2017年6月26日月曜日

サマーキャンプ初日、ナントカ無事終了(ほっ)

雪の日(snow day)の振り替えで今年は終業式の日が例年より遅くなってしまったおかげで、夏休みに入る前にサマーキャンプが始まってしまい、今日はジャックは学校を休んでサマーキャンプの初日に参加することに。小学校はもう授業というよりもクラスでパーティーとか、お遊びモードなので、休んでもまぁ大丈夫かな? と。サマーキャンプは初日に登録の確認などもあるので、そちらを優先にした月曜日でした。
今年は自分も仕事に出かけているので、シアトル側にオフィスがある旦那が朝からジャックを Museum of Flight(航空博物館)まで送り届ける事に... 毎日 9 時過ぎまで寝ている旦那なだけに、ちゃんと遅れずに送って行けるのか心配でしたが、無事に到着したと Text メッセージが来たのでほっと一安心... していたら、帰りの pick up の際にやらかしてくれた旦那(ー―;
夕方家で夕飯の支度をしていたら「ジャックが見当たらないんだけど、もしかして家にもう連れて帰った? 博物館も閉まっているし、中に入れないし、冷や汗出てきたよ」と携帯に電話をかけてきた旦那。「何で自分に(電話を)かけてくるわけ? ジャックの携帯にかけてどこにいるか聞けばいいのに!」と文句を言いながら、同時にジャックの携帯に電話をかけ、「ダディが探しているから、ダディに電話して」と言って後は二人に任せたのですが... 朝出かける前に、ランチボックス、おやつ、飲み物、日焼け止め、鉛筆と消しゴム、と共に携帯電話もちゃんと入れておき、今日の予定も旦那とジャックの間で十分に確認済みかと思っていたら、甘かった... ジャックもジャックで、6時にダディが迎えに来るまではキャンプの後の居残り組プログラムで過ごすはずが、4時で終了のグループにくっついて行ってしまい、暫く来るはずのない旦那の到着を待っていたのだとか(まったくもぅ!)携帯電話がなかったら、自分もかなり冷や汗をかいていたと思うので、本当に、持っててよかった! 携帯電話! と思いました。ちなみにジャックの話では、初日に何人か友達もでき、サマーキャンプで作った工作もかなり上出来で今年のサマーキャンプは割と出だし好調な雰囲気でした。多分去年に比べると学年も上がって理解力が増していることや、事前にカリキュラムの内容もわかっていて、何をすればよいのかわかった上で参加していることで楽に感じるようになったのだろうと思っています。昨年のキャンプ同様に貴重な夏休みの体験ができますよう(^^)