2017年1月23日月曜日

Cub Scouts チーム対抗そり競争(^^)

月曜日の夜は隔週で Cub Scouts のミーティングやイベントがある日で、この日は子供達が昨年から作っている段ボール箱でできた "そり" によるチーム対抗そり競争当日でした(^^) 年齢別のグループ(Den)毎に、みんなで力や知恵を出し合ってそりを作り、前回のミーティング(2 週間前の今日)には、デコレーションの仕上げと、耐久性を見るための試し乗りをしていましたが、今日はその本番のレースの日(^^) オレンジのスカーフの子達が一番年下のグループなのですが、一番統率が取れているのは Den リーダーの指導の賜物なのだろう... と旦那と話していました。
黄色のスカーフのグループは、二番目に小さい子達のグループで、こちらは最初のレースの前に子供達が紐を引っ張り過ぎたせいか、段ボールがバラバラになってしまい、急遽補修した結果、ちょっと違うデザインのそりに生まれ変わってのレース参加でした(^^) レースは大部屋に作られたコースをぐるりと一周する時間を競うもので、いかに効率よくカーブを曲がりきるか? がかなり大きなポイントでした。 
水色のスカーフ姿の子供達は、年齢層で言うと一番真ん中の年齢層のグループで、割とまとまりのよいチームだと思って見ていたら、ちゃんとルールを聞いていなくて、ゴールの手前でゴールしたと勘違いしてみんなまったりしてしまい、好記録を逃してしまったうっかりさんチームでした(笑)せっかくいい線行っていただけに惜しかった!
こちらは一番年上の子達のチーム。この子達は来年度はボーイスカウトに進む年齢の子供達で、今日のレースでは知力、体力ともに一番の強豪だったのですが...意外な所に意外な強敵が隠れていました(^^)
落ち着きがなく、スカウトリーダーの話もちゃんと聞いているようで聞いていなかったりするジャック達のチームが、今日は日頃見せないようなチームワークを見せ、そりにも一番乗りたがっている子ではなく、ちゃんと一番体重が軽い子という戦略に則って A 君を乗せ、ものすごい勢いでコースを一周。A 君はどちらかと言うと "豆粒みたいな子" のカテゴリに入る同級生の中でもチビッ子な子ですが(← 飛び級していて実は年下なんぢゃないか? といまだに思っている自分^^;)「小柄でラッキー(^o^)」と、そりに乗る役になれた事を心から喜んでいました(^^)
全部で 3 種類のレースがあり、ジャック達の、日頃落ち着きが足りないチームは 2 種類のレースで優勝という誇らしい結果にみんな大喜び(^^) 前回のミーティングの時にスカウトリーダーが、そりには全員が交代で乘る機会があるから... と言っていたらしいのですが、時間的にも絶対それは無理だろうな~と思っていたので、ジャックには出かける前に「みんながそりに乗りたがってもめたら、勝つためには、一番軽い子が乗るべき! と、言うように!」とアドバイスをしていたのですが、後で聞いたら、ほとんどの子供がその意見に初めから賛成だったとの事で、そりに乗れる子一人に対して、そりを引く犬役がその他全員という状況で喧嘩にならないか心配していましたが、意外と大人だったジャック達のグループを今夜はちょっぴり見直しました。そんなわけで、観客の親達も興奮のチーム対抗そりレースでした(^^)