2017年10月13日金曜日

半年ぶりの再会ディナー@Dough Zone

金曜日は仕事帰りに近所に住む(と言っても、半年はカリフォルニアで越冬? で半年弱しかご近所さんではない)友人が、2 ヶ月ぶりに日本から帰って来たので、最近激太り気味なので誰にも会いたくないんだけどね(^^;; などと言いつつも中華系レストランのDough Zone で夕飯を食べることに... 正直、小籠包とお茶(ウーロンかジャスミン茶)があれば幸せな人なので、色々注文せず、小籠包一筋でまずはスタート。
その昔、中国人の友人男性が、大人になってからも日曜日の朝は父親と飲茶に行き、特に何の会話もないのだけれど、朝というかブランチというかお昼ご飯なのか? 2 時間ぐらいまったり飲茶レストランで過ごすと言っていましたが、今にして思うと、そういうのってなんかゆったりしていてい~な~と(^^)
そんなわけでひたすら小籠包でしたが、友人がこれは絶対食べるべし! と言って注文した一品がこちらの品で、メニューに Must Try! のマークがついているので Dough Zone に行かれる方、是非お試しください(^^) ミニ肉まんみたいなものです。Dough Zone は鼎泰豊のカジュアル版のようなレストランで、人気のチェーン店で今では East side に 3 軒、シアトルのインターナショナルディストリクトに 1 軒出店しています。ピーク時に行くと待たされる事が多いですが、鼎泰豊ほどの待ち時間ではないので許容範囲です。少人数の時は鼎泰豊同様にカウンター席(Bar table)を選ぶと待たずにすぐに着席できる確率が高いです(^^) どちらのお店もよいですが、エビが好きな人は鼎泰豊の方が断然おススメです。ポーク系が好きな人は、Dough Zone の方が安上り & 十分満足できるかと(^^)

ところで、そのミニ肉まんを食べながら、東京で生まれ育ったという友人に、肉まんのタレ? について聞いてみたところ「何もつけない」(← ま、それは基本として) との回答だったので、自分は子供の頃は断然ウスターソース派で、大人になったら酢醤油やらポン酢系に目覚めた話をしていたのですが、ウスターソースに浸して食べる肉まんの味を懐かしく思い出しました(^^) 急に寒くなってきたこの季節、コンビニの肉まんが懐かしいです...