2017年9月11日月曜日

911 から 16 年 ~ 平和が一番

昨年の今日のブログのタイトルと一文字違うだけですが、戦争を知らない世代の自分にとって、一年の中でも、本当に「平和が一番」だと思う日は 911 の、9 月 11日なんだな、と思います。16年前の今日、当時日本のマイクロソフトからの長期出張中だった自分は、ベルビューのアパートで今朝のように 911 のニュースを見ていました。朝寝坊な自分はいつものように寝ていたら、当時同僚だった友人 K からの電話で起こされ、アメリカが攻撃されているから、テレビのニュースを見るように!と言われ、テレビをつけたら、飛行機が World Trade Center に突っ込んで行く様子が流れていました。東海岸側の出来事で、飛行機で 6 時間ほどの距離にある西海岸側からすると、なんだか同じ国で起きている事件だとは思えないような、静かな朝でしたが、当時会社からはアメリカ国内にいる社員は飛行機が狙われると危険なので、慌てて帰国しようとしないように... というようなお知らせを受け取った記憶があります。あれから 16年。16 年後も自分がベルビューに住んでいるとはその時には夢にも思わなかったのですが、16年という歳月を改めて振り返ると共に、この16年間なんだかんだで結構平和な日々を送れたことをありがたく思います。空港のセキュリティシステムが変わったり、それが功を奏しているのか、それとも単に運よくこれまで大規模な攻撃を受ける事がなかったのかは、一般人の自分には知る由もありませんが (諜報活動やら攻撃防止のために疑わしきは逮捕、みたいな事が国内で行われているのかもですが) その後こういった事件が起きなかったという事実から、アメリカの安全対策は評価に値するかな、と思います。

911 というと、World Trade Center でのメモリアルが一番注目を集めていますが、乗客達の犠牲のおかげで首都攻撃を阻止することができた UA Flight 93 の話は何度聞いてもぐっと胸に詰まるものがあります。真のヒーローとは彼らのような人達なのだと、登校前のジャックにも話していましたが、こういうテロ攻撃が二度と起きないことを祈ります。