2018年1月30日火曜日

11歳の誕生日 ~ 会社が近くで大助かりだったバースデー当日(^^)

火曜日はジャックの11歳の誕生日。去年の誕生日同様、ジャックが学校に行っている間に子供部屋の飾り付けをするべくランチの後一瞬会社を抜けて家に帰り、速攻で子供部屋を飾り付けでしたが、家と会社が近いとかなり便利&正直かなり助かりました(^^) ジャックにしてみると、登校時にはいつも通りの部屋が帰宅時に変わっているというサプライズが非常に嬉しい模様(^^) というわけで昼休みを使って飾り付けでした。
猫好きなジャックのために、バースデーカードは猫の鳴き声で Happy Birthday の曲が流れるサウンド付きカードで、子供部屋のドアの前には猫のメモ帳で作った飾り付けをしたり(^^) ちなみにこの猫のメモ帳は、ダイソー(100均)ベルビュー店で見つけた際に。あまりにも可愛かったのでまとめ買いしておいたものです。会社でも使っていますが、かなり重宝しています(^^)
部屋の中の飾り付けを終えた後は、ジャックの部屋のドアを閉めて再び会社へ... 11歳とは言えまだまだ子供なので、部屋の前に猫集合な飾り付けにとってもワクワクした模様(^^)

部屋の中は昨年同様カラフルなバルーンドッグ(犬のバルーンアート)をベッドの梯子部分に飾っておきました。今回、長年気になっていた疑問=バルーンドッグをヘリウムで膨らませたら宙に浮くのか?どうかを確かめるために、ヘリウムを入れてみたのですが、全然浮かばないという事実にビックリ。
買い置きの風船とヘリウムタンクがあったので、それを使って風船を膨らまし子供部屋の天井の飾りにしました(^^) ヘリウム風船は時々ホームセキュリティシステムのモーションセンサーに引っ掛かるので、ジャックの部屋から出ないよう、きっちりドアを閉めて会社に戻りました。    
ところで、自分は大人になってもいまだに風船が大好きで、中でもヘリウム風船は子供の頃からの憧れもあり、ヘリウムタンクは一家に一個の必需品的存在になっています。ちなみにヘリウムタンクはパーティーグッズのお店や Walmart で $20 前後で売られていて、意外と安く手に入ります。
ジャックが下校する前に会社に戻り、仕事をしていたら、携帯に電話が入り、部屋の飾り付けがとっても気に入ったと、興奮気味に嬉しそうな声で言うジャックに、自分も嬉しい気持ちになりました(*´▽`*) 電話を切る前に「I love you, mommy!」と何度も言ってくれて、そういうちょっとしたことにもジャック LOVE だよな~と思う母でした(^^)
最近市販のケーキミックスで作るカラフルなケーキにハマっているのですが、材料費が半端ない安さで、しかも簡単な手順(基本的に混ぜるだけ)でできる上、カラフルなので、子供心を鷲掴み状態です。今年の誕生日には市販のケーキではなくてケーキミックスのケーキを焼いて欲しいというジャックのリクエストに応えてバニラ味のケーキミックスで作ったのがこちらのケーキ。
ジャックからの注文で、ケーキの真ん中の層にチョコレートのフロスティングを入れて欲しいとのことだったので、真ん中に薄くチョコフロスティングを塗っておいたら、これが殊の外ヒットでした(^^) 旦那が仕事から帰って来た後、ジャックのお気に入りの近所のレストランで夕飯を済ませ、家に帰ってケーキにロウソクを立ててお祝いをしました。11歳になっても相変わらず家ではベアと一緒にテレビを見ていたり、幼さが残るジャックですが、マミーやダディと一緒が一番楽しい時期も小学生のうちぐらいだろうな~と、残り4ヶ月半ぐらいになってしまった小学校生活を存分に楽しんで欲しいな~と思いました。自分が子供の頃には子供時代というものを客観的に見る事などできませんでしたが、親になってみると、本当に子供が子供でいられる時期というのはこんなに短いんだ~!? と驚かされます。ところで、今年のバースデープレゼントは、旦那からは、VR のヘッドセット付きドローン、自分はジャックの泣き落とし作戦に負けて、Nerf Gun のセット(大きな箱に入ったセット)、ハワイの伯母さんからはハワイのスペシャルエディションのモノポリーや、お義母さんからは現金のプレゼントでした。既にクリスマスに沢山プレゼントを貰っているので、誕生日はケーキだけでよいぐらいなんぢゃ(^^? と思っていましたが、またしても玩具が増えたジャックでした。というわけで、向う一年ジャックが怪我をしたり、病に倒れるようなことなく元気で暮らせますよう!

2018年1月27日土曜日

屋内スカイダイビング iFLY Seattle 初体験(^^)

2011 年の秋にオープンして以来早7年。オープン当時はこんなの流行るんだろ~か? とフリーウェイから横目で眺める程度だった屋内スカイダイビング(Indoor Skydiving)場ですが、意外といまだに人気なようで、閉店に追い込まれることなく営業中&週末なので子供の誕生パーティーなども開催されていて賑わっていました(^^)
オープン当時(初期の頃)は、Costco で割引券を大量に売っていたので、いつでも買えるだろうと思っていたら、口コミやらで人気が出たせいなのか、チケットの安売りがなくなってしまい残念! そんな事もあり、昨年のクリスマスシーズンに Costco でまた割引券を大量に販売していたので、家族みんなで楽しめるクリスマスプレゼントとしてすかさず購入。$50 のギフトカード 3 枚入りで、確か $90 ぐらいでかなりお得なギフトカードでした(^^)
フライトの予約はオンラインで簡単にでき、チェックアウト時にギフトカードの番号を入れてギフトカードでの支払い処理も簡単に終了。フライト中の写真やらビデオの購入オプションと、+$10 の "High fly option" も出て来ますが、High fly option はフライト時に必ず高く飛びたいかどうかを聞いてくれるので、予約時に買わなくても全然 OK です(レビューでも皆さん書いていますが、High fly は絶対経験する価値アリです^^)
4時半の回に予約していたのですが、予約の時間よりも早く来る必要はありません、という注意書きはかなり当たっていて、週末だったこともあり、実際に自分達のフライトの順番が来たのは 40分 ~ 50分後ぐらい? でした。予約の時間に行って、チェックインを済ませ、他の人達のフライトを見学した後、ようやくフライト前の説明&短いビデオを見て、ジャンプスーツを貰って着る... という流れでした。
フライトは 1 回 1分のフライトx2回で、正規の料金だと、1秒1ドル強ぐらいが相場な模様。スパで受けるマッサージが1分1ドルぐらいが平均料金なので、それに比べるとかなり高いイメージがありますが、割引きチケットを使えれば妥当なお値段でユニークな体験を楽しめます(^^) 参加者のほとんどが飛んでよかったよ~とレビューに書いているだけのモノはあると思います。

