2017年7月23日日曜日

夏休み 28 日目 ~ 真夏の一本勝負、アライグマ vs. 猫 (;゚Д゚)

日曜日は午後からじわじわと気温が上がり始め、家の中の気温もかなり上がってこれはもしかしたら外の方が涼しいんぢゃないか? と思って裏庭に出たら、思った通り、既に日陰になっていた裏庭側の方はいい感じな気温だったので、急遽ハンバーガーでも作って元上司の猫も含めて夕涼みをしようと思ったら、いつも餌を貰いに来る近所の猫が裏庭に待機していたので、元上司の猫は家の中でも比較的涼しい一階で夕飯が終わるまで寝ていてもらうことに...
元上司の猫がうちに滞在するようになってから、近所の猫がやたらとうちの窓の外で寝ていたり、なんか目に見えないテリトリー争いでも展開しているのかもしれない? と思うほど、猫大集合な今日この頃... と思ったら、近所の猫の飼い主曰く、彼らの家にさらにもう一匹猫が加わり、その猫と以前からいる猫達の相性がよくないのだとか... 新参者なのにボス面で一番威張っているとのこと。
裏庭でバーガーを食べていたら、何やら垣根越しにガサゴソという音がして、見下ろすとアライグマの姿が! 通常夜遅くに現れるアライグマなのですが、日曜日は明るいうちからの登場に自分達もビックリ。でももっとびっくりしたのは、自分達と一緒にベランダでくつろいでいた近所のオレンジタビ―が、いきなり猛ダッシュでベランダから駆け下りて行くではないですか!
それを見て垣根の中へと逃げて行くアライグマ... 大きさからしてまだ子供のアライグマでした。親と一緒ではなく一匹で行動しているようなので生後 10ヵ月ぐらいなのかも? しれません。
そしてこちらが尻尾をピーンと立てて、ものすごい勢いでアライグマを追いかけているオレンジタビ―。木の下で戦っている音が聞こえたので、この後旦那がオレンジタビ―とアライグマの喧嘩を止めるために慌てて走って行きました。猫の心配をしているのかと思ったら、旦那は子供のアライグマの方を心配していた模様。これまでにもうちに餌を食べにくるアライグマ達のうち何匹かは顔に傷があったのですが、もしかしたらオレンジタビ―の爪で引っ掻かれたものだったのかも? という話を旦那としていましたが、猫とアライグマ、意外にも追いかけ回しているのは猫の方な模様。