2017年2月26日日曜日

2 月のまとめ:50 歳からの再就職 最終回 Part 5 ~ 採用手続き編

2 月のまとめ:50 歳からの再就職 Part 4 にも書きましたが、有り難いことに近所の会社(コンサルティング会社)に正社員として採用して貰えることになり、喜び&安堵の気持ちを噛みしめた金曜日の午後でした。アメリカ人の旦那からは、アメリカでは給料の交渉は当たり前だから提示された給料には即答で同意してはいけない!、必ずカウンターオファーを出す(さらに高い額を要求する)か、一晩考える事... みたいなアドバイスを貰っていたのですが、前職での給料を考慮した額を提示されたので、自分的には十分過ぎるオファーだと思って面接の直後に、口頭で、提示された額に合意して帰って来ました。旦那も提示された給料の額を聞いて、日本語ができる(バイリンガル)というだけでそんなに貰えるのはズルい=unfair(笑)と言っていて、"すごい" じゃなくて "ズルい" なのか^^? と笑ってしまいました.... が、アメリカ国内で増え続ける外国人労働者達へのアメリカ人の本音というのは、そういうものなのかもしれないと思いました。外国人が職を得る=アメリカ人の職が一つ奪われる、という事で、そんなところへ、アメリカ第一主義を掲げたトランプ氏が出て来たので、彼が大統領に当選してしまったんだな~と思いました。

さて、面接の翌日の土曜日の朝、正式な採用通知書や社則などのドキュメントと、犯罪歴などをチェックするバックグラウンドチェックのためのフォームがメールで送られて来ました。採用通知書には 48 時間以内に署名を済ませるように! との注意書きがあり、自分にとっても久々の社会復帰なので、オファーに正式に電子署名をして送り返し、とっとと手続きを終わらせたい! という思いから、速攻で電子署名を済ませ、バックグラウンドチェックに必要な個人情報を送りました。これらの手続きを完了しないと、正式に社員として採用されたとは言えないので、最後まで気を抜かずに、誤った情報を記入していないか? を入念にチェックして必要事項を記入したフォームをオンラインで提出しました。オファーレターに関しては、すぐに「完了」の通知が来て、ほっと一安心(^^) バックグラウンドチェックには日数がかかるかもしれないので、次に連絡が来るのは翌週あたり(オレゴン州で休暇中の頃)だろうと思ってのんびり待つことにしていたら... 夜遅くにリクルーターの人から、「応募いただきありがとうございました。残念ながらこのポジションは他の候補者を採用することになりました」みたいなメールが入っていてエーッ( ゚Д゚)!!! まだ入社もしていないのに、もうクビっすか? とビックリしましたが、オファーレターにも署名してあるから、採用取り消しにはそれ相当の理由がないとダメなんぢゃ? と思ったら、そのメールの直後に「キャーゴメンナサイ~っ! さっきのメールは無視してください! 眠すぎて、今日はもう仕事のメールは送るべきではなかったわ~」というリクルーターからのメールが入っていて、不採用の人に送るメールを誤って自分のメールアドレスに送ってしまった事が判明(^^;; 「No problem!」と返信したら、「もぅ家に帰って寝ることにするわ~(驚かせてごめんなさい~っ!!」とスマイリーマークいっぱいの返信メールが帰って来ました(^^;;

必要な書類も全部オンラインで提出し、Mid-Winter Break(冬休みパート 2)でジャックと二人でオレゴンに行っている間に、バックグラウンドチェックが終わったようで、今度は入社日のスケジュールなどの情報と共に、Work Authorization(=アメリカ国内で合法的に働ける事を証明するための)情報提供のリクエストが来ていました。このプロセスは、オファーレターに同意した後で(雇用主が雇用を確約した後)実際の入社日の前日までに明確にしないといけないとのことで(そうでないと知らずに不法就労者を働かせてしまうかもしれない危険性があるので)、できるだけ早く必要な情報をオンラインで提出するように! というリクエストだったので、オレゴン州のホテルから自分の永住権の番号などをフォームに入力して送信しました。せっかく採用されても合法的に就労できる事を証明できない場合には、最悪採用取り消しになる事もあるので、このプロセスは非常に大事なプロセスでした。企業によっては就労ビザ(査証)のサポートや永住権の取得をサポートしてくれる企業もある(← マイクロソフトがそうでした^^)ので、もし合法的に働ける資格がない場合には、仕事に応募する前に必ずビザサポートの有無を確かめるようにします(ただ、トランプ政権の間はただでさえ遅いビザの発給がさらに遅くなる可能性もあるかもしれません)

採用に必要な事務手続きが終わったら、今度は Welcome メールがやら、会社のメールアカウントができたから、入社日までにログインしてパスワードを変更しておいて下さい、というメールが来ていて、最近は入社前にこういう連絡が来るものなのか~と驚きました。会社のメールアカウントが既にあるので、休暇中に会社のポータル(Office 365)にログインしてみたのですが、UI が(相変わらず)ダサい気はしますが、Office 365 が MS 以外の企業で使われているのを見たのは実は初めてで実に新鮮でした(^^) 会社の上司から送られて来た入社日のスケジュールを見ながら、これから新しい生活が始まるんだな~とヒシヒシと感じました(^^)

ちなみに Start Date(入社日)は Mid-Winter Break(冬休みパート2)が終わった直後の月曜日から、ということで、明日から新入社員です(^^) Part 1 から、Part 5 まで、長々と書きましたが、この再就職シリーズで紹介した情報が誰かの就職・再就職のお役に立てれば幸いです(^^)