誰でも気軽に手ぶらで楽しめる、ということですが、体重 260lbs=パウンド (=約 117kg) 以上の人はもしかしたら重量制限に引っ掛かるのかもしれません。予約時にも体重が 260 パウンド以上かどうか答える欄がありますが、チェックイン時にも体重計でその日の体重の計測をやるようになっていました。うちの旦那は 200lbs 以上ですが 260lbs よりは軽いので大丈夫だろうと思っていましたが、旦那や旦那と同じぐらいの体格のおじさん達が飛ぶ時には風速 20%増しぐらいなんぢゃ(^^? というぐらい、グゥオオオオオーっという強風になっていました。しかも High Fly の時には担当のインストラクターではなく別なインストラクター(多分さらに経験豊富な熟練インストラクター) の人が助っ人に呼ばれていました。その助っ人インストラクターは、デモフライトでも華麗な動きを披露していたお兄さんなのですが、空飛ぶマグロみたいな大きな体格の人達だけを先に High Fly で飛ばしてあげている姿もなかなか素敵でした(^^) これも一種の "デブ専" なのかもしれない(^^? とふと思いました(笑) 全員のフライトが終わると担当インストラクターのデモがあり、それが終わると、次の予約グループの人達と入れ替え...という流れになっていました。なんだかんだで出て来た時にはすっかり暗くなっていて、フライトは実質 2 分なのですが、正味 2 時間ぐらいかかった屋内スカイダイビング体験でした。一生に一度か二度ぐらいは誰でも体験してみて損はないアドベンチャー系アクティビティだと思います。予約時に High Fly を事前購入した人以外は、ジャンプスーツを返却した後そのままレジで追加料金を払うようになっていました。フライトの写真やビデオは iFLYMedia Management Center にアクセスして、フライトの場所、日時を入れると表示されます。フライト用のジャンプスーツに着替える前に携帯をロッカーに入れるようになっているので、間近でフライトの写真が撮れないのが残念でした。次回は旦那とジャックが飛んで自分は観客席でカメラマンをやろうと思いました。ちなみに上のフライト中の写真は Media Management Center で買った写真(いまいち変顔で写っていますが^^;;) は一枚4ドル弱と結構高かった... ビデオの方もさらに輪をかけていい商売で、そちらは流石に手を出さずにウォーターマーク入りの状態で見て楽しむだけで購入はしませんでした。ま、そんなわけで随所でチャリン、チャリンと課金の機会アリアリな屋内スカイダイビングですが、一度はやる価値アリで、子供からお年寄りまで、おススメのオールシーズン全天候型アドベンチャーでした(^^) 興味のある方は是非、iFLY の Web サイトをチェックしてみてください。

2018年1月26日金曜日

車の保険料 2018

今年も車の保険の更新の時期が近づいて来て、更新料のお知らせメールがやってきました。過去のブログを読み返すと、年間20万円ぐらいのバカ高い保険料を払い続けていた時期が数年、その後当時テレビでガンガン CM を流していた GEICO に切り替え、年間 8 万円ぐらいの保険料になり、さらに今の保険会社 Progressive には 2011年から加入して、半年で 3 万円、年間 6 万円ぐらいの保険料で落ち着いています。今年の保険料も 3 万円台でほっと一安心(^^) 数年おきに新車に乗り換えているので、新車にすると保険料が少々上がるようですが (安全性が高い機能を備えた車だと若干安くなることも) それでも全然許容範囲で今の保険会社で満足しています(^^) あと 5 年でジャックも免許を取って運転するようになると、ジャックの分の保険料でかなり跳ね上がりそうですが (学生で初心者ドライバーとか高そう~!!) でも、今年も普通の保険料でとりあえず(´ー`)

2018年1月24日水曜日

FFを一度もプレイした事がないのですが...

ディシディア ファイナルファンタジー(DISSIDIA FINAL FANTASY) の発売予告ページにあった「戦わない理由を探すな」というコピーがあまりにカッコよくて、このコピーを考えた人って誰なんだろ~と真剣に思ってしまいました(^^;;

ゲームと言えば、Candy Crush SAGA をかれこれもう 4 年ほど(細々と)プレイし続けているのですが、寝ながらの Candy Crush のせいで視力が落ちても、やっぱり止められない Candy Crush。もしかしたらこの先 10 年とかずっとやり続けてそうな気がしますが、今、レベル 3050? ぐらいまであるのだとか... こんなに長く続けているゲームは、数独パズルゲームと Candy Crush ぐらい(強いて言えば Kingdom Rush Frontiers をまとまった暇つぶしの時にやるぐらい?) です。毎日 Candy Crush をやらないとなんとなく一日が終わらないという日々は一体いつまで続くのか? 数年後? にこのブログを読み返す日が来るかもしれない、ということでとりあえずメモっておきます(^^) 

2018 今年の目標!

1月が終わる前に...
毎年一年の目標を自分なりに立てているのですが、今年の目標は実にシンプルで、これが達成できれば今年は大満足! と思っています。で、その目標とは...

"救急(ER)への駆け込みゼロ"

です。医療保険のおかげで、自己負担分は微々たるものでしが、昨年 ER 訪問(入院含め)に 280 万円ぐらいかかっていて、日頃の健康管理にもっと力を入れねば‼ と真剣に思いました。自分の人生の中で、これまで、入院も手術も、大病も患った事がなかったので、年に2回もERに駆け込むことになったのは、実に異例のことでした。この目標は、具合が悪くても ER には絶対に行かない、というのではなく、ERに行かなくてよいように、日頃の健康管理に力を入れる、というものですが、達成度を計るのに、ERに行ったか行かなかったか、でわかりやすい、というわけで、今年の年末までに、ER に駆け込むことなく過ごせるように頑張ります。ホントに今年はもうそれだけで十分! 他の小さな目標はどーでもいい、という感じです。年をとるとあれも、これも大事だった若い頃に比べると、本当に大事なものは何なのかが見えて来た気がします(^^)  なんといっても健康第一!ですね。

