2017年8月29日火曜日

チキンの威力 ~ カニ漁、好調\(^o^)/

(下書きフォルダに5ヶ月間入ったままのブログをやっと公開^^;)
夏の終わりにシアトルから車で20分ほど北上した所にある、海沿いの町、Edmonds へカニ漁に行った時のブログです(^^;;
備忘録兼夏休みの思い出としてアップしておこうと思っているうちに、大量のバックログに埋もれたままになっていましたが、面白いようにカニが獲れた日だったので記念に(今更ですが)アップしておきます。
カニ漁が解禁のシーズンというのは思った以上に短くて、シアトル近郊のシーズンは9月上旬でお終いで、次回は翌年の夏に解禁というスケジュールになっています。別な釣りスポットでカニ漁をしている人達を偶然見かけ、その人達が使っていたバスケットタイプの仕掛けが、とても簡単でカニが面白いように獲れていたので Walmart で同じ仕掛けを買って Edmonds の Fishing Pier (釣用桟橋)でカニ漁に挑戦。
ジャックと2人で骨付きチキンを括り付けた仕掛けをせっせと海に投げ入れていたら、途中でリールのドラグの調整が緩々になっていたようでジャックが戸惑っていたら、横で釣っていた黒人のお兄さん二人組のうちの一人が親切にドラグを調整しに来てくれて、ついでにカニの正しい掴み方などを教えてくれました(^^)
この日はもう面白いぐらいカニがバスケットにかかって、ジャックも自分も小躍りしながら大喜び(^^) カニがこんなにチキン好きだとは知りませんでした!掌よりも小さいサイズのカニは、基本的に海に返すルールになっているので、捕まえては逃がし、の Catch & Release。でもジャックは魚もカニも実際にはそんなに食べない (=まだ魚やカニの美味しさに目覚めていない) ので、釣れさえすればそれでもう大満足なようでした(^^)
カニの方も手慣れたもので、バスケットを桟橋のコンクリートの上で開けると、勝手に横歩きで海に戻って行くという状態。恐らくシーズンの間、毎日のように沢山の釣り人達に釣り上げられては海に戻され... を繰り返しているのだと思います(笑)
ちなみに、Edmonds の釣り桟橋は洗い場も電灯もあってなかなか設備充実な桟橋で、とてもおススメな釣りスポットです。会社の友人が Edmonds に住んでいて、この日もカニが獲れた写真を送ったら、子供達を連れて桟橋まで見に来てくれました(^^)
Edmonds でのカニ漁で、持ち帰ってもよいサイズのカニもいたのですが、ワシントン州の水質汚染マップを見ると、実はシアトル側沿岸やワシントン湖などはどこもかなり汚染がひどい地域になっていて、食用にしてもよいけれど、一週間に一匹までとか、推奨される摂取量がそんなに多くない事もあり、自分もここでは Catch & Release を楽しむ程度で十分かな... と思っています。食用だったら、オリンピック半島側の太平洋沿いの釣り場がおススメで、そちらは水質汚染の問題がないので、州で定めている捕獲量上限まで捕まえて全部食べたいところです(^^) というわけで、大漁で超楽しかったカニ漁でした(^^)