2017年3月6日月曜日

子供と携帯 & 医療保険のおかげです(^^)

自分がフルタイムで働き出すのに合わせて、いつでもどこでも家族の間で連絡が取れるよう、また緊急時にどこからでも 911 できるように先月末にジャックの(WiFi オンリーでこれまで使っていた)携帯をアクティベートして以来、iPhone は生活に欠かせない必須アイテムになっています。毎日、学校が終わった後に、ちゃんと宿題をしているかどうか? や、リトルリーグの野球の練習の日には、送迎を担当してくれているバイト君(日本人の好青年)と 3 人で連絡を取り合うのに使ったり、と非常に重宝しています。両親が送迎できないような時に iPhone  を持っていたら Uber をタクシー代わりに使えるのかな? と一瞬思いましたが、調べたら Uber の単独乗車可能な乗客の年齢は 18 歳以上とのこと。2 年前の記事ですが、ダメだと知りつつ世間の親達は Uber を子供の送迎に使っている(Parents are using Uber to shuttle their kids home, even though it's not allowed)という事実もある模様(アメリカでは、子供一人ではどこにも行けなかったりするので結構大変なのでした。アメリカでは州によって一人で家で留守番できる年齢も違っていて、イリノイ州では 14 歳から、カンザス州では短時間ならば 6 歳以上の子供、10 歳以上はさらに長い時間一人でも大丈夫だという判断になっていました。年齢が高めに設定されている州は、誘拐などの犯罪が多い傾向にあり、逆に誘拐事件が何十年もないような州や地域は低い年齢からでも一人で留守番できる傾向にある模様)

さて、先日、ジャックの親友 M 君家族が、自分達が確定申告で不在にしていた時に、うちの玄関先にジャックへの誕生日プレゼントを置いて行ってくれて、そのお礼の電話を M 君のお母さんにかけたのがきっかけで、M 君と携帯の番号を交換できたジャック。生まれて初めて、仲良しの友達と自分の携帯で話したり、FaceTime(ビデオチャット)をしたり、テキストメッセージを送ったりして、とても喜んでいました。基本的に男の子のは "野郎" なので、「おやすみ~」とか「おはよう~」と一言か二言に動物の絵やら、なぜか爆弾の絵がついていたりして、男の子の会話ってなんかこうスカスカしている感じがかわいいな~と思いました(笑)ちなみに、ジャックは自分にはいっぱい動物の絵やらハートマークを送って来てくれるのですが、先日旦那の携帯を見たら、旦那にはやっぱり、"野郎" モードな味気ないメッセージだけで、旦那が「Only Mommy gets cute animals!」(マミーばっかり、カワイイ動物を受け取っている!)とブツクサ言っていました(笑)

話は変わって、2 月に ER に行ったり、入院して各種(高そうな)検査をしたりして、医療費の支払い(自己負担分)の明細&請求メールが来ていたのですが、旦那が加入している医療保険様サマだと思った瞬間でした。3 月からは今働いている会社の医療保険に加入しましたが、2 月はまだ主婦だったので、旦那の保険を使っていたのですが、保険の適用範囲が結構広く、$2500 以上(ほぼ全額に近い額)が保険から支払われていて、一体いくら請求されるんだろ~? と思っていた自分としては非情にほっとしました(^^) 日頃役に立たないヤツだと思っていた旦那ですが、まっとうな医療保険を持っていたという点は評価に値すると思いました(← 愛情じゃなくて医療保険? そこなの^^? って感じですが... パートナー(結婚相手)に求める大事な要素です^^)この先加齢であちこちガタが来て病院のお世話になることも増えると思うと、医療費の心配をあまりせずに ER に駆け込んだり、通院できるのはありがたいことだな~と思いました(^^)