2018年1月23日火曜日

123... Bad ass kitty Enzo (猫)の命日

5年前の2013年、1月23日に亡くなったうちの Bad ass kitty(やんちゃでやりたい放題だった)Enzoを偲んで、今夜は家族で近所のレストランでディナーを食べながら、Enzoの思い出話(心に残ったエピソード)などを一人ずつ語る... という夕べでした。Enzoは旦那が超猫っかわいがりしていた猫で、Enzoが亡くなった後の旦那は極度のペットロス状態に陥り、夜中に起きてベッドの端に座って嗚咽のような声を出しながら泣いていたり... 最近ほとんど見ないのですが、結婚して最初の 5 年ぐらいは、年に1回~2回ぐらい泣いていた(泣かされていたというべき?)旦那。そういえば、最近あんまり泣かなくなった(泣かしてない?と言うべき^^?)気が... 旦那の泣き方が、普通に泣いていると思ったら、笑っているように聞こえる事があり、すごく不気味だと思った記憶がありました(「ちょっとそれ笑ってるの? 泣いてるの? なんなの? それ?」と泣かした方=いぢめっこ的にはかなり不気味でした) ま、その話はおいといて... 旦那のペットロスがあまりにもひどくて、Enzo が亡くなってから丸一年ぐらい、Enzo のビデオを家族で見る事もできず、写真を飾るのもタブーみたいな、そんなこともありましたが、その2年後、Mr.Whitelegs 、Pixel が順番に天国へと旅立って行き、今は亡くなった猫達3匹のいいところをより集めたような Amber が、日々家族の癒し&ホームエンターティメント的(楽しみ)な存在になっています。

さて、Enzo の思い出話ですが、ジャックは、小さかった頃に、のろのろご飯を食べていたら、当然の如くテーブルの上に乗っかってきて、ジャックの食べ物を食べてしまった Enzo の話を一番の思い出として話していました。自分も昨日のことのように覚えていますが、Enzo に食べられる前にご飯さっさと食べなかったジャックが散々怒られ、子供ながらにそれは理不尽だと泣きながら「Enzo 大嫌い~、Enzo のせいでボクが怒られた~」と言っていたジャック。「Enzo は猫なんだから、(テーブルに乘るな! とか、食べ物を盗み食いするな! と)言っても聞かないんだから、とっとと食べなかったジャックが悪い!」と親に言われ、Enzoへの怒りに泣きじゃくっていたジャックでした(笑) 楽しい思い出としては、ジャックが小さかった頃、ベビーベッドの柵を乗り越えてベッドによく忍び込んで寝ていた Enzo が、柵によじ登ってベビーベッドから出て行くのを見て、あぁ、そうやればベビーベッドから出られるんだ~と、幼いジャックは Ezno からベビーベッドからの Jailbreak (脱獄)を学び、一緒にベッドから出られるようになったのがよい思い出らしいです。これも昨日の事のように覚えていますが、ベビーベッドから普通のベッドにしたら夜中に徘徊するんじゃないか? とか、親的には色々心配だったのですが、ジャックは赤ちゃんの頃から熟睡型で(午前2時に授乳とか、まったくなくて楽な赤ちゃんでした)案ずるより産むが易し、だった思い出があります。

自分にとっての Enzo の一番の思い出は、Enzo はとにかく ”食べる” ことが大好きで、何でも食べるのは良いのですが、長年一緒に暮らしていた Pixel の餌を奪ったり、また神経質な Pixel は Enzo が餌場にやってくると非常に落ち着かないらしく、食べた物をすぐに吐き出してしまう猫だったのですが、食道の形になって出て来た(ちょっと湯気が立っていそうな)Pixel が吐いたばかりのキャットフードを Enzo がきれいに食べている姿に、うわーっ、Enzo~っ、それはヤメテ~っ!! と、Enzo と過ごした 7 年間、いつも思っていました。あとは、Enzo は体が小さく、手足も小さいのにものすごく太っていた時期があり、Enzo に踏まれると、北斗の拳に出て来る経絡秘孔を突かれたぐらいの痛みを覚えたのを今でも覚えています(朝方ベッドの上を歩いて来る Enzo に踏まれたりした日には、ドグッ、みたいな^^;;)ま、でもそれにヒントを得て、猫による指圧マッサージが誕生したわけなので、単に痛いだけではなく、踏まれるポイントさえ間違えなければ、結構健康にはよいのかもしれません(^^)

旦那は、Enzo をシェルターから貰って来た日の話をしていました。それは自分が旦那と出会う10年ぐらい前の話で、推定年齢、生後 8 ヶ月(ちょうと Amber を引き取った頃と同じぐらいの時期) で、Pixel と同時に引き取ることにしたのだけれど、Enzo は去勢手術が終わっていなかったので、一日遅れて旦那の家に引き取られて来たのだとか。Pixel はたった一日だけ、飼い猫一匹状態で、その日はとても幸せそうにしていたそうなのですが、翌日から Bad ass kitty Enzo がやってきて、その後 Enzo が死ぬまで Enzo のやりたい放題な悪行の数々に悩まされることになったのでした(苦笑) でも Pixel は長生きして、最後の一匹になり家族に見守られながら旅立って行きました。

そんなわけで、Bad ass ぶりを存分に発揮して旅立って行った Enzo でしたが、大人になっても小さいサイズで、顔立ちもかわいらしく、仔猫のような鳴き声をずっとキープしていたこともあり、まさに旦那の寵愛のもと、家族にも愛されて人生をまっとうした Enzo でした。Enzo だけが、突然のお別れだったので、旦那だけでなく自分もペットロスを少々体験しましたが、Enzo との日々は自分の人生の中でも楽しい時期だったな、と思います。人生の中で、家族同様、そんなにたくさんの猫と一緒に暮らすわけでもないので、縁あって家に引き取られて来た子達、一匹、一匹を、大事に育て、人間よりも寿命が短い猫達をきちんと見送ってあげられればよいな、と思います。

2018年1月22日月曜日

定例ミーティング & シャットダウン終了 & おめでたいニュース\(^o^)/

今日は朝から出産予定だった若い同僚が無事に出産したニュースでおめでたい気分で始まった月曜日でした\(^o^)/

おめでたいのかどうかビミョーですが、先週末からシャットダウン中だった米政府、暫定予算が承認されたということで、2月8日までは政府の機能が通常通りに戻るということで、あっけなく終わったプチシャットダウンでしたが、シャットダウンになり(どーなるんだろー、と不安要素を作り出し)、シャットダウンが終わる(解決の兆し → 明るい見通し → 株価が上がる)という一連の流れが、株式市場にもたらすプラス効果が面白いな~と思いました。これを狙ってやっていたらすごいな、という気もしますが、トランプ政権がそこまで狙ってアメリカを動かしているとは全然思えないので、シャットダウンのプラスの副産物なのだと思います。

