2017年2月22日水曜日

Mid-Winter Break Day5: 午前中は Columbia River Maritime Museum へ

オレゴン州での休暇 3 日目の水曜日は午前中から Astoria にある Columbia River Maritime Museum へ。今朝のニュースで見た天気予報では雨だか雪が降りそうな話だったのですが、Astoria に着いたらこのお天気\(^o^)/
実はホテルのある Seaside から Astoria に来る途中に、分厚い雲が空を覆っているエリアがあり、そこだけ雪混じりの雨が降っていて驚きました(天気予報は当たっていました)
Columbia River Maritime Museum は訪問者のレビューがかなりよくて、以前から行ってみたいと思っていた博物館でしたが、レビュー通りなかなか興味深い博物館でした。博物館内で(別途料金がかかりますが)"Pirates"(パイレーツ)という 3D アニメを上映していて、これは大人も子供も楽しめる超おススメの映画でした(^^)
ガラス窓の向うに Columbia River が見える展示室には実物大の船が展示されていたり、道路側に面した展示室(こちらも外からよく見えるようにガラス張り)には、Coast Guard (沿岸警備隊)の船が嵐の中で救助活動を行う様子を再現した展示になっていて、ふと映画 The Perfect Storm (2000) を思い出しました。
こちらがその Coast Guard(沿岸警備隊)の船の展示で、道路側からみるとこんな感じになっています。この角度は誇張でも何でもなく、荒波の時にはこんなもんぢゃない傾斜具合なのだと思います← 映画  The Perfect Storm (2000) に出て来る波では、船が垂直になるぐらいの荒波(高波)で漁船は敢え無く転覆後沈没(T_T)という悲しい最期でした。 
博物館内を見て回っていたら、第二次世界大戦関連の展示室があり、戦争モノが好きな旦那が一緒だったらここでどっぷりハマりそうだ... と思ったら、シアトルで毎日仕事の旦那のために写真を撮って、家に帰ったらダディに見せてあげるんだ! と言って、展示品全ての写真を撮っていたジャック。
寄せ書き付きの日の丸の展示エリアでは、戦後生まれで戦争を知らない世代の自分ですら、グッと込み上げて来るものがありました。
祝出征! と戦地に送り出され死亡した日本兵の寄せ書き付きの日の丸を、当時のアメリカ人兵士達は土産品として持ち帰っていたらしいのですが、最近元兵士達が日の丸を故人の家族へ返却する動きがある事をこの展示で知りました。
さて、博物館の中を一通り見て回った後は、博物館の前に停泊している Lightship Columbia の船内見学に行って来ました。博物館の入場料券は Lightship Columbia の乗船券にもなっていて、Columbia の入り口に常駐? のおじさんに入場券を見せて簡単な説明を受けた後は、自分達で自由に見て回るセルフツアー形式になっていました。
"Lightship" は灯台を建てられないような場所で、水上の交通安全を確保するために、船自体が灯台の役割りを担っている船だそうで、おじさんの話では、今現在でも現役の Lightship が 6 週間毎に交代の任務に就いているとの事。船上では釣りをするか本を読むぐらいしか娯楽がないという話でしたが、船酔いさえなければシンプルライフでよいかも?
船内には、キッチン、ダイニングルーム、ベッドルーム、トイレなどがあり、6 週間ぐらい軽く暮らせそうな船内でした。船内の見学が終わった後は博物館側に戻り、お土産屋さんをぐるりと見て回りました。今回初めて訪れた Columbia River Maritime Museum でしたが、予想以上に面白く、興味深い博物館でした(^^)