2017年9月12日火曜日

小学五年生のカリキュラムナイト

今日は夕方 7 時過ぎからジャックのクラスで担任の先生と親達の顔合わせも兼ねたミーティングがあったのですが、そのお知らせメールを全く読んでいなくて、ジャックからの電話で慌てて仕事を切り上げて帰宅。こういう時、職場と自宅と小学校が数分の距離だと助かります(^^;;

ジャックの担任の先生は見た目は若い(多分年齢も若い)ながらも、教師歴 13 年のベテランで、しかも最終学年の 5 年生をずっと受け持って来たということなので、親としても信頼できそうな先生でした。ミーティングの最初に親達が順番に自己紹介し、旦那と自分も二人で自己紹介。その後先生の自己紹介と、5 年生の目標の説明がありましたが、担任の先生の方針としては、ほぼ 10 歳児の子供達を中学校へ無事に送り出せるように準備をするだけでなく、子供は子供らしく過ごすこと (カリカリ勉強するだけじゃなくスポーツをしたり、家族でハイキングや旅行に行く等) が大事だと思っているとの事で、今年はこれまでと少し違うアプローチを試してみたいとも言っていました。同じ学年を受け持つ先生達の中には、今年赴任して来たばかりの先生もいて、ベテラン組と新任の先生との間での教育方針などを煮詰めている段階だと言っていましたが、宿題の量を少なめにする、というのが彼女の方針らしく、親達の中からは、宿題はたくさんある方がよいのでは? というようなコメントもありましたが、たくさん出して欲しければ、個別にそれもアリ的な事を言っていました。

中学生の子供を持つ親達の話では、中学校にはクラス毎に開催するパーティーなどなく、これが子供時代最後の(子供らしい)パーティーを経験できる一年になるから、思い残すことのないように楽しくやりましょう!との事でした。実質残り10 ヶ月弱ですが、勉強だけじゃなくて、友達や家族とも今まで以上に楽しい時間を過ごせたら、と思います(^^)