さて、月曜日はジャックの Cub Scouts の定例ミーティングがある日なのですが、昨年に比べると参加者も倍ぐらいに増えてグループが大きくなったのはよいのですが、もうみんな10歳にもなるのに、5歳児のように振る舞う男の子が数人いるのにはびっくりでした。リーダー(メンバーの子のお父さん)が色々と話をしている間も、持って来た玩具で遊んでいたり、持って来たスナック菓子をおもむろに食べ始め、「まずぃ~ッ」と言いながら突然立ち上がりミーティングルームを横切りゴミ箱にドゴっ! とか口から出したお菓子を投げ入れていたり(;゚Д゚) なんかこう「赤ちゃん返り」みたいな素行にびっくりでした。そうかと思えば、別な男の子は、チップスみたいな? 袋に入ったお菓子をミーティングの間2人で食べ続けていたのですが、本人達はリーダーに見つからないように隠しているつもりなのか? 椅子も足も丸見えテーブルの下でお菓子の袋に手を突っ込んでは食べる... 好き勝手におしゃべりしたり、リーダーの質問には真面目に答えないみたいな... ミーティングの冒頭に子供達が復唱するスカウトの規則は、まじめにやる、とか、礼儀正しくとか、正しい行いをするとか、とても大事&よいことばかりなのですが、言う事と行動がかなり食い違ってるよな~と残念に思いました。リーダーの人も他人の子供なので、きっとあまり注意できずにいるのだろうと思いましたが、それにしてもマナーがいまいちだと思った男の子が数人。ちなみに年下の子達の方がより大人の言う事を聞いてよい子達だったりするので、年齢的なものもあるのかもしれません。子育て関連の情報に、一番扱いにくい年齢が 10歳~13歳というデータもあったので、このぐらいの年齢の子達は、やりたい放題な傾向にあるのかもしれません。ただ非常に驚いたのが、ミーティング中にお菓子を食べたり、落ち着きがない子達がアジア系の子達だったことです。ドラえもんに出て来るジャイアンみたいな子や、ジャイアンの腹心みたいな子や、出木杉君にジャイアンとスネ夫の要素を足したような子やら... 一時的なことだと思うのですが、これが今後ひどくなるようだったら、スカウトリーダーの人は結構苦労するだろうなぁ...と、少々気の毒になってしまいました。ジャックはとりあえずおとなしく座ってミーティングにも真面目に参加していましたが、ときどき、退屈さのオーラが出まくりな姿勢になっていて(隣りにいた子も退屈オーラが全開でしたが^^;)ミーティングルームの端から、”猫背はダメよ~” と目くばせをしていた自分でした。リーダーの方、本当にお疲れ様でした。

2018年1月21日日曜日

暴風雨とブーフーウーは似ている...(^^?

日曜日はかなりの強風と、時間帯によって雨も加わり、暴風雨でしたが、暴風雨とブーフーウー(三匹の子豚の)は似ているな~と思うのは自分だけ(^^? 旦那とジャックも無事カナダから帰国し、ジャックは帰宅するなりその足で (まさに Touch & Go) リトルリーグの Winter Workout へ。出る時にはもの凄い暴風雨(ブーフーウー)状態でしたが、その直後には虹が出ていたり、コロコロと変わるお天気でした。

2018年1月20日土曜日

亭主元気で留守な土曜日 & 米政府のシャットダウン

昨晩から旦那とジャックはカナダに行っていて、猫とお留守番中な土曜日は、開店時間を狙ってまみりんさんと早目のランチへ行って来ました(^^) 前日に、何を食べに行こうかという話をしていた時に、鼎泰豊に行きたいけど、混んでるし~ということで、Dough Zone だったら鼎泰豊ほど混んでいないし、ここのポーク小籠包はおススメなので、午前11時にお店の前で待ち合わせでした。
Dough Zone は、麺類も人気ということで、まみりんさんは麺類も試していました。ところで今日は、朝起きぬけに、乾燥機の中にあった Captain America の T-シャツを掴んでそのまま着て行ったら、ランチの後に行った Fred Meyer で知らないおじさん達 3 人ぐらいから、「Captain America!」と声をかけられ、そ、そんなに目を惹く T-シャツだったのか~(^^;; と。
買い物の後は、マイクロソフトの East Campus (昔はメインキャンパスと呼ばれていたエリア) を囲むように作られたトレイル、約 5 マイル(約 8㎞)を 1 時間ぐらいかけてお散歩でした。 お散歩の後はそのまま自宅その2に寄って、うちのシャア専用(単に赤色ってだけですが) Keurig で淹れたインスタントコーヒーを飲みながら、うちの賃貸事情の説明やら、旦那の愚痴やら、あれこれ(^^;
まみりんさんと別れて家に帰った後は、掃除、洗濯の合間にレモンケーキミックスでケーキを焼いてみました。せっかくレモンがあったのに、自宅その 2 のキッチンにレモンの皮を細く剥くためのゼスター(zester)を置いたままにしていたので、レモンの皮は微塵切りにしてフロスティングの上に乗せましたが、次回はレモンの皮だけでなく、レモンジュースをフロスティングに加えよう! と思いました。
あとはフロスティングに黄色の着色料を加えたら、レモンケーキっぽさがさらに増すと思うので、次回はそれも試してみようと思います。このケーキミックスにはレモンの他に、ピンク色のストロベリーケーキ、チョコレートケーキもあるので、それもいずれ試してみる予定です。
ところで、今日は米政府のシャットダウン(Government Shutdown) のニュースがテレビで流れていましたが、自分がアメリカに住むようになってから、これが二度目のシャットダウン。前回は 2013 年の秋でしたが、シャットダウン中でも、国境や移民局が閉まることはないので (国としての大事な機能は停止しないようになっているので)、カナダにいる旦那やジャックが帰国できないようなことはないはず...ということで、明日には2人とも帰って来る予定です。

2018年1月19日金曜日

爆笑、バイオリン二重奏(≧▽≦)

今週末はカナダのお義母さんちに泊まりに行く予定のジャック。お義母さんに、小学校の音楽の授業で練習しているバイオリンの練習曲を披露するんだ! と張り切って、バイオリンとぬいぐるみ軍団を率いて出かけて行きましたが、出かける前に「Mommy! Let's play together! Get your violin!」=一緒に演奏しよう! と言うのでちょっとだけ一緒に弾いてみたのですが...
メリーさんの羊は「初めてにしてはまぁまぁだね」と 、ジャックが褒めてくれたのですが、ジングルベルは玉砕状態で、自分のあまりの下手さに片膝ガックシなポーズで笑い崩れてしまいました(≧▽≦) 昨年9月に小学校から指定されたバイオリン専門店でレンタルして以来早4ヶ月。最初の2ヶ月ぐらいは音楽の授業では弓を使わないで (Bowing 無しで) 練習していて、へーそんな風に教えるんだ? と思っていましたが...
今では楽譜を見ながら普通に弓も使って弾いていて、単純な曲を誇らし気に弾く姿に、ジャック LOVE! と目がハートになってしまいました(^^) ジャックのクラスメートの子の中には完璧に弾ける子も多いらしいですが、小さい頃から英才教育を受けて大人顔負けの演奏をする子を見るよりも、なんかまぁまぁの出来で、時々間違った音が出たりするのだけれど、「上手だね~」と褒められて「なんか、楽しいね、楽器って(^-^)」と言うジャックの姿の方がカワイイんじゃないかな~と思いました。まさに、音が楽しい、と書いて音楽だよね~と思いました。旦那もジャックの演奏を聞いて、笑いをこらえるが大変そうでしたが、ジャックのこういう姿にメロメロになってしまう親バカな二人でした。ちなみに、自分のバイオリンは調律がややズレていることもあり、ジングルベルは無惨な結果になってしまいましたが、そんな自分に、「練習しておくように!」と言い残してジャックはカナダへ行ってしまいました。きっとカナダのお義母さん達もジャックの笑っちゃうような演奏にメロメロになるに違いない... と思います(笑)

