2017年2月16日木曜日

健康メモ:引き続き舌のリハビリ中 ~ 発声練習

最初に舌の動きに異常を感じて以来今日で11日が経過しましたが、風邪の諸症状がなくなり、頭痛も完全におさまったおかげか、右側に曲がり気味だった舌が、だいぶ真っ直ぐに出せるようになってきました。退院後ずっと、舌のリハビリで、日本語の発声練習をしていましたが、「あえいうえおあお」に加え、滑舌改善にも効果があるという「パ、タ、カ」や、英語のアルファベットの発音などを日々練習していますが、舌がほんの少し右に寄ってしまうだけでも音がこもってしまうというか、雲った音になってしまうので、今日現在でもまだ軽度のスピーチ障害が残っている状態です。

今後、家族以外の人と話す機会が増える事を想定すると、一日も早く普通に喋れるようになりたい、と焦る気持ちもかなりありますが、毎日鏡の前で舌を出したり、引っ込めたりしながら引き続き舌のリハビリ中です。

先日寝る前に発生練習と舌を小刻みに動かしながら、「ラルラルラルラルラルラル、リルリルリルリルリル、レロレロレロレロレロ、ラララララララララララー、ロルロルロルロルロルロル」と言っていたら、痰が絡んだので「グォーッ、グゥワーッ、ンガッ、ンガッ」と途中で喉を鳴らしたりしながら、舌のリハビリをしていたら、それが旦那的には最高に可笑しかったようで、それ以来自分が舌のリハビリをしているとその物まねをするようになり、内心かなりムカついています。それって身体障害者の障害をからかっているのに近いものがあると思うのですが、根が大人気ない旦那にはその辺の心情はわからない模様...(なんてヤツだ! 全く!!)

今のところ、舌を前に出したり、引っ込めたりする動きはかなり普通にできるようになったのですが、舌を左右に動かそうと思うと、入院前の健康だった頃に比べて少し難しく感じます。麻痺している感じではないのですが、素早く動かせなくなっていて、舌の先で左右の歯の表面を触るという動作に思ったよりも時間がかかる気がして、引き続き表情筋や舌の筋肉のリハビリが必要な感じです。