2017年5月4日木曜日

健康メモ: 蜂に刺されました(T_T) & 雄蜂って( ゚Д゚)

木曜日の午前中に起きた出来事ですが... 会社で仕事中にジャックの小学校から電話がかかってきて、留守電に入ったメッセージを聞いたら、ジャックが休み時間に蜂に刺された! というお知らせでびっくり。学校に折り返し電話をしてジャックを迎えに行くべきかどうか? (病院に連れて行く必要があるかどうか?) を聞いたら、ジャックは蜂に対するアレルギーがないので、30 分ぐらい保健室で休んだ後は元気に教室に戻って行ったので大丈夫、との事で安心しました。ジャックは小さい頃に飛んでいた蜂を追い回して刺された経験もあるので、また蜂を追い回していたのかも? と思ったのですが、ジャック曰く追い回したりしていなかったのに、蜂が突然やって来て刺して行ったとのことでした。

首の後ろ側を刺されていましたが、刺された場所がかなり膨らんでいて(しかも固い)、痛そう! と思ったのですが、特に痛くもなく、強いて言えば痒いらしいです。ジャックも自分も虫に刺されやすい体質なので、これからの季節、半袖にショートパンツで出歩きたい日も増えて来ますが、肌の露出が少ない服を着るか、常にパーカー(フード付き薄手のジャケット)を持ち歩く方が安全そうです。

大雨で中止になってしまいましたが、本人は夕方の野球の試合にも普通に出かけられるぐらい元気だったので、その後も特に病院に連れて行くこともなく消毒用の薬を塗って様子見状態です。(参考: イラスト図解!蜂に刺されたときの応急手当とNG対処例)

あとは、蜂はメスしか刺さない理由というのを初めて知ったのですが(今まで全然知りませんでしたが、これって一般常識なんですかね^^?)、蜂の針はメス(雌)が持つ産卵管が変化したものなので、産卵管を持たない雄には針がない! ということなのだそうです。うーん、そうだったのか~という思いと、え? じゃあオス(雄)の仕事って何なんだ? と思ってネットで検索したら、面白くてとても興味深い蜂に関するブログを発見。えーっ! そうなんだ~!? 雄蜂~っ!! というわけで、興味のある方は ”ほぼ養蜂家”が教える驚くべきミツバチの生態。思わず心が痛くなるオス蜂の性(さが)” をご覧ください。ちなみに、そのブログを主宰している、"おうち菜園" さんの倉業ストーリーもなかなかよいストーリーで、おススメです(^^)