風邪でお休み

会社でもA型インフルエンザで数日休んでいた同僚がいたのですが、昨日、学校から帰って来たジャックが風邪っぽくて、とうとう学校から風邪を貰ってきてしまった模様。ジャック曰く、クラスにものすごく具合が悪そうな子がいるとのことでしたが、きっと親が家で面倒を見てあげられないから、そんな状態でも学校に送り出しているんだろうな~と(よくある事なのですが、結構迷惑) 旦那も風邪気味で、自分はただの季節アレルギーかと思っていたら、風邪? 幸いまだ病気休暇が残っているので、急ぎの仕事がない事を祈りつつ、朝一でお休みのメールを出して今日は家でゆっくり休んでいます。今の会社に入って1年弱。なんだかんだで休暇も病気休暇もほとんど使わずに過ごせたので、入社当時に比べると休暇の貯金があるので気持ち的には結構楽です(^^)

2018年1月18日木曜日

晴れ時々投資家 2018 ~ 今年も初心を忘れず(^^)

晴れ時々投資家シリーズ。昨年はブログの更新自体が滞っていたので大した投稿もできないまま終わってしまいましたが、今年の初めに読んだ干支占いみたいな記事に、実は今年は儲かる年!! みたいな事が書いてあったので俄然張り切っている自分(^^) 今年も初心を忘れずに、"Play safe. Don't be greedy" で、増やしたお金は楽しく使う! を目標にしたいと思います。ちなみに今日は MSFT 株が $90 超えていてニンマリ(*´▽`*) このままどんどん株価が上がってくれることを祈りますが、次の低迷期が来る前に今度こそ売り抜けるぞ~とも思っています。


自分の若い頃にオンライントレードのインフラやサービスが今ぐらい充実していたら、初任給から株式投資をやってたのに~ (実に欲しかったサービスだ)と常々思い、若い人達にもおススメしている株式投資です。言うのは簡単、でも実際にやるのは大変だと思うかもしれませんが、才能も特技も人脈もない、でもインターネットと銀行口座は持っている、という人ならば、誰でもちょっとした利益を上げることができる、実はそんなに難しくない、と、晴れ時々投資家をやりながら思うのです。昔のブログを読み返しながら、あの時に自分のブログを見て TSLA 株を買った人は、これまでに結構な利益を上げる事ができたのではないかな(^^? と、別に Jim Cramer を目指しているわけでは全然ないのですが、このブログがきっかけで、株の面白さを体感できたという人が増えれば嬉しいです(^^) 以前にもこのブログに書いた気がしますが、例えば同じ10万円の利益を得る場合、10万円の元金を20万円にするのは結構難しいのですが、100万円の元金を110万円にするのはそんなに難しくないという事実。選ぶ株によっては、100万も投入しなくても、20万ぐらいの利益を上げることができ、家族旅行の費用などを捻出するのに役立っています。これまで晴れ時々投資家をやって来た中で、いくつかパフォーマンスのよい株を繰り返し短期売買することで利益を上げてきましたが、実際の資金運用はまさに上のビールジョッキのイメージだったりします(^^) 自分的には、元金を常に確保しておく(泡だけ啜ってビールは飲まない^^!) ことが ”負けない株式投資” の基本だと思っています。

さて、2018年最初の取引ですが、実は今年は家族旅行でラスベガス旅行の予定 (ジャックのタレントスカウトイベント)で、某 G 社の本社面接とは違って、ラスベガスまで自腹で行かねばなイベントなので、一週間分の家族旅行の旅費を株の利益分だけで捻出するべく、昨年一株 $240 で買った TSLA 株を、$346 で 20 株売却。(ラスベガス旅行、実に楽しみです^^) 株を買った当時の価格は 4,800ドルでしたが、売る時は6,920 ドル(トレードの手数料が $4.95) で、2,000 ドル (約20万円) の利益。TSLA はなんだかんだ言って短期に利益を上げるにはよい株で、今回の取引例のように、元金 50万で20万の利益を上げられるハイパフォーマンス株として重宝しています。正直 50万が毎回 70万になるのなら、この売買サイクルを何度でも繰り返したいところですが、いつか損をしそうで怖い気がする(笑)や、株価がだんだんと上がっているので、50万で20株買えたのが、今だと14株しか買えないという状況でもあり、別な会社に投資はアリだな、と思っています。それでも TSLAに関しては、ガツンと落ちた時にすかさず買っておく、というのがここ数年有効な手段でした。株価が下がっている時の買い注文の多さからも、同じような手で小銭稼ぎを繰り返す投資家の動向が窺える株だったりします。そんなわけで、今年最初の取引では無事 20万の利益を確定し、家族旅行の旅費の捻出にも成功で、新年早々幸先のよいスタートでした(^^)

ところで、うちの会社が入っているオフィスビルに、犬連れ OK の会社が入っていて、みなさん主に室内犬サイズ(猫よりちょっと大きいぐらい) のかわいい犬達を連れて仕事に来るのですが、その会社の社員達の幸せオーラに、業績いいのかな? 一体何の会社なんだろ? といつものように好奇心からリサーチしたところ、ロンドンに本社を置くデータベース分析会社で、NASDAQ 上場企業でした。そして廊下でよく見かける犬を連れた人達はデータサイエンティスト達な模様。IT系っぽい雰囲気を醸し出した人達を多く見かけたので納得でした。社員がハッピーな会社は業績がよい会社なのだろうと思い、実はこの2ヶ月ほどその会社の株価をチェックしていますが、2ヶ月前に買っておけばよかったと思った会社です。自分が目を付ける会社は結構株価が上がる傾向にあり、今のうちに少々買って実際におこうと密かに思っている株ですが、実際に買ってみてよさそ気だったら晴れ時々投資家コーナーでも銘柄を公開したいと思います(やはり他人に勧める前に自分で試してみないと無責任な気がするので...^^;;) そんなわけで、晴れ時々投資家コーナー隠れ読者のみなさん、犬好きな会社の続報をお楽しみに!

