2017年12月30日土曜日

映画レビュー:STAR WARS (2017) ~ ダサカワかハリウッドの悪意か(^^?

(ネタバレ注意)
STAR WARS の話題の新作、THE LAST GEDI を遅まきながら観て来ました。旦那とジャックは公開直後の平日に(二人とも冬休み中だったので)観に行っているので、これが二回目。公開初日や直後に観に行った同僚達から聞いていた映画の感想通り、笑いの要素も盛り込んだよい仕上がりの映画でした...が、レビューなどをまったく見ずに、また同僚達も誰もアジア系女優 (ご本人はアメリカ生まれのアメリカ人で、ご両親がベトナム系なのだとか) の話は誰一人していなかったので、正直かなり驚きました。STAR WARS 史上初のアジア系女優起用に驚いたというよりも、ジャージャービンクスを超えるウザいキャラクターを導入したことに驚きと落胆を覚えました。彼女の登場シーンの多さにもびっくりしましたが (ジャージャービンクスも旧作でウザいぐらい出ていましたが) それ以上に、なんなの、これーっ! とガッカリした要因の一つでした。誤解のないように、アジア系、インド系の俳優、女優さんのハリウッド進出は最近では珍しくもなく、また人種の多様化に対応しているという点では実によいと思うのです... が、これははっきり言って STAR WARS 史上最大のキャスティングミスでは!? と思いました。思うに、新しいキャラクターを導入する際に、そのキャラクターがあまりにも魅力的過ぎて、メインキャラクター達が霞んでしまうのを恐れた結果なんじゃないか? と思ったのですが、あのヘアスアタイルといい、ダサ可愛い系? の顔といい、ハリウッドの悪意すら感じるキャラクター設定だと思ってしまいました。映画の冒頭で自分の命を犠牲にしてミッションを達成する中国系な顔のお姉さんは割と普通だと思ったのですが、宮崎駿のトトロに出て来る、"さつきとメイ" ぐらいの違いを実写で実現したような姉妹だと思いました。自分は、トトロに出て来るメイも実はウザい、ウザ過ぎるぞ! メイ‼ と思っていた一人なので、そのあたりからもうこの手の、どこからどうみても可愛くないキャラを健気な妹キャラ的に扱うのが嫌いなのかもしれません。ま、それはおいておくとして、あのヘアスタイルがまた実に気に入らない要因でした。その昔、日本中が 「ヤワラちゃん」(アニメ x 現、谷亮子) ブームだった頃、田村亮子時代の谷亮子がアニメのヤワラちゃんみたいなヘアスタイルで柔道をする姿に、アニメのヤワラちゃんのような可愛さだと祭り上げていた日本中の人達に、「キミらの視力は全員 0.2 以下だなッ!!」と言いたかった、あの時の怒りが沸々と甦ってくるような気分でした... が、今回は、さらに、あのヘアスタイルは、千年に一度と言われた、橋本環奈ちゃんがやってこそスクリーン映えする (または小学生の女の子達にはよく似合う) ヘアスタイルだと思うのですが、ハリウッドのヘアアーティストが中途半端なリサーチの結果、これでバッチリ(^--^)v と決めたようなヘアスタイルで、なんじゃそれーーーっ! と本当に言いたかったです。映画を観終わった後、ジャックと二人で、あのアジア系女優がいかに ugry (可愛くない) かについて語り合い、いくらなんでもあれはないよね~という結論に達したのでした。

それ以外の部分は概ね期待を裏切らない仕上がりだったと思うのですが、最近の SF 映画は次々とカッコいいデザインやらビジュアル効果を駆使したシーンがあるので、そういうのに比べると、"クラシック映画" な感じが漂う映画でした。自分は熱狂的な STAR WARS ファンというわけではないので、この先の続編は、もぅどうでもいい感じなのですが、強いて言えば歴史は繰り返す、で、アナキン・スカイウォーカーと、クイーン・アミダラのように、カイロ・レンとレイが恋愛に発展したエピソードがあるとよいな~と思います(世間では似たような妄想を抱く人達で既にいっぱいな模様) というわけで、遅まきながら STAR WARS を観て来た感想でした(^^)