2017年7月3日月曜日

夏休み 8 日目 ~ Leavenworth で過ごす、独立記念日の連休 夕方編

月曜日の夜は夕飯の前に車に積んでいたスクーターを引っ張り出して家族三人で散策に出かけたら、Highway 2 沿いの斜面に何やら白い動物がいて、遠くから見ると大きな犬のように見えたのですが、近づいてみたらヤギでした(^^) このヤギ、Enzian Inn のゲスト専用ミニゴルフコースの脇の斜面に住んでいる模様...
ヤギを見ているうちに、他の人達も集まって来て「あっ! ヤギがいる!」とヤギとの遭遇にみんな一様に携帯やらカメラで写真を撮っていました。Leavenworth これまで何度も訪れている場所なのに、ヤギがいることを知らなかったとは、なんとも不覚。今回は定番コースだけでなく、あまり行かない場所へも足を伸ばしてみよう! という旅行です。
Wenatchee River 沿いに建つ新しいホテルを偵察しに行ったら、実はまだ本格的にオープンしているわけではないらしく、週末のみオープンとのこと。以前自分が通っていた Spa のエステシャンの人が、このホテル内にオープンする Spa に転職する予定だと言っていたのを思い出し、もしかしたら彼女 (Diana さん) は一見お城風のこのホテル内で働いているのかも(^^? と思いました。
スクーターで走り回った後、夕飯に出かけた先は、King Ludwig というレストラン。ホテルから歩いて 1 ブロックと至近距離にあり、名物の Schweinshaxe (シュバインスハクセ) を楽しみにして出かけたのですが... Web サイトには、8 時まで営業となっていたのに、既に CLOSED のサインが! (写真は前の日の晩にレストランの前を通りがかった際に撮ったものです)
外はまだ明るく、閉店するには早過ぎる時間なのに、なんとも残念! と思って、入り口のドアから CLOSED のサイン越しに店内を覗いていたら、アルプスの少女ハイジが着ていそうな服を着た年配の店員さんが入り口のドアを開けて「お入りなさい」的なジェスチャーをしながら入れてくれてほっとするやら嬉しいやら(*´▽`*)
dというわけで、お目当ての Schweinshaxe (シュバインスハクセ) はこちらです(^^) 食べ比べの結果から言うと、本場のドイツで食べた  Knuckle Pork や、定番の Andreas Kellerと比べても遜色のない美味しさでした(^^) 調理法の違いによる差なのですが、Ludwig の pork は皮がパリパリではない代りに、身がとってもジューシーで食わず嫌い大王のジャックが美味しいと言っていたぐらいなので合格かと!
皮がパリパリになるぐらい調理してあると、何とも言えない香ばしい香りがするのですが、その分お肉に火が通り過ぎて、焼き過ぎたターキー(七面鳥)のようになってしまうこともあるので、自分は的には Ludwig はリピーター決定のお店でした(サイドのポテトサラダや赤キャベツも美味しかったです^^)夕飯の後は更なるショッピングで、前日の猫 T シャツのお返しに旦那からこんな猫 T を貰いました(^^;;
10 歳になったら、ベアやぬいぐるみ達からは卒業するようになる (というか、自然と離れて行くものだ)と思っていた自分達は甘かった... と思うぐらい、またしてもスーツケースにぬいぐるみ軍団を連れて来たジャック。自分自身がぬいぐるみが好きな大人... なのでこれはもう遺伝なのかもしれませんが、暇つぶしに、ぬいぐるみ数匹を動かしながら、漫才のような会話をすると、ジャックには自分の ”手” の部分は見えているけど見えていない状態=ぬいぐるみ達が面白おかしい会話を展開しているように見えるようで、一通りおばおバカな会話が終わると、「Do it again!」(もう一回やって!) と毎度せがまれる自分です(^^;;