2018年1月17日水曜日

今更ながら、ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロ氏の「Never Let Me Go (2010)」

昨年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏の原作を元にした映画、Never Let Me Go (2010)をやっと Netflix で見ましたが、これは絶対現実にやってそ~だ~(怖っ)と思いました。日本でも TBS でドラマ化して放映していたそうですが、自分が臓器移植を待っている側だったらきっと違った受け止め方をしたのだろうと思うのですが、難病などに見舞われることなく半世紀以上生きて来れた身としては、切ないとか、人権とか、愛とか、そういう部分を差し置いて、ただただ現実にありそうで「怖いなぁ」と思った映画でした。人の体には2つずつある臓器もあり、体の中からそのうち1つがなくなっても死に至るわけではないのだけれど、だんだんと動けなくなり、2回目、3回目と臓器を提供していくうちに、最後を迎える様子が、使える部品だけを取り除き、あとはただのゴミとなってしまう廃車になった車のようで、非常に暗い気分になりました。ちなみに、アメリカの運転免許証には、取得または更新の際に臓器を提供する、しない、の意思表示欄があり、臓器提供に Yes を付けた人の免許証には、Donor の表記がつくようになっています。自分が知る限りでは友人、知人達の多くは臓器提供に対しては ”人道的な選択” として Yes を付けていますが、自分にはその勇気はないなぁ... というのが正直なところで、いまだかつて一度も臓器提供に同意したことはない状態です。唯一臓器提供を前向きに検討することがあるとしたら、それは子供が難病で、親である自分の臓器で助かる見込みがある場合のみ?  かな? と。映画を見た後、日本の臓器移植ネットワークのサイトや、臓器移植法関連の情報を読みましたが、日本で初めて脳死判定後に4つの臓器提供者となった女性は、頭痛で倒れて救急車で運ばれたという経緯を知り、昨年 2 月にひどい頭痛で検査入院になった時の事が頭に浮かび、実に現実味のある話だと思いました。

クローン技術についてもこの映画を観た後に、日本の文部科学省の情報から、背中にヒトの耳がついているネズミの記事やら、いかにもただのガセねたっぽい記事まで色々と読んでみましたが、もしかして、地球上の生物がほぼ同じDNAを共有する理由や、世にも変わった動物が存在する理由は、失われた高度文明の科学者達の手による交雑胚の産物なのかも? 自分達自身が既にクローンのクローンなのかもしれない? などとあれこれ考えてしまいました。映画の感想としては、まぁまぁ...という感じで、おススメ度は低めです。もしかしたら原作の方が興味深いのかもしれません。

2018年1月15日月曜日

気づいたら終わってた MLK Day の 3 連休

タイトルそのまんまですが、Martin Luther King Jr. Day、略して MLK Day の 3 連休、気づいたら終わってました... というか、3 連休だという事自体忘れていて、朝ジャックに「今日は学校がない日~」と言われて「あれ? そうなの? 何の日だっけ?」みたいな(^^;; 振り返ってみれば、連休中にワークショップに行ったり野球のトレーニングがあったりしましたが、なんかちょっと損した気分...
連休中に他にやったこと、と言えば、カラフルなマルチカラーケーキを作ったぐらいなのですが、会社の同僚が手作りのケーキを誕生日に焼いて来てくれて以来、最近うちで流行りのマルチカラーケーキです。同僚の彼女のレインボーケーキはホントに見ているだけでも楽しいケ―キで、それに比べるとまだまだ色が足りない感じですが、それでも自分達には大満足のマルチカラーケーキ(^^)
材料は Walmart で一箱一ドルで買えるケーキミックスと、卵三個(卵白のみ使用)と、水とサラダオイルとFood Color (食用着色料) 4色数滴。作り方も実に簡単で、合成着色料以外の材料をボウルに全部入れて、ハンドミキサーで 2 分混ぜ、混ぜ終わった材料(白色)をカップに入れてそこで着色料を数滴入れて色を付け、ケーキ型に流し込こむ、というのを数回 (別な色で) 繰り返して焼くだけです。
粉をふるうとか、面倒な事は何もなく、ミキサーさえあれば準備にかかる平均所要時間は15分程度と超簡単。日本ほど合成着色料に神経質ではない国、アメリカならではの、ど派手なケーキの出来上がり(^^) オーブン (350F) で焼く時の時間ですが、一箱分焼くのにだいたい 30 分 ~ 40 分ぐらい。ケーキに串を刺した時に湿ったケーキミックスが付かず、サクっと抜き差しできれば出来上がり。 
アメリカのお菓子やケーキは自然界には絶対に存在しないようなど派手な色が付いている事が多いので、あまり気にせずに食べていますが、合成着色料には発がん性があるとか、アレルギー反応を引き起こすとか、体に悪いという話もあるので、あんまり使い過ぎないように... とも思っています。でもお菓子以外の食品や飲料にも結構入っているから、なんだかんだで摂取している着色料。
ジャックの希望で、今回はバニラではなくチョコレートのフロスティングを使用。フロスティングとかアイシング=単なる砂糖の塊ぐらいにしか思っていなかったのですが、このフワフワのケーキの上に薄くフロスティングを塗ると、実は結構イケるという事実。市販のケーキは歯が溶けそうなぐらいフロスティングがたっぷり塗ってあるケーキがあるのですが、薄く均一に塗ったフロスティングがやや乾燥したぐらいの状態で食べると、フワフワの中身とチョコの味 (バニラの時はバニラ味) がちょうどよいアクセントになって実はかなり気に入ってしまいました(^^) ジャックの誕生日は、今年は手作りのケーキになりそうです。

以下、どこにでも売っている便利なケーキミックスとフロスティングです。
Betty Crocker Super Moist Cake Mix
Betty Crocker Frosting

2018年1月14日日曜日

お天気に恵まれた、冬季トレーニング 第2回目(^^)

今日は朝から青空が広がるいいお天気で、トレーニング日和でした(^^) 先週のトレーニングは前半は体育館の中で柔軟運動で、後半は雨の中でのトレーニングだったので、今日は子供達にとっても、コーチにとっても、そして送り迎えにやって来る親達にとってもいい日でした(^^) リトルリーグへの参加も 3 年目になり、コーチの半分ぐらいの身長だった子供達も随分大きくなりました。
昨年はヒットがあまり出なくてスランプだったジャック。バッティングセンターでの練習が一番効果アリだと、去年のチームのコーチが言っていたので、これから春に向けて週一ぐらいでバッティングセンターに連れて行けたらと思っています。

