2017年6月30日金曜日

夏休み 5 日目 ~ 今週のサマーキャンプ無事終了! & Rube Goldberg Machine

金曜日は夜にシアトルシンフォニーのコンサート&映画の予定があったので、帰宅ラッシュが始まる前にダウンタウンシアトル側に移動しようと思い、仕事を 2 時で上がってシアトルに向かったのですが、独立記念日が近いこともあり、2 時の段階で既にラッシュが始まっていて、渋滞するフリーウェイに自分の読みの甘さを感じましたが、とりあえず 1 時間近くかかったものの、Museum of Flight に 3 時前に到着。
今年は旦那がジャックのサマーキャンプの送り迎えをしていますが、今日はどちらにしろシアトルに行かねばなので、キャンプが終わる前に Museum of Flight まで行って、ジャックと一緒に金曜日の恒例行事の Camper Appreciation に参加することに... 去年の夏休みには毎日のように通った航空博物館でしたが、今年の夏はこの日が初めての訪問でした。
今週一週間のテーマは、Rube Goldberg Machine (ルーブ・ゴールドバーグマシン) 。昨年このキャンプに参加した時は、Rube Goldberg Machine とは何ぞや? というところで既に知識不足でしたが、今年はジャックも Rube Goldberg Machine の事を熟知し、その面白さがわかった上だったので、キャンプでもスタッフの指示に従って毎日色々作って動作確認をしていた模様。こちらは週頭のキャンプで作ったビー玉の迷路。ジャックの迷路は猫の絵が付いたパチンコみたいな迷路でしたが、単純な事を複雑な手段を用いて達成する、という点では、こういうのも Rube Goldberg Machine 的と言えるのかも、と思いました(^^)
毎日キャンプで作った物を持って帰って来るのですが、今日はロケットに滑走路に何やらクラスのテーマには関係ないものも作って持って帰って来たジャックでした。ジャック達の学年は、キャンプのクラスルームが Museum of Flight に隣接する航空高校のビル内にあり、金曜日のクラスの後は、Camper Appreciation の会場でもある Museum of Flight 本館へとまずは移動。
今年は去年よりも気の合う友達がクラスにたくさんいるようで、Camper Appreciation の会場でも、親の隣ではなく、男の子達は子供達だけで集まって席に座って指相撲をして遊んだりしていましたが、なんかこのぐらいの年齢っていいよな~と思いました(指相撲でこんなに盛り上がれるあどけなさがいいな~と^^)
途中から旦那も仕事を抜けて駆け付けて来て、ジャック達がステージに上がっている姿を一緒に見ましたが、このキャンプに参加している子供の親の大半はボーイング社の社員なのだろうな、と思いました。ジャックと一緒に並んで座っていた子達は、話し方からして賢そうで(所謂クソガキではない子達で)、選り好みが激しい自分の目から見ても、キミたちは合格~っ!(=お友達としてはかなりいい線行っている)と思える子達で、今は通っている小学校も、これから行く中学校も違うかもしれないけれど、このキャンプで会った子供達とはジャックのこの先の人生(高校や大学)で一緒になったりする子達かもしれない、と思いました。何かの映画にでもありそうな感じですが、大事な友にもう既に出会っているのかもしれない? と思うと、傍から見ている自分の方がワクワクしてしまいます。自分自身が、今の職場の同僚と、出会う前から出会っていた!?という経験をしたせいだからかもしれませんが、とても運命を感じた出来事だったので、その同僚は職場でもとても親近感を覚える一人です。そんなこんなで、サマーキャンプ第一週目を無事終了でした(^^)