2017年3月23日木曜日

ひどい手荒れに緑茶とレモン化粧水

昨年の12月にまとまった雪が積もったあたりから最近まで、なんと 3 ヶ月半ぐらい、ジャックのつるつるすべすべだった手(特に右手)が、一時期ひどいしもやけのような状態になっていて、治ったかな? と思うと、野球の練習があり、また傷口が赤くなったり開いたり... と症状が慢性化していました。よく効く薬があったので病院に行かずに様子見状態だったのですが...
よく効く薬(日本から買って来た抗生物質入り軟膏)は即効性があってよいのですが、長期的に子供に使うのは心配だったので、ネットで東洋の民間治療法を色々と調べて、軟膏から緑茶に変えてみたら... これが意外なほどに効果を発揮。野球の練習や試合で雨風にさらされた状態が続くと症状がぶり返すという悪循環を打ち破る事に成功(ほっ)
野球の後は、拳の部分が常にしもやけのような赤紫色で、部分的にあかぎれのように乾燥した皮膚がひび割れて、時々血が滲んだりしていたのが、かなり普通の皮膚の状態に戻ってきました。拳以外の部分も、一時期手荒れが見られたのですが、それもかなりよくなり、お茶の抗菌作用と、手作りレモン化粧水でしもやけ? もどきな症状から回復することができました(^^) ジャック曰く、別に痒いわけでも、痛いわけでもなく、症状が広がっているわけでもなく(同じ場所がひび割れたりするものの、伝染性はなさそう)だったので、皮膚科に連れて行くほどの緊急性もないな~と悠長に構えていたら、気が付いたら春になっていたという感じですが、一番ひどい時にはかなり痛々しく見えた右手がここまで回復したのは本当によかったです(^^)