2018年1月13日土曜日

Cub Scouts の Pinewood Derby Workshop 2018

今日は Cub Scouts の毎年恒例行事の Pinewood Derby 用の車を作るワークショップに行って来ました。昨年は自分もキットを貰って、リスのデザインの車で参戦した Pinewood Derby。 今日のワークショップは、四角い Pinewood を好きな形にカットしたり、サンドペーパーで磨いたりする作業を、メンバーのお父さんのツールを借りながらやりました。
今日のワークショップでほぼ 6 割の作業が終了で、残りの作業としては、錘を埋め込んだり、仕上げのペイントと、タイやの調整があります。前輪がちょっぴり浮くようにすると速度が増すとか、後ろ寄りの所に錘の重心が来ると最速だとか、かなりサイエンスな要素満載の Pinewood Derby Car だったりします。今年の車は空気抵抗は少なそうですが、3 連覇なるか...(^^?
ちなみに Cub Scouts は 10 歳までで、今 Webelos II に所属する子達=小学 5 年生の子達は、3 月以降は近隣の Boy Scouts に参加するようになっています。Cub Scouts を通して数々のアクティビティやイベントに参加して来ましたが、今年の Pinewood Derby で Cub Scouts としての大きなイベントは終了なんだな~と思うと感慨深いものがあります(サヨナラ、少年時代~な感じです)

2018年1月12日金曜日

週末がちゃんと週末であることのありがたさ (´ー`)

早くも 2018 年になってから二度目の金曜日ですが、今の会社で働くようになって約10ヶ月強。翌日家から仕事 (Work from home) の予定がない限り、うちの部署ではみんなラップトップをロッカーに入れて帰るのですが、休日だろうが休暇中だろうが、常に仕事用のラップトップ持参な生活を 20 年近く送ってきた自分にとって、この習慣はかなり嬉しいです(^^) あとはタイムゾーンが違う人達と仕事をしなくてよい、というのもかなりよいです(^^) この二つだけで、ライフ・ワークバランスというのはこうも簡単に実現できてしまうものなのか... と、つくづく思いました。すでに子供のリトルリーグの冬季トレーニングが始まり、3月には春のシーズンが始まる予定ですが、今年はグラウンドへの送迎のバイト君を雇わなくても自分で送迎できそうな感じです (昨年はまだ入社した直後だったので、仕事のスケジュールがいまいち掴めていなかったのですが、会社と家とホームグラウンドがそれぞれ数分の距離なので実はかなり便利な状況) 今週末は、子供の Cub Scouts のワークショップやら、野球の練習の予定が入っていますが、仕事のマシンは会社の自分のロッカーの中で眠っているので、子供関係のアクティビティやら、ブログの更新(← バックログが溜まりすぎなので、これに一番専念したいところ(^^;;)で過ごせればと思います。

2018年1月11日木曜日

シアトルローカルスポット: Diagon Alley 最終日近し!

昨年テレビのニュースで紹介していた、シアトルの住宅地にできた Harry Potter の Diagon Alley(ダイアゴン横丁)。地元のお父さんが娘さん二人や、クラウドファンディングで集めた資金で作ったものなのですが、一緒にニュースを見ていた旦那が、インタビューに答える男性を見て「え? 知り合いだよ! 彼!」ということで、It’s a small world! な展開にビックリ。
自分達が結婚した当時 "Trading Spaces" や "Flipping House" といった、家のリフォーム関係の番組が流行っていたのですが、この Diagon Alley を作った人は、その当時旦那の上司だった人達とサイドビジネスで家をリフォームする仕事をしていた人でした。旦那が「ニュース見たよ~」というメッセージを送ったらすぐに返事が返って来て旦那も久々のメールに嬉しそうでした(^^)
この展示は1月19日金曜日が最終日ということだったので、一般公開が終了する前に見に行こう! ということで、木曜日の夜に見に行って来ました。住宅地の一角で、車は路駐な場所なので、週末など、混んでいる時間帯だと車を駐車するのに多少手間取るかもしれませんが、平日の夜は見物客も少な目で家の目の前に車を駐車することができました。
既に次のプロジェクトのスケッチが公開されていて、Diagon Alley はなくなっても、まだまだこの先も夢のある建築プロジェクトが登場しそうです(^^)
昼間の写真がこのプロジェクトのサイトにありますが、自分達は、昼間よりも夕方以降の薄暗い感じの方が魔法使いの横丁っぽくていいな~と思う派です。

Facebook のページはこちら

Diagon Alley Seattle Address:

7514 13th Ave NW
Seattle, WA 98117

2018年1月10日水曜日

ヘッドショット(顔写真)の撮影に行ってみた...の巻

冬休み中の余興(^^? として行ってみた、タレントオーディションのコールバックの後、20ページぐらいあるドキュメントが送られて来て、とりあえず、冬休み中にヘッドショット(顔写真)を一度撮りに行ってみますか... と思っているうちに冬休みは終わってしまい、結局年明け2週目にマイクロソフトで同じ部署にいて、その後プロのカメラマンになった元同僚宅へジャックを連れて写真撮影に行って来ました(^^)
エージェントの人に送る写真は色々と規定があり、服装は無地や単色のもの、Photoshop は絶対不可、女の子の場合はさらに、マスカラ、アイメイク不可(素顔で勝負)な世界で、写真は素敵に撮れているに限るけれども、本人が写真のように見えないといけない(写真映りがやたら良いのは逆効果)等々。そんなわけで、カメラに慣れる練習も兼ねて元同僚宅へ...
グレーの背景を用意しておくと言われたので、赤色のシャツを着せて行きましたが、撮って貰った写真を見て、なんかやっぱり携帯で撮る写真とは違うわ~と思いました。表情はやや硬めな写真もありましたが、え? これって本人よりも 5 歳ぐらい大人に見える~という表情の写真には、ジャックが高校生ぐらになったらこんな青年になっているのかも! と、未来のジャックを見たような不思議な気がしました。今回の撮影は、自分的には練習用で (このまま顔つきが変わらなければ、その写真を使ってもよいと思っていますが) 3 ヶ月後ぐらいにもう一回写真を撮りに行く公算は高いかな、と思っています。というのも、ジャックが生まれてからというもの、3 歳ぐらいの頃に初めてのヘアカット (子供用のかわいいヘアサロン) に連れて行った以外は、過去十年間自分が適当にヘアカットして来たので、いかにホームバリカンセットがいい仕事をしてくれているとはいえ、かなりいい加減なヘアカットなのでこれを機にプロのヘアサロンに連れて行ってちゃんとしたヘアスタイルにしてから写真を撮って貰おう! と思っています。あと、写真撮影の直前にヘアカットに行かないように! と、その20ページにも及ぶ書類に注意事項として書かれていたので、ヘアカットのタイミングも考えないといけないな~とか、あとは、眉毛がつながっていたりしないか (英語では unibrow と呼ぶのです^^;) 少年らしからぬヒゲとか生えてないか (笑... 実は女の子に多い、ヒゲが濃い小学生) など、今回のことでジャックの顔を見る時のチェックポイントがかなり変わりました(笑) ジャック自身も今回の事でより身ぎれいにするようになり、お風呂上りには髪の毛からピーチシャンプーの香りが漂う男の子になり、「ジャック、いい香り~(´▽`*)」と言われると、本人もとっても嬉しい模様。面倒臭がりなお年頃なだけに、身だしなみに気をつけてくれるようになったのは本当にプラス効果でした(^^)

