2017年7月22日土曜日

夏休み 27 日目 ~ この夏一番のアドベンチャー!! スノコルミ川で川下り

 土曜日は朝 9 時に Snoqualmie River (スノコルミ川) の畔に集合で、ジャックが所属する Cub Scouts と、近隣の Cub Scouts だか Boy Scouts との合同イベントで川下りでした(^^) このスポットは自分達がよく釣りに行くスポットで、昨年ちょうど釣りをしていたら、川を流れて来る人やらペットやらで、釣りどころではない状態になった思い出の場所です(^^) その時に、白鳥の浮き輪に乗った若者達を見て、家族共々、楽しそう~!! と思ったものでした。
そんなわけで Cub Scout のスカウトマスターから、「川下り、やるよ~」のお知らせが来た時には、これはもぅ白鳥を入手せねば! と思ったものでしたが、庶民の味方、何でも売っていて何でも安い Walmart には Mega Duck と Mega Toucan しかなかったので、それを買ってこの日を楽しみにしていました(^^) 9 時集合で、それぞれ浮き輪やボートや Duck に空気を入れ、準備ができたら、ビーチでまずは安全確認と講習。
昨年ここで大学生達の川下りの様子を見ていなかったら、自分達もカヤックを持って来たと思うのですが、巨大ダックとオオハシを見て、子供達はおおはしゃぎで、親や別なグループのスカウトリーダーの人からも、ナ~イス(^o^)、やら Cool!! と人気でした。安全講習では、もし浮き輪やボートが破れた場合は、岸まで持って行こうとしたりせず、すぐに近くにいる安全なボートやカヤックに移ること! との事でした。
このイベントを企画したリーダーが、川下りの後で上流まで車を取りに行く際に言っていたのですが、Cub Scouts では白波のある川下りはダメ(Boy Scouts なら OK)という規定があって、実は反対されていたのですが、ここは穏やかな川で白波なんてないから Cub Scouts の子達も参加できるはずだ、とかけあってくれたおかげで実現したイベントだったとの事。みなさんのおかげでイベントも安全に無事終了して、本当にありがたく思いました。
スノコルミ川は流れが緩くて、携帯のカメラでは収めることができませんでしたが、比較的浅い所を鹿の親子が川を渡っている姿を目撃したり、日頃見る事のない鴨? の水上レースを間近で見たり、子供達にとってもこの夏一番のアドベンチャー&心に残る川下りとなりました。ちなみに、週末でよく晴れた日の午後には、この川を何百人もの人達が浮き輪で流れているのですが、自分達は朝一で川下りを始めたので、鹿にも遭遇できてラッキーでした(^^)
ところで、こんな楽しいイベントなのに、うちの旦那は数日後に皮膚がんの定期健診を控えていて(日焼けすると正確な検査ができなくなるらしく)家で留守番という、なんとも惜しい状態に!! こういうアドベンチャーはまさに父と息子のイベントにピッタリだというのに、またしても母子家庭状態。自分も子の手のアドベンチャーは大好きなのでよいのですが、Cub Scout や Boy Scout 系は ”おか~さんといっしょ” ぢゃなくて父と子がしっくりくるんだけどな~
このブログを見て、スノコルミ川で水遊び、または川下りをして遊んでみようかな? と思う方用への情報ですが、週末はかなり大勢の人達が浮き輪で川下りを楽しんでいます。一番下に紹介がてら写真を付けてありますが、浮き輪のレンタルと送迎(川下の駐車場に駐車して、上流まで送迎してもらって、そこから川を下って駐車場近くの河原まで戻って来る模様)サービスもあるので、浮き輪持参じゃなくても楽しめます。
小学生の高学年ぐらいで、泳げる子だったら、ライフジャケットを付けていて、大人が近くで監視できる状態での川下りだったら全然問題ないぐらいの緩い川の流れです。所によっては非常に浅く、子供の膝ぐらいの水深しかない場所もあります(ゴムボート系はそこで結構底を擦るので注意) 水温は暑い日だったら気持ちよく感じる冷たさですが、気温が低めの日に泳ぐのはおススメではありません。
逆に暑い日の場合には、川下りでほぼ日陰のない川の上を流れて行く(時々川岸にボートを寄せて休憩もしていましたが)ので、暑い時には川に飛び込んでクールダウンするのも気持ちよいです。今回のイベントでは、川下り中に流れがほぼ止まっているような場所で泳ぐのを許可するかどうかは保護者の判断に委ねられていましたが、かならず浮き輪やボートが近くにある場所か足が付く場所で泳ぐようにしていました。
ところでレンタルサービスですが、レンタル料一回で、自分達が持参した Duck が一個買えるぐらいの値段だと思うと、自前の浮き輪類を持って来る人達も多いのですが、その人達の多くは若い人達(学生、または社会人) の一行で、Discovery Pass が必要な正規の駐車場ではなく、ビーチ付近に路駐している人達もたくさんいます。駐車場が満杯の場合もありますが、Discovery Pass を購入して、正規の駐車場に止める事をおススメします。車が二台、もしくは二家族以上のグループで行くと、上流に車を一台、Fall City の分岐点近くの駐車場に一台止めておくと便利です。二台車がない場合ですが、浮き輪のレンタルサービス屋さんが、シャトルサービスも提供しているので、それを利用する手もあります。

今回、このイベントを企画したリーダーが、入念にリサーチをしてくれていたおかげで、自分達は Boat Launch から出発して、Fall City の分岐点に出る手前にある、Public Fishing Access 用のエリアに予め車を何台か止めてあり、川下りの一般客達と同じ場所で混雑しないようになっていてよかったです。

川の流れほぼ全体的に緩いのですが、途中 2 ヶ所ほどハイライト的な場所(比較的流れが速い部分)があり、そこは小学生には大冒険的な川下りスポットでした(^^)
興味のある方は、こちらの Youtube ビデオをご覧ください。楽しいはずの川下りが、悲惨な水難事故にならないように、ライフジャケットは大人も子供も必ず着用する事をおすすめします。