのですが、結局、自転車で遊びに行くのを諦めるかわりに宿題の前にシャボン玉を作って遊ぶというという話に落ち着いたのですが、うーん、うまいこと丸め込まれてしまったか...^^;; >自分
毎年 3 月に小学校でサイエンスフェアがあり、一年生の頃からジャックも任意のテーマで理科の実験結果をプレゼンテーション(展示)ボードで発表しています。例年 2 月の Mid-Winter Break(冬休みパート 2)が終わったあたりからテーマを決めたり、展示ボード作りの構想を練るというスケジュールなのですが、今年のサイエンスフェアのテーマはシャボン玉関連にしよう(^^! と既に心を決めているジャック(^^) クリスマスにこの Bubble Thing(巨大シャボン玉作成ワンド)をプレゼントにしてよかった~とここでもニンマリ(^^) 遊びながら理科の実験ができるので、手伝う方も楽しめてよいです(^^) 
毎年それなりに面白いテーマを選んでいるつもりなのですが、シャボン玉は身近な上、かなり楽しいテーマかと(^^) ところで、南極ではシャボン玉も凍る .. という話をネットで見かけたのですが、色々な人達の投稿写真から、実は南極じゃなくても、カナダとかアメリカの北部とか、多分北海道あたりも、気温が氷点下になる場所だったらシャボン玉が凍る様子が見られる、というので、ジャックと庭でシャボン玉遊び兼理科の実験(^^) 最近朝の冷え込みが激しく、朝は氷点下、日中は多少気温が上がるものの、それでも最高気温摂氏 3 度みたいな日も多く、日陰(木陰)に落ちている氷は何日も溶けることなく残っている状況。
さすがに浮遊しているシャボン玉が凍るほどの寒さではないものの、地面に着地したシャボン玉が暫く壊れずに地面にくっついているなぁ~と思っていたら、そのうちシャボン玉が割れてしまったのですが... 
割れた後に、球体の底の部分の一部が凍っている様子を観察する事ができました。この実験、冷え込みが厳しい朝一にやるとよさそうです(^^) 安いプレゼントでしたが Bubble Thing、お遊び用としてだけでなく、今年のサイエンスフェア用のツールとしても大活躍してくれそうです(^^) ジャックはクラスで実演したがっているのですが、無風状態に近い構内で、食器洗い洗剤が入った液がダラダラ垂れても OK な場所はちょっとなさそうなので、とりあえず、ビデオやら写真をひたすらデータとして残している所です(^^)