その他のプラス効果としては、映画の見方が変わったことです。子供が出ている映画や、大人でも、話が面白い、面白くないだけじゃなくて、例えば、あんなに興味がないと言って見たがらなかった Harry Potter を見るようになったり、続編を見ながら、Harry Potter の主役の男の子ふたり(ハリーとロン)が成長とともに、いかにダサくて不細工になってしまったか ← これって小さい頃にかわいかった男の子の何割かが辿る運命で、ジャックもこれからどんどん ugly になっていくかもしれないから、今の少年っぽい容姿でいられる間を enjoy するように^^!... やら(きれいになっていく女の子と違って男の子はかなりの確率でダメダメになっていく可能性が高いので^^;;)また、ゴールデングローブ賞やアカデミー賞など史上最多ノミネートと数多くの賞を受賞した、La La Land (2016)のような作品を冬休み中に一緒に見ることができるようになったのも大きな変化でした。子供には絶対つまらないんじゃないか? と思ったのですが、ラストシーンでセバスチャンが、ほんの少し笑顔を見せ、小さな首の動きだけであのラストシーンを表現しきるところが、実に上手くて、台詞をスラスラ言えるだけじゃなくて、これが演技力というものなのよ~と、映画評論家のようにジャックに力説していましたが、カッコいいメカとか、ロボットや戦闘シーンだけに目が行くのではなく、別な視点を持てるようになったのは、とてもよいプラス効果だと思いました。

2018年1月9日火曜日

プリマヴィスタのリフィル受け取り(^^)

冬休みに日本に帰国していたまみりんさんに、昨年12月に1万5千円を渡し「これで買えるだけ買って来てください~」とお願いしていた、花王ソフィーナのプリマヴィスタのリフィルを受け取りで、この日は久々にマイクロソフトのカフェテリアにてまみりんとランチでした。自分が在籍していた頃のトレンドは、ピザの釜とカレーがメニューに加わったぐらいでしたが、最近は屋内菜園がトレンドなのか~と思うほど、ヘルシーな野菜が植えてありました(^^)
あとは最近巷で流行りの Poke Bowl (丼物) もあって、カフェテリアがパワーアップしていました。この日はまみりんさんのオフィスからほんの 3 分ぐらいの所にある自宅その2の冷蔵庫の修理の日で、会社と自宅の途中にまみりんさんのオフィスがあるので、ちょうどよかったです。まみりんさんから受け取ったファンデーションのリフィル一年分 & お土産としてすっかり進化したアトリックス(懐かしのハンドクリーム)をいただきました(^^) 前回会った時に、ハンドクリームの話で盛り上がり(実はここ数年、洗顔後の顔にも塗っているぐらい愛用しているハンドクリームがあるのでした)、そう言えばアトリックスって最近見かけないよね? という話の延長で、お土産に買ってきていただいた模様(^^) まみりん、どうもありがとう~!!

2018年1月7日日曜日

リトルリーグ 2018、冬季トレーニング初日(^^)

リトルリーグの冬季トレーニング(Winter Workout) 初日の日曜日。去年までトレーニングに使っていた屋内練習場は、ライトレール(モノレールもどき)の開発計画のために取り壊されることになってしまったらしく、今年は別な施設(と言ってもうちから至近距離なので便利な場所)でのトレーニングとなりました。ジャックは 9歳~12歳のグループで、ソフトボールチームの女の子達も一緒に名物コーチの元、トレーニングに励んでいました(^^) ちなみに、バスケットボールの試合が隣りで進行中でしたが、野球もいいけどバスケもやっぱりいいな~と(子供の頃自分もミニバスケをやっていたので)思いました。

2018年1月5日金曜日

太っても悔いなし(^^) すき焼き新年会

新年最初の金曜日はうちの会社の元同僚&同僚のみなさんと自宅その2ですきやき新年会でしたが、もぅ~太っても悔いなし! で大変美味しゅうございました(^^) 実は大晦日に練習も兼ねて自宅その1で家族ですき焼き(ちなみに全く同じ材料で、お正月は牛しゃぶでした^^;;)だったのですが、なんというか、日本の食文化を理解していないうちの家族とのすき焼きは鍋を物理的に囲む以外、なんかちょっと違うのです。
そんなわけで、不完全燃焼なすき焼きリベンジも兼ねた会社関係の人達とのすき焼き新年会でしたが、やはりすき焼きは日本人とやるに限る! と思いました(^^) 年明け 2 日から仕事始めでしたが、自分はもう金曜日のすき焼きの事ばかり毎日考えながら仕事をしていたと言っても過言ではないぐらい、金曜日のアフター5を楽しみにしていたので、ホントに、今回のすき焼きで 5㎏ ぐらい太ったとしても悔いなし! な気分です。
5 年以上前にアマゾンで買った Lodge の鉄鍋の蓋じゃない方(深鍋の方)が大活躍で、電気コンロと共にとっても重宝しました。ところで、すき焼きの具は地方によっても入れるものが違うだろうと思い、事前に同僚に聞いてみたら「何でもいいですよ」みたいな返事だったので、自分が好きなものだけを買い込んでいたのですが、すき焼きの豆腐が好きな人が実は結構いるようで、そうか... 豆腐は必須なのか... と再発見。
ちなみに自分は、牛肉、えのき、ねぎ、しらたきがあれば、白菜、豆腐、椎茸などはなくても全然OKだったりします。若い子達は育ち盛りだろうと思ってお肉を各種(普通のすき焼き肉から安い薄切りビーフまで)買い込んでいたのですが、一番安いお肉を投入する前に、全員満腹になり、残りのお肉は翌日の夕飯=すき焼き丼(=溶き卵を使わないバージョン)の一部となって、うちの家族の胃袋へと消えて行きました(^^;; かなり食べ過ぎてしまい、みんなが帰った後急激に眠気が襲って来たのですが、これぞまさに Food Coma だと思いました。満腹による幸福感は最強ですね(^^)