2017年1月14日土曜日

MLK Day 三連休 Day 1: 雪山でスノーシューハイキング(^^)

月曜日が Martin Luther King Day (キング牧師の日)で学校がお休みということで、今週末から三連休(^^) 朝起きて、外を見たらなんともいいお天気で、これは外に出かけないと勿体無い! と思ったのですが、どこに行こう? とダウンタウンシアトル? 海方面? それとも山方面? とあれこれ考えていたら、たまたま聴いていたラジオ番組から、「こんなにいいお天気だったら山に行かなきゃ! でも安心して山に行ける車が必要? 心配ご無用! Bellevue Cxxxx Volkswagen には Tiguan をはじめ、雪山にも安心して行ける車が各種取り揃えてあります!」... って番組ではなく車のCMでした。 
ちなみに、自分の Tiguan はまさにそのディーラーで買ったもので、ラジオのCM は本当に、うん、うん、まさにそう! と思わせるストーリー展開で、こうやって四駆の車を売っているんだな~(巧いな~)と思いました(^^;; というわけで、そのCM のおかげで、Snoqualime Nordic Center(スノコルミ ノルディック センター)へ。今日はそり遊びの丘もかなり楽しそうでしたが、I-90 の Exit 42 付近でそり遊びをしている人達を見かけ、そこだと無料だからこんなに人が集まっているのか~と思いました。 


Nordic Center(ノルディックセンター)は、I-90 を Exit 54 で出た所にあるスキー場(Summit East)にあり、Cross Country Ski(クロスカントリースキー)や Snowshoe(スノーシュー)のレンタルや、ガイド付きスノーシューツアーやクロスカントリースキーやスノーシューのレッスンなどのサービスも提供しています。ダウンヒルのスキーエリア(Summit East)は Summit West や Summit Central に比べると比較的空いているような気がします。この日は道路も駐車場へのアクセスも四駆じゃなくても楽勝なコンディションでした(^^) まさにスキー日和!
旦那と結婚する前は、会社の同僚のドイツ人 S の紹介で Winter Sports 友の会のようなグループ(← 皆さんとてもいい人達だったのですが、ほぼ全員がベジタリアンだったのが当時は辛かった...)にくっついて、週末はレニア山へクロスカントリースキーに行ったり、ワシントン州内の Sno Park へクロスカントリースキーやスノーシューハイキングに行っていたのですが、旦那と結婚後は(9 割が独身男性というグループだった事もあり)そのグループからはすっかり足を洗い、同時にアウトドア派ではない旦那と一緒の過去 10 年間はスノーシューハイキングも封印状態でした。
うちの旦那、スキューバダイビングも、スキーも、独身の頃はやっていた(押入れには、埃をかぶったスキューバダイビングのギアやら、一度も履いている所を見た事がないスキーパンツやら...)のですが、思うに、それらの全ては女性に少しでもモテたい一心でやっていた? ようで、 自分と結婚した事で、もう自分磨きは不要みたいな感じ(← ボクにはもぅ Forever My Sweetie=フォーエバーマイシュゥイ―ティー がいるからね(*´ω`*) グフフ)な事を結婚当時からよく口にしているのですが、最近は結婚生活が 10 年もった事で、妙な余裕(自信^^?)を見せている旦那(ーー;
そんなこんなで、約 12 年ぶりにスノコルミでスノーシューハイキング(Snowshoe hiking)でしたが、リフトに乗っているスキーヤーやスノーボーダーの人達が軒並みフレンドリーで(自分が首から Nikon のカメラを提げていた上、スキーパンツの上に皮ジャンという雪山装備とはちょっと違う服装だったのでカメラマンか何かだと思ったのか、「調子はどーだーい?」、「ハロー!」みたいな、歩いていると頭上から声をかけられまくりでした(^^;;
昨年と違って今年は雪に恵まれたスノコルミスキー場。スノーシューハイカーは、クロスカントリースキーヤー用に整備されたトレイルを歩くようになっていますが、クロスカントリースキー用には、初心者でも簡単に楽しめるよう、トレイルの両端にスキー用のトラック(溝が二本ずつ掘ってある=groomed trail)が整備されていて、子供からお年寄りまで楽しめるようになっています。スノーシューハイカーは決してこの溝の上を歩かないように! というのは大事なエチケットです。
このコースでは、一番きついのは実は最初の 5 分(人によっては 5 分以上かかるかも^^?)で、クロスカントリースキー用のトレイルの入り口まで登ってしまえば、あとは割とアップダウンが少ないコースになっています。クロスカントリースキーヤーはベテランになればなるほど、皆さん軽装で滑っていますが、スノーシューもクロスカントリースキーも実はかなりいい運動量で、動いている間は体はホカホカ、場合によっては汗ばむほどの運動なので、あまり着込んで来ない事がポイントです!
このコースでは半分ぐらいは森の中のお散歩という感じで、サングラスも必要ないぐらいなのですが、木があまりない所では、やはり雪からの眩しいくらいの照り返しもあるので、日焼け止め&サングラスは持っていた方が便利です。 
土曜日は風もほとんどなく、静かな森の中をスノーシューがパウダースノーを踏む時のポフポフという音や、クロスカントリースキーのシャーッ、シャーッという音が心地よく響いていました。写真を撮ったりしているうちに置いていかれ、時々周囲に自分以外誰もいなくなるというひとときがあり、カメラのシャッターを切る音以外には無音という、なんとも気持ちのよい空間を独り占めする機会もありました(^^) 残念なのは、どこかで Nikon カメラのレンズキャップを落としてしまった事(><)案外車の中に落ちていないかな? と思っていたのですが、帰宅後も見つからず思わぬ痛手でした。
かなりな運動量なので、バックパックには各種スナック類を詰めていたのですが、運動をするとお腹が空かなくなる、という効果もあり、今日のスナックはバナナ一本で十分お腹いっぱいでした(^^) このぐらいの運動(手も足も動かす)を毎日やったら、油断するとすぐにウェスト 90 cm になってしまうお腹周りもスッキリ痩せられそうな気がするのですが...^^;; なかなか継続できないのが敗因です。
今回もミニ保温ジャーにホットドリンクを入れて持って来ましたが、Thermos は買って以来かなり重宝しています(^^) というわけで、なんと 12 年ぶりぐらいにスノコルミでスノーシューハイキングを楽しみましたが、気になる料金は、スノーシューのレンタルが必要なければ、大人用のトレイルパスは $18 で、何かとお金がかかる Winter Sports の中では安上りかつ健康的な冬のスポーツだと思います。手ぶらで行っても、スノ―シューレンタルやクロスカントリースキーのレンタル(シューズ、ポールもレンタルしている模様)もあるので、自分に合うサイズが在庫にあれば身一つで行くオプションもアリです。クロスカントリースキーは、初めての人は、いきなり買い揃えるよりも、まずは一回レンタルで試してみるのはアリだと思います(← 自分も一番最初はレンタルでした)確かレンタル時に運転免許証のような身分証明書が必要だったと記憶しているので、レンタルの際にはクレジットカードをポケットに入れておくだけでなく運転免許証も一緒に持参でカウンターに行く事をおススメします。スノコルミスキー場の情報は、こちらのリンクをご覧ください!