2017年10月15日日曜日

家に猫がいる生活、ふたたび (´ー`)

猫好きな同僚から、今週末は猫の Adoption 料金が無料になるらしい、という話を聞いていたこともあり、今日は家族で猫を貰いに行って来ました。Halloween の月は黒猫に限り無料みたいなイベントも過去にあったりして、今日の Seattle Humane の檻の中には、世間一般でいまいち人気がないと言われている黒猫たちがたくさんいました。その中には 1 歳未満の子猫もいて、旦那のハートを掴んだのがこの子でした。
自分はこの子の隣の檻にいた、三本足の黒猫(車に轢かれて前足を一本切断する手術を受けた子でした) にものすごく心惹かれるものがあった (← 術後の経過がよくて、三本足でも器用に歩き回り、元気そう) のですが、幸い自分同様にその子に心惹かれた人達がいたので、きっと誰か優しい人に貰われて行ったのではないかと思います(元彼の友人に三本足の猫を飼っているカップルがいたのをふと思い出しました)
ジャックが 12 歳になったら猫を飼う約束でしたが、同僚の熱心なススメもあり(自分が元上司の猫を手なずけて、背中を揉ませていたのを見て、猫を飼うべき! と力説され)旦那と今週末は Seattle Humane へ猫を見に行くことにしていました。ちなみに新しく建て替えられた Seattle Humane のビルは、駐車場がまだ出来上がっていないので、入り口の場所が変わっているので要注意です。
以前よりも大きな建物になり、きれいになった分、ちょっぴり病院みたいで味気ない気もしましたが、たくさんの人達がやって来ては、猫を引き取っていて、貰われて行く猫達がみんないい家庭で長生きできますよう... と心の底から思いました。ちなみに、今週末は無料云々の話は全然無料ではなかったものの、引き取った猫は 30 日間無料トライアル(1ヶ月後も返却も)アリとの事でした... が、返却はまずなさそうです。
今日貰って来た子は、カリフォルニア生まれの生後 8 ヶ月の雌猫です。誕生日は 2月12日で、カリフォルニアで既に避妊手術を受けており、投薬や特別な食餌制限もなく健康状態は至って良好で出だしはいい感じです。既に避妊手術が終わっているということで、実際に Adoption にかかった費用は $40 でした。ちなみに生後 1 年以上だと $25、うちの子よりもさらに小さな仔猫の場合、費用は $100 ぐらいとのことでした。 家に帰ってから猫トイレの場所と餌の場所を教えたら、すぐに猫トイレも使い始め (こういう所は人間の赤ちゃんよりも 100 倍賢いというか楽というか...^^) ブラシをかけてあげると小さな猫とは思えない大きな音で喉をぐる~グル~と鳴らして実にかわいいです。名前は紆余曲折の末、ジャックが選んだ "Amber" に決定。Amber に決まるまで、随分と時間がかかりましたが、とりあえず無事に名前も付けて、家に猫がいる生活、ふたたび開始です(^^)