2017年12月3日日曜日

冬の伝統行事 ~ Leavenworth の X'mas Lighting Festival 2017

Leavenworth (シアトルから車で 2 時間ちょいの所にあるドイツ村) で毎年 12 月の週末に開催しているクリスマスツリーの点灯式を見に、今年も家族 3 人でやって来ました(^^) 十分日帰りできる距離なのですが、Front Street 周辺のホテルに滞在するとイベント時に駐車場争奪戦に巻き込まれずに済むのでここ数年ホテルを予約するようにしています。
今年は既に 12 月の週末に色々と予定が入っていることもあり、イベント開催第 1 週目でもある、第 1 日曜日に行く事に... 昨年は第 2 週目の週末に行ったのですが、その時は峠も途中の山道にも雪が積もっていて、雪景色の中でのクリスマスライトの点灯式でした。日曜日の午後4時半からのイベントにだんだんと Front Street に集まって来る観光客達...
地元の子供達による合唱やら、町長さん? イベント実行委員会の会長さん? らしき人の挨拶やらで、ジワジワと盛り上がりを見せてきました。毎年点灯式の間際まで、買い物をしていたり、ホテルにいたり...で、今回は珍しくイベントの最初から参加でした。
イベント開始を告げるアルペンホーン担当の可愛らしいおばさんが、ジャックに手招きして「アルペンホーン持ってみる?」と声をかけてくれたので、お言葉に甘えてアルペンホーンを持たせて貰ったジャック(^^)
センターステージで子供達のパフォーマンスを見守るイベントキャラクター達(中に入っているのはきっと地元の高校生あたりかと^^;)スノーマン、ルドルフ、くるみ割り人形、エルフなどなど、クリスマスシーズンらしくていい感じでした(^^)この一枚は今回の旅行の写真の中でもお気に入りの一枚です。
例年通り、みんなで声を張り上げながらカウントダウンの後、大きなツリーにクリスマスライトが灯り、続いて Front Street 沿いの建物のクリスマスライトも灯るのですが、毎度のことながら、一軒ぐらい同じタイミングでライトが点かなかったりするのがご愛敬というか(^^;;
そして、毎年思うのですが、周辺の木に飾り付けてあるライトがもぅ最高にいい感じなのに、なぜか、こと一番派手な木のライトの点灯になると、タイミングというか、演出が実に惜しくて「えっ? まだあったの!?」と、予期していない時にパッと点灯し、これ、狙ってやってる演出なのかもですがカウントダウンの時にやれば感動も倍増かと^^?
日曜日はスーパームーン(今年最後にして最大の満月)の日でもあり、この写真ではいまいち伝わりにくいですが、ライトアップされた Front Street の頭上に昇った月はなかなか壮観でした。ライトアップセレモニー(点灯式)が終わった後は、いつものように、お気に入りのレストランで夕飯の予定が、予期せぬ出来事に冷や汗タラり...
ライトアップを見に来る観光客で激混みの週末は、点灯式が始まる前にレストランに予約を入れて、終わったらレストランに行く、というのがおススメなのですが、ジャックがパスタが大好きなので、イタリアンレストランの予約を入れに行ったら、4時の時点で7時過ぎまで予約がいっぱいと言われた旦那。7時で全然OKだと思ったのに、そんなに待てないと思った旦那は別なお店に行ったのですが...
イタリアンレストランからドイツ料理のレストランに予定を変更した事をジャックにちゃんと伝えないまま旦那がレストランの待ち時間のチェックに行ったら、後ろから着いて来ているはずのジャックと人混みの中ではぐれたらしく、その後ジャックは Front Street の端にあるイタリアンレストランへ旦那を探し求めて行ってしまい 30 分ほど子供が行方不明! という状況を初体験。
ジャックが携帯を持って来なかったのは大きな敗因だったと、今後旅行に行く時には携帯は必須だと思いました。ただジャックも 10 歳でかなり賢いので、誘拐されそうになったら大声を出したり、助けを求めるだろう、ということと、イベント中の Front Street は歩行者天国になっているので車で連れ去られる可能性は低いだろうと、それだけは少々安心でした。それでもかなり冷や汗かきました。
観光客がレストランやショッピングに戻り人混みがある程度減った頃、不機嫌な顔付きのジャックがイタリアンレストランの方から歩いて来るのが見えてそれで一件落着しましたが、今回の件は半分ぐらい旦那のコミュニケーション不足と、毎度の事ながら確認を伴わない適当な ”仮定”(ずっと後ろにいると思った...的な)の結果だよな~(一度痛い目に遭わないとわからないのかも...涙)と思いました。
ま、そんな冷や汗タラりなこともありましたが、ジャックが見つかった頃にちょうど予約を入れていたレストランの席の準備もできて、まずはドイツの冬の飲み物でもある Glühwein(ホットワイン)で温まりました(^^) 一昨年のドイツへの家族旅行以来すっかりお気に入りのホットワインですが、ホットカルピスの大人版のようにも思える冬のカクテルです(^^)
いつものようにソーセージサンプラーを注文したのですが、今回お店の人のおススメにしてみたら、いつもよりスパイシーなソーセージの種類が出て来ました。これがこの後の出来事に直接あるいは間接的に関係しているのかは不明ですが、一応後日このブログを振り返ってみた時用の備忘録として... 夕飯にスパイシーフード、と記録を残しておきます。
デザートはこれまた定番の Apple Strudel。お腹も膨れ、ホットワインで体も温まったところでホテルに帰ってまったりでしたが、仕事の締め切りに追われていた旦那はジャックと自分がカードゲームをしている間もずっと仕事をしていました。今自分がやっている仕事の良い所は、休暇中にラップトップを持ち歩いたりメールをチェックする必要がないことで、休暇を休暇として楽しめるという点でもとてもよい仕事です(^^) この後のブログが滞る可能性大なので、少々予告編ですが、実は翌日から血便というか、どこからなのかわからない内出血が始まり、医療保険で提供している電話での医療相談の末、結局後日 ER (救急) に駆け込むことに!いまだかつて見た事がない出血に「え? もしかして、自分末期がんとかで余命幾ばくもないのかも?」と真剣に考えたほど... つづきは公開未定の後編にて!こうご期待(違